ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ビジネススピードも”超”高速化?
フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!

2015/10/21

 フラッシュストレージのあらましを紹介してきたが、今回はビジネス視点からフラッシュストレージの導入意義を考えてみたい。従業員にとって業務システムの「レスポンスが速くなる」ことは単純に喜ばしいことだろう。だがフラッシュストレージはただそれだけを実現するものではない。業務効率を向上させる一方で、従来は避けられなかったシステムコストと運用コスト増大に歯止めをかけ、ダウンタイムを削減し、更に機動力のあるITにより業務及び経営改革にも結びつくものなのだ。戦略的にフラッシュストレージを活用するヒントを、以下に紹介していく。

フラッシュストレージ

※「フラッシュストレージ/ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「フラッシュストレージ/ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1経営課題は何?フラッシュストレージはどう関わるのか

 フラッシュストレージはビジネスにスピードをもたらす……と言うと、IT部門以外の方は鼻白む思いをするかもしれない。身近なフラッシュストレージはモバイルPCに搭載されているSSDだ。HDD機種からSSD機種に乗り換えた時にはその起動やアプリケーション立ち上げの速さに感嘆したかもしれないが、その結果、仕事が何割もはかどったと実感した人はそういないのではないだろうか。フラッシュストレージの良さはわかるが、HDDとの価格差に見合うほど生産性は上がるのか? そう訝るのも無理はない。しかし個人PCとサーバーとでは全く事情が異なる。

■コスト高でもパフォーマンスは段違い

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

フラッシュストレージ/ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フラッシュストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

フラッシュストレージ」関連の特集


300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明ら…



プライベートクラウドの設計・構築・運用のコツはどこなのか?キリングループのプライベートクラウド構築事…



データ通信速度が高速化していく中、HDDではなかなかI/O速度が追いつかない…。そんな弱点を解消する…


フラッシュストレージ」関連のセミナー

NVMe over Fabricsにファイバーチャネルが選ばれる理由 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

フラッシュ・ストレージの導入とともに、ポストSCSIとして注目を浴びているのが「NVMe」です。ここまでSCSIプロトコルが絶対であった理由は、デバイスのアクセ…

フラッシュ時代を見据えたストレージネットワーク講座 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

アプリケーションのパフォーマンス向上やユーザーに対するサービスレベルの向上を目的に、オールフラッシュ・ストレージの導入が増えるなか、残念ながら期待する性能がえら…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フラッシュストレージ/ ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フラッシュストレージ/ ビジネススピードも”超”高速化?フラッシュストレージはビジネスにこう活きる!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008082


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ