歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)
標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?

2015/12/22

 標的型攻撃で大量の個人情報が漏洩、内部関係者が機密情報を持ち出して売買……近年は大規模で重大な情報漏洩事件が頻発している。またスマートデバイスが増加することで盗難や紛失からの情報漏洩も大きな懸念要素になってきた。様々なネットワーク対策をとる一方で、現場のPCやスマートデバイスで何が起きているのか分からないもどかしさと不安を感じる企業は多いだろう。セキュリティ状況の監視・確認とともに、端末に対する具体的な管理アクションがとれるのは、IT資産管理ツールならではの特長だ。今回は、運用管理の焦点となってきた情報漏洩防止や標的型攻撃対策、更にスマートデバイス管理についての機能を見てみよう。

資産管理

※「資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「標的型攻撃」に対抗するIT資産管理ツールの機能

 日本年金機構から大量の個人情報が漏洩した事件は記憶に新しい。この事件では職員のPCが標的型攻撃メールに仕掛けられた不正サイトURLに誘導され、ウイルスに感染したことが大規模情報漏洩の端緒となった。標的型攻撃対策には様々なツールを使った多層防御が肝心だが、その1つの層として、IT資産管理ツールによる端末側での対策は、以下のように比較的容易に効果的な対応がとれる。

 標的型攻撃はシステムの脆弱性を狙ったウイルス感染をあの手この手で図るのが1つの特徴だ。システムから脆弱性をなくすことが最重要な対策になる。IT資産管理ツールによれば、ハードウェアとソフトウェアリストからセキュリティパッチが適用されていないPCを発見し、強制的にパッチ適用をしたり、スケジュールにのっとったファイルの一斉配布で効率的に適用したりすることが簡単だ。また夜間や休日であってもPCの自動電源ON/OFF機能がある場合には一斉に自動適用(Windows OSの場合はWSUSと連携。他は実行用のプログラムを利用する)することもできる。

1-1脆弱性を狙う攻撃の予防策

図1-1 パッチ未適用PCの特定イメージ
図1-1 パッチ未適用PCの特定イメージ
資料提供:sky

+拡大

図1-2 パッチ(アップデータ)配布イメージ
図1-2 パッチ(アップデータ)配布イメージ
資料提供:sky

+拡大


 なお、セキュリティパッチ適用やバージョンアップの前にはIT部門内での動作確認・検証が必要になるため、外部サイトからのアップデートが可能な場合でも検証し、問題ないことが確認された後でなければユーザ部門での実行に至れない。もしも適用後に問題が発見されたら即座に一斉アンインストールすることも考えなければならない。作業を効率化するにはIT資産管理ツールの機能が不可欠になる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP 【SCSK】
IT資産管理 IT資産管理 ERP
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP

資産管理」関連の特集


従業員の操作ログの取得で、監視だけでなく、生産性向上のために活用したいというニーズが増えているのをご…



IT担当者308人に緊急調査!「導入状況」や「重視ポイント」、「課題や悩み」として多く寄せられた意見…



「EMMレポートってこんな内容なのか!」EMMツールを実際に導入、運用する場合のイメージを事例も交え…


資産管理」関連のセミナー

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 2月19日(月),5月11日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

ITILファンデーション 研修 (3日コース) 【アーク】  

開催日 1月22日(月)〜1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 15万1200円(税込)

<ITIL(アイティル)って?>ITILとは、英国政府が作成したITサービスの全体(戦略・設計・移行・運用・継続的改善)にわたるベストプラクティス集であり、国際…

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】 締切間近 

開催日 8月25日(金),9月29日(金),10月27日(金),11月30日(木),12月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(後編)標的型攻撃、スマデバ管理にどう対応?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30008099


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ