この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

勤怠管理ソフト(パッケージ)

2015/10/20


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、勤怠管理ソフト(パッケージ)のシェア情報をご紹介しよう。

※「勤怠管理/「勤怠管理ソフト」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理/「勤怠管理ソフト」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

勤怠管理の基礎解説・選び方へ

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年度国内勤怠管理ソフト(パッケージ)の市場規模は55億円で、その内イニシャルコストが20億8000万円、ランニングコストが34億2000万円と見込まれている。
 当該製品は、多くの従業員を抱える大規模企業を中心に導入が進んできた。小規模の企業では、タイムカードなど手動で管理する企業が多く導入が進みにくかったが、非正規雇用の増加による雇用形態の変化や、労働基準法順守への対応、在宅勤務など勤務体系の多様化などの理由から、当該製品を導入する企業が増加している。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダは43.6%で、企業規模に応じた製品ラインアップが用意されている。また他社との連携により、就業/給与/人事に加え会計を含めたトータルソリューションを訴求していく。2位は22.7%で、グループ企業向けに実績を拡大している。3位は11.5%で、中堅/中小企業向けに業務ソフトウェアとのクロスセル導入などを獲得している。4位は10.9%である。
 今後、労働基準法などの法制度への対応を目的とし、個別開発システムから柔軟性の高い当該製品への移行や保守サポート契約の更新などの需要喚起が予測されるほか、労働環境の適正化やストレスチェック制度の導入などによって、就業状況の見える化などを目的とした当該製品の導入拡大も予測されている。

勤怠管理ソフト(パッケージ)シェア

勤怠管理ソフト(パッケージ)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

勤怠管理/「勤怠管理ソフト」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理」関連の製品

業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】
特定業種向けシステム ワークフロー 勤怠管理システム
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。

勤怠管理」関連の特集


行列が絶えない人気チーズケーキ店「BAKE」。急成長企業にとって増加する従業員のためにマニュアルは重…



勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っている…



IT担当者375人を対象に「人事管理システムの導入状況」を調査!導入状況・重視ポイント・満足度・導入…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理/ 「勤怠管理ソフト」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理/ 「勤怠管理ソフト」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008189


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ