第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/17

見落としがちなマイナンバーのこと

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

いよいよマイナンバー制度の準備まで、待ったなしとなりました。
マイナンバー制度はすべての企業が対応しなければいけない制度です。当たり前ですが、企業の中でも管轄部門だけが注意すればよいというものでもありません。企業に所属する社員が違反し、マイナンバーを正しく管理できなければ、罰則を受けることになります。皆さんの会社ではいかがでしょうか?

おそらく管轄部門以外では、「マイナンバーについて他人事」ではないでしょうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイナンバー/第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイナンバー」関連情報をランダムに表示しています。

マイナンバー」関連の製品

特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】
ID管理 暗号化 IT資産管理
今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

マイナンバー」関連の特集


 別記事“5分でおさらい!今さら聞けない「マイナンバー」”では、税理士の菅沼先生がマイナンバーとはど…



 マイナンバーの「利用」と聞くと、何か便利なことでもありそうな気がしてきますが、残念ながらそれは単に…



組織内LANへのマルウェア侵入を想定した実践的サイバー防衛演習「CYDER」。組織内CSIRT担当者…


マイナンバー」関連のセミナー

サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説セミナー 【ISO審査登録機構】  

開催日 2月22日(水),3月29日(水),4月20日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

マイナンバー制度が混乱しつつも始まった2015年末、小規模事業者を除く全ての企業が守るべきものとして一つのガイドラインが発表されました。 それが「サイバーセキュ…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー5 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 3月8日(水),3月22日(水),4月12日(水),4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー5」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008137


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ