オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

オールフラッシュかハイブリッドか?
“フラッシュアレイ”導入のポイント

2015/10/20

 サーバー側へのフラッシュストレージ導入の利点を前回述べたが、エンタープライズ用途では容量・スケーラビリティの不足、可用性への不安、ストレージ共有のしにくさが問題になるはずだ。従来から外付けストレージとして大容量で可用性に優れ、メディア追加で簡単に容量を増やせるディスクアレイ装置を使ってきた企業では、フラッシュメディアによるアレイ装置にリプレイスすることで従来同様の可用性を維持しながら高速処理やリソース削減、消費電力削減、省スペースを実現することができる。オールフラッシュアレイとハイブリッドアレイという選択肢があり、それぞれにベンダや機種による特徴がある。今回は、ネットワークベースで利用されるフラッシュアレイの導入に関わる基礎知識を解説する。

フラッシュストレージ

※「フラッシュストレージ/オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「フラッシュストレージ/オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1オールフラッシュアレイとハイブリッドアレイ

 外付けストレージとして従来からHDDを多数搭載するディスクアレイ装置が使われてきた。容量が必要になったらHDDを追加すれば簡単に増やすことができ、RAIDコントローラを搭載しているのでデータを分散して複数ディスクに書き込み、高速化やデータ保護がホストに負担をかけずに実現できる。またキャッシュメモリを搭載し、データのリード/ライトの処理性能を上げている。オールフラッシュアレイ(図1)も基本的な考え方はこれと同様で、利用するメディアがフラッシュメディアであり、前回述べたような優れたIOPSが得られるところが違っている。ただしネットワークとコントローラのオーバーヘッドがかかることから、サーバー搭載タイプのフラッシュストレージよりは遅延(レイテンシ)は大きい。それでもディスクアレイに比較すると桁違いの性能が得られる。なお、キャッシュメモリとしてDRAMを搭載するものとしないものがある。またDRAM搭載モデルでもその容量が大きく違う場合がある。

図1 フラッシュモジュール(左)とオールフラッシュアレイ(右)の外観例
図1 フラッシュモジュール(左)とオールフラッシュアレイ(右)の外観例
資料提供:日本IBM

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

フラッシュストレージ/オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フラッシュストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

フラッシュストレージ」関連の製品

Arista Networks 次世代ハイパフォーマンススイッチ 【ノックス】 大規模障害でも2分で復旧、災害時にも事業を止めない“備え”とは 【ピュア・ストレージ・ジャパン+他】 クラウド活用の課題を解決する、ハイブリッド時代のストレージ選定 【ネットワールド】
ネットワークスイッチ バックアップサービス その他ストレージ関連
高密度なポートで低遅延、ハイパフォーマンスを実現し、なおかつ拡張性にも優れたデータセンター用ネットワークスイッチ。 近年さまざまな自然災害が日本を襲い、災害時の事業継続計画を考え直している企業もあるだろう。これからは障害・災害対策だけでなく、いかに早く復旧するかが重要だ。 オンプレミスとクラウドを組み合わせた「ハイブリッド環境」は企業にとって当然の選択肢となりつつある。だが、実際に活用しようとすると多くの課題が立ちふさがる。

フラッシュストレージ」関連の特集


300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明ら…



1巻で現行テープの約22倍という驚異の大容量化を実現した「スパッタテープ」。テープストレージの進化は…



ストレージ環境は拡張を迫られ続ける一方で、処理の高速化など課題は山積みだ。読者調査とベンダーの意見を…


「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フラッシュストレージ/ オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フラッシュストレージ/ オールフラッシュかハイブリッドか?“フラッシュアレイ”導入のポイント」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5


30008081


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ