65kWの太陽電池で余裕を持って50kW出力、弱い光を効率よく電力に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


65kWの太陽電池で余裕を持って50kW出力、弱い光を効率よく電力に

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

ハンファQセルズジャパンは2014年10月、地上に設置する太陽光発電システムに必要な部材をセットにした「マックスパッケージ」の販売を開始した。出力50kW未満の低圧接続向けの製品。パワーコンディショナーの容量よりも、太陽電池モジュールの出力を高めたことが特徴だ。


ハンファQセルズジャパンは2014年10月、地上に設置する太陽光発電システムに必要な部材をセットにした「マックスパッケージ」の販売を開始した。出力50kW未満の低圧接続向けの製品である。
 太陽電池モジュールとパワーコンディショナー、架台、ケーブルなど、太陽光発電システムに必要な全てのハードウェアを含む。顧客の要望に応じて太陽電池モジュールや架台などの数量を組み合わせて納入する形を採った。パッケージ化することで、見積もりや受注から施工までに要する時間が短くなり、コストパフォーマンスのよい発電所を作り上げることができるという。

太陽電池を多めに設置

最大の特徴は、系統へ接続する交流出力を50kW未満に抑えながら、太陽電池モジュールの直流出力を50kWより増やすことで、売電量の最大化を計ったこと。
 極めて日照条件がよい場合には、太陽電池モジュールが発電した電力の一部がパワーコンディショナー内でカットされて無駄になる(図1の右)。しかし、一般的な条件の場合は、ちょうど50kWを搭載したシステムよりも発電量が多くなる(図1の左)。このため、年間を通じた発電量は従来のシステムよりも多くなるという。「出力49.5kWのパワーコンディショナー(の組み合わせ)に対して、最大65kW分の太陽電池モジュールを接続できる」(ハンファQセルズジャパン)。

図 1 大量の太陽電池モジュールを搭載するメリット [ 出典 ] ハンファQセルズジャパン

マックスパッケージで採用した太陽電池モジュールは同社の「HSL72P6-PB-1」(図2)。多結晶シリコン太陽電池モジュールである。72セルを内蔵し、最大出力は305W。PID耐性の高い太陽電池モジュールであるとした(関連記事)。寸法は1956mm×988mm×45mm。

図 2 マックスパッケージで用いる太陽電池モジュールの外観 [ 出典 ] ハンファQセルズジャパン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 【ISAO】 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 【ISAO】 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは 【ディーネット+他】
社内SNS 社内SNS IaaS/PaaS
仕事が“見えない”と組織は後退する――プロジェクト管理の課題とその解決法 生産性を左右する「仕事の進捗」、その実感を得られる仕組みをどう整備する? 検討事項が多いクラウド環境、要件を満たしたサービス選びのポイントは

新着特集


スマートフォンもアプリのダウンロードも必要ないという翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」…



データセンターを中心に立ち上がったSDN/NFV市場が大きな成長を続けている。2022年の市場規模は…



名刺管理ツールを運用する上で、企業が知っておくべき事柄を解説する。前半では個人情報の保護という観点か…


新着セミナー

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所/CTCシステムマネジメント】  

開催日 5月23日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは、所有から利用への流れが加速しており、運用部隊における役割が変化してきています。システム運用の課題は、ミス防止や効率化に加え、統制監理の徹底や、変…

『ITサービスマネジメントセミナー』 【野村総合研究所】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

情報システムの「所有」から、ITサービスの「利用」に移り変わっています。システム運用の役割は情報システムの「維持管理」からITサービスの「提供」に大きく変わる必…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】  

開催日 5月25日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

このページの先頭へ

/65kWの太陽電池で余裕を持って50kW出力、弱い光を効率よく電力に」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/65kWの太陽電池で余裕を持って50kW出力、弱い光を効率よく電力に」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008130



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ