第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/17

見落としがちなマイナンバーのこと

自己紹介
吉政創成株式会社 吉政 忠志
主な経歴
吉政創成株式会社の代表取締役 兼 一般社団法人PHP技術者認定機構の理事長 兼 BOSS-CON JAPANの理事長 兼 Rails技術者認定試験運営委員会の委員長。国産ITベンチャー企業の支援に一念…

第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?

いよいよマイナンバー制度の準備まで、待ったなしとなりました。
マイナンバー制度はすべての企業が対応しなければいけない制度です。当たり前ですが、企業の中でも管轄部門だけが注意すればよいというものでもありません。企業に所属する社員が違反し、マイナンバーを正しく管理できなければ、罰則を受けることになります。皆さんの会社ではいかがでしょうか?

おそらく管轄部門以外では、「マイナンバーについて他人事」ではないでしょうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マイナンバー/第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マイナンバー」関連情報をランダムに表示しています。

マイナンバー」関連の製品

メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 VDIとインターネット分離と標的型攻撃対策の関係 【日立製作所】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
メールセキュリティ VDI 暗号化
クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 自治体や金融業界などのセキュリティ対策として、重要情報を扱う業務系とそれ以外を分離する“インターネット分離”が注目を集める。本稿では導入の課題と対策を考える。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

マイナンバー」関連の特集


 マイナンバーは、行政機関が個人番号利用事務を行うために使われます。行政機関が個人番号利用事務を行う…



 これまでの連載では、マイナンバーに対応した機器処分についてお話してまいりましたが、PC等の機器・電…



前編では法律上の制限事項、及び本人確認方法を紹介した。後編では実務対応の流れとその他ポイントについて…


マイナンバー」関連のセミナー

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 10月25日(水),11月15日(水),11月29日(水),12月6日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 10月25日(水),11月15日(水),11月29日(水),12月6日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

事例から学ぶ特権ID管理セミナー:製品選定のポイントと活用事例 【NTTテクノクロス】  

開催日 12月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT統制の取り組みがスタートし、IT全般統制などの法令監査において特権IDの管理に関する監査が、年々厳しさを増しています。また、マイナンバーやPCI DSSなど…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マイナンバー/ 第2回 全社教育は必要?安く現実的な教育は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008137


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ