この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

通話料はどうする?音声系BYODの手法

2015/10/28

 アプリケーション系のBYOD実装について見てきたが、特に個人利用と企業利用を分ける必要のある大きな部分に、音声通話の機能がある。ここについても、個人と企業を分けるための仕組み作りを検討しておく必要がある。最近では各携帯キャリアの“かけ放題定額”などのサービスもあり、その辺りも含めた新たな考え方も登場してきている。BYODを実現する際の音声系の具体的な仕組みについて紹介する。

BYOD

※「BYOD/通話料はどうする?音声系BYODの手法」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BYOD/通話料はどうする?音声系BYODの手法」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1法人と個人を分ける電話サービスの種類

 私物端末を仕事で使う際には、仕事で客先に電話をかけたときの電話代とプライベートで使用する電話代をしっかり分ける仕組み作りが本来欠かせない。実際にはいくつかの方法があるが、特にBYOD環境を整備する際に適した方法をお伝えする。ただし冒頭でも触れた通り、最近は各携帯キャリアから“かけ放題プラン”が登場しており、個人で契約している人は業務利用と個人利用を分ける必要がなくなりつつある。それでも、個人の番号を取引先に知られることなく電話が使える仕組みという観点でも、個人と会社を分ける音声系のサービスについてしっかり理解しておくべきだろう。

1-1一番簡単!発信番号の頭に特定の番号を紐づける電話サービス

 端末側に特別な設定をすることなく、電話をかける前に「0035」など4桁の数字を付加するだけで、ビジネス利用として請求を分けることが可能なサービスだ。ただし、法人と個人の請求をきちんと分けることができるようになるものの、個人が所有するスマートフォンの電話番号が相手側に通知されることになり、相手に個人の番号が知られてしまう。また、仕事先と個人で共通の電話帳を使うことになり、管理しづらい面も。確かにシンプルな方法ではあるが、BYODという観点でみれば最適な方法とは言いがたい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BYOD/通話料はどうする?音声系BYODの手法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BYOD」関連情報をランダムに表示しています。

BYOD」関連の製品

外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出 【パロアルトネットワークス】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由 【Gigamon】
ファイアウォール ネットワーク管理 検疫
外部攻撃と内部不正のリスクを最小化、体系的な防御でAPT攻撃も効率的に検出 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 “現在の脅威”に最適化、次世代セキュリティモデルに移行すべき7つの理由

BYOD」関連の特集


スマートデバイスが増える中、社内の情報資産にアクセスできる環境整備が急務に。今こそ考えたいリモートア…



SaaS形態との併用なども進み、システム連携性が注目ポイントとみられる同市場。シェア26.4%を獲得…



1996年4月にファックスサービスが開始され、同年10月からはインターネットサイトを開設、2016年…


BYOD」関連のセミナー

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】  

開催日 1月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BYOD/ 通話料はどうする?音声系BYODの手法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BYOD/ 通話料はどうする?音声系BYODの手法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008084


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ