第1回 Webサイトが重いとビジネス鈍化…なら高速化!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/28

世界最高速クラスのWordPressサイトを無料で

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第1回 Webサイトが重いとビジネス鈍化…なら高速化!

私が主催しているBOSS-CON JAPANのメンバーであるプライム・ストラテジーから「WordPress」に関する寄稿を頂きましたのでご紹介します。

WordPressは世界の3割近いWebサイトで動作しているNo1シェアのCMSで、今もそのシェアは増え続けています。そのWordPressの国内トップベンダーがプライム・ストラテジーであり、高いノウハウをオライリー本にまとめたり、大型Webサイトの高速化事例を多く持っている会社として業界で知られています。

※プライム・ストラテジーの大型のWebサイトの高速化事例は以下をご覧下さい。
http://www.prime-strategy.co.jp/works/business/

さて、今回はプライム・ストラテジーの中村けん牛社長からいただいたコラムをご紹介します。

------

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

CMS/第1回 Webサイトが重いとビジネス鈍化…なら高速化!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

CMS」関連の製品

CMS「NOREN」 【のれん】 Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】
CMS CMS CMS
複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。 多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。

CMS」関連の特集


クレームも貴重な情報源とはいえ、対応業務は可能な限り簡素化したいもの。効率化に向けた FAQの仕組み…



お客様の声を積極的に営業活動に活かすには?いろんなツールをどう使 い分けるのか?コンサルに相談する前…



基本機能はおおむね網羅されていても、その設計思想は様々。またカスタマイズや拡張の余地が大幅にある製品…


CMS」関連のセミナー

2018年見るべき数字はコレ!成果を出すサイト価値向上セミナー 【ビジネスサーチテクノロジ/のれん/エクスペリエンス】  

開催日 1月29日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

訪問者を快適に目的達成に導くことは、Webサイトの成果にダイレクトにつながります。PV数が増えれば良いのか?サイト回遊率が高ければ良いのか?Webサイトの運用を…

BtoB企業の戦略的Webサイト活用セミナー 【日立システムズ】  

開催日 2月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

このたび、日立システムズは、実際に戦略的WebサイトにリニューアルされたBtoB企業をお招きして、Webサイトを戦略的に活用するためのセミナーを開催します。従来…

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CMS/ 第1回 Webサイトが重いとビジネス鈍化…なら高速化!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CMS/ 第1回 Webサイトが重いとビジネス鈍化…なら高速化!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008193


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > WEB構築 > CMS > CMSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ