どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

どれだけ簡単になった?
請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた

2015/10/14

 電子帳簿保存法が2015年9月30日に改正され、スキャナ保存の要件が緩和された。同法では、紙で作成された領収書や請求書、見積書等の「税務関係書類」について、真実性や可視性を確保するための一定の要件を満たす場合に限り、スキャナによる保存(スキャナを利用して作成された電磁的記録による保存)を認めている。

 2015年の規制緩和では認められなかったが、「スマホで領収書を撮影してデータ化」も解禁が近いといわれる。さらなる規制緩和が行われれば、紙の領収書や請求書をどんどんスキャナで電子文書化したいと思う企業も増えるはず。対応するソリューションも今後1〜2年の間に次々と登場してくるだろう。

 とはいえ、入口となるのは領収書等をスキャンする部分だ。本稿ではドキュメントスキャナの中でいち早く「e文書モード」を搭載した製品の使い勝手を紹介したい。また、2016年秋のスマホ解禁に向けての動きも取り上げよう。

文書管理

※「文書管理/どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理/どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1請求書のスキャナ保存をやってみた

 2015年秋のスキャナ保存の要件緩和では、個人の実印に相当する電子署名が不要となり、「電子化できる契約書や領収書は額面が3万円まで」という金額規制が撤廃された。間違えてはならないのは、スキャナに求められる仕様に変更はないという点と、今回の改正ではスマホ撮影は解禁されなかったという点だ。

1-1要件を満たしたスキャナの設定

 まずは、スキャナの要件を確認していこう。契約書や領収書、請求書、納品書といった資金や物の流れに直結・連動する書類は、国税関係書類の中でも「重要書類」としてフルカラーでのスキャンが求められる。また、解像度や階調、スキャン対象物の大きさ情報なども保持しなければならない。

4ポイントの文字が読めること

解像度は200dpi以上であること

赤、緑、青の各色でそれぞれ256階調以上であること

スキャナ機器は「原稿台と一体となっている」こと

 ところで、解像度や階調といったスキャナの設定を保存することはたやすいが、領収書や請求書など紙の書類の大きさに関する情報はどのように保持するのだろうか。ここでポイントとなるのが、「原稿台と一体となっている」というハードウェアの規定だ。スキャナの読み取りセンサーと原稿までの距離が常に一定であれば、ファイルのピクセルサイズとdpiから元書類の大きさが逆算できるというわけだ。

 ちなみに、この規定自体が2005年に制定されたもの。当時から存在していたハンディ型スキャナを排除するための規定だったという。当然、スマホの登場やそのカメラの進化などは考慮されていない。

 なお、データ化したファイルの保存形式は特に定められていない。JPGやTIFFなどの一般的なフォーマットでも構わないが、電子化した文書のその後の活用を考えるとPDFでスキャンするのがよいだろう。また、「重要書類」以外(資金や物の流れに直結・連動しない書類)は「一般書類」として、グレースケールでの読み取りが解禁される。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

文書管理/どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 PDF帳票生成エンジン SVF for PDF 【ウイングアーク1st】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】
ワークフロー PDFソフト ワークフロー
9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 日本固有の緻密な帳票を生成するPDFエンジン。高精細かつピーク時の同多重アクセスへの対応により、バーコードや画像の貼付けなどハイグレードなPDFの活用・効率化を支援。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。

文書管理」関連の特集


知らない企業から訴えられたり、ライセンス契約を要求されたりといったリスクは大企業だけのものではありま…



2009年の新型インフルエンザの世界的流行を機に、企業においても不測の事態に備えたパンデミック対策の…



企業で利用される業務システムの中でも、クラウド化に最も適していると言われることが多いのが「グループウ…


文書管理」関連のセミナー

Microsoft Office 365 活用セミナー 【ネクストセット】  

開催日 1月15日(月)〜1月16日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

【札幌】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン】  

開催日 1月24日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

オープンソースで「情報伝達の強化」と「セキュリティの強化」 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【DropBoxやGoogleDriveなどのオンラインストレージの普及と、それによる問題点】DropBoxやGoogleDriveなどの、オンラインストレージ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ どれだけ簡単になった?請求書をe-文書法対応スキャナで保存してみた」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30008080


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ