第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/17

見落としがちなマイナンバーのこと

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

いよいよマイナンバー制度の準備まで、待ったなしとなりました。
マイナンバー制度はすべての企業が対応しなければいけない制度です。当たり前ですが、企業の中でも管轄部門だけが注意すればよいというものでもありません。企業に所属する社員が違反し、マイナンバーを正しく管理できなければ、罰則を受けることになります。皆さんの会社ではいかがでしょうか?

おそらく管轄部門以外では、「マイナンバーについて他人事」ではないでしょうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイナンバー/第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイナンバー」関連情報をランダムに表示しています。

マイナンバー」関連の製品

マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 人事統合システム「ADPS」 (人事・給与・就業・申請) 【カシオヒューマンシステムズ】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】
暗号化 人事管理システム ERP
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。

マイナンバー」関連の特集


 特定個人情報ガイドラインと、そこで要請される「安全管理措置」について解説した前回に引き続き、今回は…



 第1回から第4回まで、実際の事例を通じてIT機器処分の課題を考察しました。最終回は、日本と欧米のI…



 マイナンバーの「収集」における本人確認まで話をしてきました。第10回では収集に関する議論の続きとし…


マイナンバー」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 6月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 4月26日(水),5月17日(水),5月31日(水),6月14日(水),6月28日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 5月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008137


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ