赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

田中貴金属は色素増感太陽電池用の色素「DX(ダイエックス)」の製造を2015年1月から開始、年初から販売する。特徴は従来の色素が利用できなかった近赤外光を吸収し、電力に変えることができること。電流値が25%増加するため、色素増感太陽電池として最高性能を狙うことができる色素だという。

TANAKAホールディングスは、グループで製造事業を展開する田中貴金属が太陽電池用の色素の製造を2015年1月から開始、販売を2015年年初に始めると発表した。
 田中貴金属が製造するのは色素増感太陽電池用の色素「DX(ダイエックス)」。東京大学先端科学技術研究センターの瀬川浩司教授のグループが開発したものだ。同大学からライセンスを受けて、DXの特許を共同出願し、製造、粉末の形で販売する*1)。
 目に見える可視光以外に、目に見えない近赤外光を発電に利用できることがDXの特徴。取り出すことが可能な電流が増え、変換効率も高くなる。これまで色素増感太陽電池は室内光で有利だとされてきたが、DXを利用すると屋外光に強い太陽電池を開発できる。
 2014年9月時点で公的に認められている色素増感太陽電池の世界記録(変換効率)はシャープの11.9%。「この記録が目標である。ルテニウム錯体色素であるDXを利用すると10.0%以上の変換効率を実現できる。室内光ならば15〜20%を狙うことが可能だ。太陽光の2分の1の強度の光で高性能という太陽電池を作り上げることもできる」(TANAKAホールディングス、図1)。
*1)「現在DX1〜DX3などの分子を用意している。いずれも分子の骨格は同じであり、末端の構造が多少異なる。このうちどれを販売するかは未定である」(TANAKAホールディングス)。

図1 東京大学で試作した色素増感太陽電池モジュール 寸法は10cm角。 [ 出典 ] TANAKAホールディングス
吸収できる光の幅が広い

色素増感太陽電池(図2)は、シリコン太陽電池などとは異なり、色素分子の構造を最適設計することによって、変換効率を高めることができる*2)。今回は色素増感太陽電池で広く使われているルテニウム錯体色素の欠点をうまくカバーした形。欠点とは近赤外光を吸収できないことだ。
 図3に太陽光のスペクトル(青線)と、色素が吸収可能な波長(黄色の網掛け)を示した*3)。従来の色素が吸収できる波長は800nmが限界だった。DXは800nm〜1200nmの近赤外光を吸収できることが分かる(効率的に利用できるのは1000nmまで)。スピン反転励起を利用して長波長側に200nm程度拡張できたことが大きいという*4)。
 その結果、太陽電池が生み出すことのできる光電流値が25%増加し、有機系太陽電池として世界最高の電流値、30mA/cm2を実現できたと主張する。
*2)色素増感太陽電池では電極の他に二酸化チタン(TiO2)と色素、電解液、ヨウ化物イオン(I−、I3−)を利用する。「色素の量は一般に太陽電池の面積1m2当たり、1g弱だ」(同社)。
*3)太陽光にはさまざまな波長の光が、異なる強度で含まれている(スペクトル)。波長が短い近紫外光(波長300nm程度から)の強度は低く、波長380nm〜770nmの可視光が最も強い。2100nmまでの近赤外光の強度は可視光よりは低いものの、発電に利用できる強度を備えている。
*4)分子が光を吸収して励起(エネルギーが高い状態)されると、電子スピンの向きが保たれた励起一重項を生じる。励起の際に電子スピンが反転して励起三重項を直接生じる遷移がスピン反転励起。

図2 色素増感太陽電池の一般的な構造 [ 出典 ] TANAKAホールディングス
図3 太陽スペクトルと色素が吸収可能な波長 [ 出典 ] TANAKAホールディングス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

製造/赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「製造」関連情報をランダムに表示しています。

製造」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】 食品業向け販売・製造管理システム Sky-Mart 【東計電算】 大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】
CAD 特定業種向けシステム ファイル転送
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。 受注・売上・発注・仕入・製造・在庫・債権・債務・売掛・買掛を1システムで統合管理できる、食品業向け販売・製造管理システム。 インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。

製造」関連の特集


秋葉原の「ドスパラ」、裏側のコールセンターではどのようなIT奮闘が繰り広げられている? BTOの現場…



セキュリティ対策や省電力などへの根強いニーズがある同市場で、金額ベースで37.4%のシェアを獲得し、…



映像記録用光ディスクの次世代規格「Ultra HD Blu-ray」がいよいよ登場!2016年に普及…


製造」関連のセミナー

グローバル企業の成長を支える統合ポータル Liferay 【主催:エイジング/共催:日本ライフレイ】 注目 

開催日 6月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

今や多くの企業の活躍の場がグローバルへと拡がっています。この急激に変化するビジネス環境へ対応できるITシステムが求められ、そのためにはITに関する投資も継続して…

VR・ARコンテンツの開発と Windows 10 最新情報セミナー 【Project White】 締切間近 

開催日 5月27日(土)   開催地 福岡県   参加費 無料

2017 年 5 月 27 日 (土) に 株式会社ProjectWhite(TSUKUMO) 主催、日本マイクロソフト株式会社 テックウインド株式会社 2 社…

ポイントを絞って解説するCCPM導入事例セミナー 【ビーイング】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

TOC(制約理論)のプロジェクト向けソリューションであるCCPMは、近年、自動車製造業のマツダの「SKYACTIV TECHNOLOGY」開発や三井造船の設計部…

このページの先頭へ

製造/赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「製造/赤外線でも発電できる、太陽電池の新色素」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008146



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ