この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

文書管理ツール

2015/10/06


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、文書管理ツールのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年度の国内文書管理ツールの市場規模は115億円で、そのうちイニシャルコストが81億5000万円、ランニングコストが33億5000万円と見込まれている。
 当該市場では1000名以上の大規模企業を中心に導入が展開されてきたが、ペーパーレス化による業務効率化や、コスト及び管理スペース軽減といった効果が期待され、中堅規模から中小企業においても導入が浸透してきている。2015年からは、“e-文書法”の規制緩和により、領収書/契約書/見積書などの多くの書類を電子化して保存し原本を破棄できるようになったことで、市場拡大や新規ユーザ開拓の大きな機会になるとみられている。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダが17.0%を占めている。2位は14.3%で、大企業の実績が高く公共/金融で導入が進んでいる。同社は自治体の図書館で電子図書としての用途を見いだしている。3位は10.9%、企業規模に合わせた製品すみ分けで導入が進んだ。4位は9.6%で、ECMとBPMを統合したプラットフォームとして提供し実績を伸ばしている。5位は9.1%。6位は5.7%で中規模企業を中心にユーザを獲得してきている。
 今後は、複合機やタブレット端末などのハードウェア製品との連携を高めることで製品価値が向上し、利用機会が増えると考えられており、2019年度までの市場の年平均成長率は5%と高い水準で推移していくと予想されている。

文書管理ツールシェア

文書管理ツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

文書管理/「文書管理ツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 ワークフロー 文書管理
様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

文書管理」関連の特集


 第1回目の本コラムでは、企業や団体に向けての相談・内部通報受付窓口(以下、ヘルプライン)の業務を取…



日々の業務で積み重なっていく書類。その中から必要な書類を探すことに一苦労…。こんな経験ありませんか?…



人材の最適配置には、スキルの体系化とその把握が必須に。人材育成のあるべき姿とともに、スキルを業務に活…


文書管理」関連のセミナー

デスクネッツネオ 他社グループウェアとの比較体験セミナー 【主催:ネオジャパン/共催:ウイズシステム】 注目 

開催日 4月21日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

満足度No.1グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」のポイントを、他社提供のグループウェアと比較をしながらご紹介するセミナーです。1人…

ペーパーレス化による『コスト削減』と『業務効率化』セミナー 【GMOクラウド/JFEシステムズ/新日本コンピュータマネジメント】  

開催日 4月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

電子署名法や、電子帳簿保存法の法的環境整備や改正が進む中、これまでの契約締結業務や会計帳簿と税務関係書類を電子化することで、業務全体の効率化を図る企業が増えてい…

『SDL Studio GroupShare 2017』 紹介ウェビナー 【SDLジャパン】  

開催日 4月20日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

SDL Studio GroupShareとは、SDL Trados Studioで作成したプロジェクトをインターネットで共有する仕組みです。SDL Trado…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ 「文書管理ツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ 「文書管理ツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008187


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ