例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

例えばNotesからクラウドへ!
オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!

2015/12/09

 高い運用コストや使い勝手の悪さなどを理由に、現在使用しているグループウェアのリプレイスを検討している企業は多い。中でも歴史の古い大企業向けのグループウェア製品「IBM Notes/Domino」からの移行、即ち“Notesマイグレーション”には、大企業がNotesのヘビーユーザだったからこそ、なかなか抜け出すことのできない数々の課題が存在している。
 今回はオンプレミス製品から、今後の主流と予想されるクラウド型グループウェアへの移行時に検討すべきポイントについて考えてみたい。

グループウェア

※「グループウェア/例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1オンプレミス製品の移行先は、 “クラウド型”のグループウェアが主流に

 古くからグループウェアを導入し活用してきた企業も、製品のリプレイスを考えるタイミングもあるだろう。そこには大きく3つの環境変化が挙げられる。

1-1オンプレミス製品のユーザ企業がリプレイスを検討する3つの動機

■1.現行利用バージョンのライセンス切れ

 文字通り、今使っているオンプレミス製品のライセンスが切れるタイミングで、同一製品の新バージョンにアップグレードするか、あるいは今までの利用環境を廃棄して新たなグループウェアに移行するのかという選択になる。
 移行先のグループウェアが現行製品の代替機能を提供していることは大前提として、ここでの判断基準は、第一に今後のランニングコストが大きなポイントとなる。同時により戦略的なIT活用を考える企業では、IT担当者にビジネス視点からのIT戦略立案といったよりハイエンドな業務に集中してもらうために、既にコモディティ化したグループウェアのお守りは外出しして、極力彼らの負荷を減らすという観点からクラウド型のサービスを選択するケースが多い。

■2.現行製品のサービス終了

 これはソフトウェアのライセンス切れというよりも、ソフトウェアベンダが製品の提供自体を打ち切ってしまうケースだ。最近では国産メーカー系グループウェアのサービス終了が顕著な例として挙げられるが、こうした場合にユーザ企業は否応なくリプレイスを検討する必要に迫られ、“今後自社のグループウェアをどうしていくか”という問題に直面することになる。
 ここで移行先グループウェアの選定基準となるのは、同じく必要な機能が担保されていることに加えて、コスト低減や環境変化への柔軟性などがポイントとなってくるだろう。

■3.基盤となっているハードウェアのリース切れ

 オンプレミス製品がインストールされているサーバのリース切れも、ユーザ企業がグループウェアのリプレイスを検討する1つのきっかけになる。この場合、ハードウェアの刷新に合わせてクラウド型グループウェアを採用するという選択肢もあるが、自社でデータセンターを保有しているような大企業の場合、サーバのリースが切れたからといってクラウド型グループウェアを採用しても、全体的なメリットはそれほど大きくはないかもしれない。
 そこでまずは将来的なデータセンター全体のクラウド化を前提として、リースの切れたグループウェアの基盤を一旦AWSやMicrosoft AzureのようなIaaSに移行するという対応を採る企業もあるようだ。いわば全社クラウドサービス化ファーストステップという形で、まずはハードウェア基盤をパブリッククラウドに移行し、グループウェアはその上でプライベートクラウドとして利用するという形態である。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

「Microsoft 365 Business」がついに登場 “ベスト版”とまでいわれる理由は? 【日本マイクロソフト株式会社】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Create!Webフロー 【インフォテック】
グループウェア グループウェア ワークフロー
「Microsoft 365 Business」がついに登場 “ベスト版”とまでいわれる理由は? 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。

グループウェア」関連の特集


ITを活用した学習を実現するもの…ただ知識を詰め込むだけではなくなっている「eラーニング」を基礎から…



文書管理ツールは4割が導入済み。しかし、課題は山積? 読者の声を聞いた。



 会社が小さいうちは、目の届く範囲に同僚や部下がいて、周りの人達が何をしているのか、何となく把握でき…


グループウェア」関連のセミナー

【札幌】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 1月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

Office 365ハンズオンセミナー【Office365の有効活用/アドオン】 【カコムス】 締切間近 

開催日 12月8日(金),1月26日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、12月〜1月にカコムス大阪本…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 例えばNotesからクラウドへ!オンプレミス型グループウェアからの移行手順を考える!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30008096


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ