第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/17

見落としがちなマイナンバーのこと

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

いよいよマイナンバー制度の準備まで、待ったなしとなりました。
マイナンバー制度はすべての企業が対応しなければいけない制度です。当たり前ですが、企業の中でも管轄部門だけが注意すればよいというものでもありません。企業に所属する社員が違反し、マイナンバーを正しく管理できなければ、罰則を受けることになります。皆さんの会社ではいかがでしょうか?

おそらく管轄部門以外では、「マイナンバーについて他人事」ではないでしょうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイナンバー/第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイナンバー」関連情報をランダムに表示しています。

マイナンバー」関連の製品

NEC Information Assessment System 【NEC】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】
サーバー管理 IT資産管理 DLP
ファイルサーバの利用状況や不要データを可視化してトータルコストを削減。不適切なアクセス権や個人情報を検出することで、情報漏えいリスクを低減する。 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。

マイナンバー」関連の特集


前回の寄稿から随分と空いてしまいました。RDBMSに触れる機会が全くなくなりインストールや設定などが…



 各種メディアでも、マイナンバーが取り上げられることが多くなってきました。その論旨は概ね次の3点に絞…



広く普及している無線LANですが、IT専任者が不在の中堅中小企業では管理面のハードルが高い場面も。そ…


マイナンバー」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 10月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 9月28日(木),10月11日(水),10月25日(水),11月15日(水),11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

業務改善システム化セミナー 【キヤノンITソリューションズ/キヤノンビズアテンダ】 締切間近 

開催日 9月25日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

管理部門の業務は、働き方改革活動、マイナンバー管理、ヘルスケア対応など年を追うごとに対応事項が増加しています。その中、外部委託しても業務が減らない、逆に時間と手…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008137


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ