ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点

2015/11/11

 ストレスチェックの制度化を機にメンタルヘルス対策に取り組む企業も多いことだろう。前回はストレスチェック対応ソリューションのあらましを紹介し、前々回はストレスチェック制度そのものについて解説した。今回は、ストレスチェック制度の主旨を理解し、関連ソリューションの適用部分も把握した上で、実施に際して起こりうる問題について考えてみよう。

ストレスチェック

※「ストレスチェック/ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレスチェック/ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ストレスチェックの「形骸化」を防ぐ方法は?

 最も気をつけるべきことは、メンタルヘルス対策の推進という本質を忘れ、単に法令による義務をクリアすればよいという法的コンプライアンスに偏った体制を作ってしまうことだ。ストレスチェックは実施したものの職場環境は改善されず、メンタルが悪化し始めた人に有効なケアができないというのでは、コストだけかかる無用の仕事ということになる。いわゆる形骸化だ。ストレスチェック実施をきっかけにして、メンタル悪化リスクの低減につなげてこそ、投資する価値があるといえる。
 では、どうやってストレスチェックの形骸化を防ぐのか。ストレステストの受検や結果判定、面接指導の流れを作るだけでは心もとない。高ストレス者以外のメンタル悪化傾向にある従業員に対するアフターフォローやケア、更に職場環境の改善を一連のプロセスとして構築し、絶えず改善していく活動が重要になるだろう。従業員の理解と協力が得られなければ、せっかくの投資も無駄になる。そのためには従業員が自分自身にメリットがあると納得できるようでなければいけない。

1-1従業員の不安を招かない対策が必要

 まず考えたいのは、自分のプライバシーが侵害されはしないか正直に回答することが自分の不利益にならないかという不安を解消することだ。法令には「従業員の不利益にならない」情報の取り扱いが明記されており、企業で策定する業務プロセスも情報保護を折り込むことになるだろう。また判定結果を人事に反映するようなことのない仕組み作りは当然のことだが、事務実務レベルで思わぬ漏洩が起きないとは限らない。紙の帳票を利用する場合は、中身が見えない封緘をするなどの工夫がされるだろうが、封入作業や移動に人が介在すると、そこに不安が発生する。
  そもそもストレスチェックを実施するのは企業の責任であるが、それを実施するのは産業医などの「実施者」であるところに危うさがある。紙を利用する場合には、移動中に原票の紛失やコピーなどを監視する仕組みや、分析システムへのデータ入力時に情報漏洩および転記ミスなどがないことを確認する仕組みが必要になり、万全を期すとコスト高騰が避けられない。その点、ITシステムを利用し、従業員の端末から回答を入力、暗号化してサーバーに集積して、アクセス制御により認証された実施者だけが原票データを参照して判定作業などを行うようにしておけば、人の介在をなくすことができ、安全・安心につながる。
  更に言えば、社内サーバーに情報を保管している場合、内部関係者がポリシー違反や操作ミスなどで情報を入手したり、システムのウイルス感染により外部に流出する可能性も考えられないことではない。堅牢なセキュリティ設備を持つデータセンターで運用されるSaaSであれば、むしろ社内サーバーへの保管よりも情報保護について安心感が得られよう。
  実施事務従事者が完全に人事権とは無縁のスタッフであることや、情報保護のルールが明文化されていることなど、体制や規定の面も大事だが、特に回答データがどのように取り扱われるのか、従業員が納得いくように社内規定とシステムを整え、周知を図る必要がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレスチェック/ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレスチェック」関連情報をランダムに表示しています。

ストレスチェック」関連の製品

ストレスチェック制度対応、年1回の実施でも無駄を出さない方法 【インフォグリーン】 就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 ADPS人事統合システム Prime Edition Plus 【カシオヒューマンシステムズ】
グループウェア 勤怠管理システム 人事管理システム
無駄が多いストレスチェック義務への対応――意外な解決ツール 勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。

ストレスチェック」関連の特集


 突然ですが、こんな考え方をお持ちではありませんか?



 2015年12月1日から施行される改正労働安全衛生法で、従業員数50人以上の事業所を持つ企業では年…



 2015年12月、心の健康診断とも言えるストレスチェック制度がはじまります。 働く人の健康と安全管…


ストレスチェック」関連のセミナー

多様化する働き方の中で、自社に適した働き方とは? 【スターティア】  

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【こんな方におすすめ!】・少ない従業員で業務を行うため、残業が多くなっている・女性の働き方を考えないといけない・働き方を変えたいが手段がわからない※中小企業のお…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレスチェック/ ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレスチェック/ ストレスチェック運用の落し穴!注意すべき5つの点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008088


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ