この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

UPS(無停電電源装置)

2015/09/08


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、UPS(無停電電源装置)のシェア情報をご紹介しよう。

※「UPS/「UPS(無停電電源装置)」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「UPS/「UPS(無停電電源装置)」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

UPSの基礎解説・選び方へ

 富士キメラ総研の調べによれば、UPS(無停電電源装置)の2015年国内市場規模は225億円と見込まれている。その内データセンター(DC)向け市場が64億8000万円で、28.8%を占める見込である。なお今回の調査では、静止型UPSで電源容量10kVA以上の製品が対象とされ、回転型UPSは対象外となっている。
 2014年の国内市場全体では、製造業での投資が活気づいたことなどからプラス成長となったほか、医療施設や交通インフラ、自治体の防災設備などでの用途でも需要が拡大した。一方、通信キャリア向けやエネルギーインフラ業向け、またユーザ企業のサーバールーム向け需要は減退となった。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダが24.9%、2位が23.6%で3位は11.1%となっている。シェア上位に変化はなく、いずれも500kVAクラスの製品を主体とした大中規模容量帯のベンダである。DC市場でも同3社がトップ3を占め、1位が35.0%、2位は25.5%、3位は22.4%であった。
 DCの新設ラッシュの鎮静化と、既設DCの増床案件が例年に比べて減少したことで2014年のDC向け売上は前年の90%を割っている。2015年は大阪でのDC新設が進むことや、関東地域でもDCの建設が多少復調するため、需要は回復する見通しである。また、2000年前後に新設したDCでの入れ替え需要も活発化することから、中長期的にDC市場の成長は期待できるとみられている。

UPS(無停電電源装置)シェア

UPS(無停電電源装置)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/「UPS(無停電電源装置)」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


クラウド時代に欠かせない基盤として脚光を浴びているデータセンタ。バッテリを持たない“ロータリーUPS…



PCなどあらゆる電子機器から絶えず放出されている電磁波。実はここから情報が盗まれる可能性が!なんと電…



 自社の情報セキュリティの取り組みは万全ですか。株主、消費者、取引先のみならず社会全体から、情報セキ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/ 「UPS(無停電電源装置)」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/ 「UPS(無停電電源装置)」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008140


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ