制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶ
ストレスチェック対策ソリューション

2015/11/10

 メンタルヘルスケアの充実のためにはもちろん、ストレスチェック制度への対応だけを考えても企業が準備すべきことは数多い。限られたリソースの中で毎年一度ストレスチェックを実施していく負担を考えると、できるだけ人的負荷もコストもかからない仕組みを作りたい。そこで社外のストレスチェック対策ソリューションを利用することも選択肢に入れる必要があるだろう。この領域でITが貢献する範囲はそれほど大きくはないが、少なくとも企業内のストレスチェック実施事務従事者の負担軽減ができ、従業員の受検促進にも役立つことが期待できる。また体制作りからチェック実施、実施後のフォローや職場環境改善までを支援するソリューションもある。
 今回は、ストレスチェック制度への対応で、どのようなソリューションが利用可能なのかを紹介していく。

ストレスチェック

※「ストレスチェック/制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレスチェック/制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1 ストレスチェック対策ソリューションとは?

 ストレスチェックの制度化をきっかけに作られた新しいツールやサービスもあれば、古くから大企業を中心に利用されてきたソリューションが制度準拠を果たすとともに機能やサービスメニューを追加している場合もある。ソリューションメニューを大別すれば次の通りだ。

(1)

メンタルヘルスケア充実を目的としたコンサルティングサービス

(2)

ストレスチェック実施を主眼にしたコンサルティングサービス

(3)

対応体制構築のためのツールおよびサービス

(4)

ストレスチェック実施事務作業支援のためのツールおよびサービス

(5)

ストレス判定と結果の個人通知(レポート作成を含む)ツールおよびサービス

(6)

面接指導のための専門医紹介サービス

(7)

集団分析・組織分析のためのツールおよびサービス

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレスチェック/制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレスチェック」関連情報をランダムに表示しています。

ストレスチェック」関連の特集


2015年度は55億円の市場規模だった勤怠管理ソフト。多くの従業員を抱える大企業を中心に導入が進む中…



 2015年12月1日から施行される改正労働安全衛生法で、従業員数50人以上の事業所を持つ企業では年…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。前回はある企業で社員がメンタル不調となったことをきっかけに、残…


ストレスチェック」関連のセミナー

11/29開催【働き方改革推進】労務リスク低減セミナー 【ホットリンク/パーソルプロセス&テクノロジー】 締切間近 

開催日 11月29日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

日本の労働人口は、2060年には4418万人まで減少することが見込まれています(※)。現在、日本では「働き方改革」による一億総活躍社会の実現に向け、テレワーク(…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレスチェック/ 制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレスチェック/ 制度対応の負荷を軽減!“6つの実施プロセス”で選ぶストレスチェック対策ソリューション」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008087


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ