さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ

2015/10/13

 企業のIT活用によって、業務の効率化とリードタイムの短縮が進んでいる。例えば、一般的な書類の多くはデジタルデータとして作成され、そのまま処理が行われている。しかし、紙で発行された領収書や契約書といった「税務関係書類」の電子化は遅々として進まなかった。

 これを阻んでいたのが「電子帳簿保存法」によるスキャナ保存の厳しい要件だ。ところが、平成27年度税制改正の大綱でこの方針が大きく転換。2015年9月30日に施行された同法の改正により、スキャナ保存のハードルが一気に下がった。

 本稿では、今回の規制緩和が企業にもたらすメリットと、税務関係書類の電子化への対応ポイントを解説する。

文書管理

※「文書管理/さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「文書管理/さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1税務関係書類のスキャナ保存に踏み切れなかった3つのカベ

 これまで領収書や契約書といった税務関係書類のスキャナ保存による電子文書化がなかなか進まなかった理由はさまざまだ。いざ紙からデータへの変換に取り組もうとすると次のようなカベが立ちふさがったのだ。

1-1「本当にこの書類を捨ててもいいの?」という不安

 ファイリングキャビネットが書類で圧迫される一方だ、不要な書類は整理したい。こう考える企業は多い。だが、電子保存を進めようとすると「本当に紙の書類を捨ててしまっても構わないのか。よく分からない」という“カベ”に突き当たってしまう。

 例えば「○年間保管すること」と決められた書類を電子化しようとする際、その根拠が社内規程によるものなのか、法律によるものなのかが分からない。その結果、紙で残すべき書類と捨てても構わない書類との分類ができず、「ヘタに手を付けないほうがいい」となってしまっていた。

図1 企業内に存在する紙文書の種別
図1 企業内に存在する紙文書の種別
資料提供:株式会社PFU

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

文書管理/さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

文書管理」関連の製品

サポート終了!desknet's NEOへの乗り換えも新規導入もお得に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 InSite for Business 【ディスカバリーズ】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】
グループウェア グループウェア ワークフロー
332万人超のユーザーが利用するグループウェア desknet's NEO のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール・スケジュール・ワークフローなど、全25機能が利用可能。 マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」にSharePointのサイトテンプレート「InSite」を標準実装。1名からでも利用可能。スマホ、iPad、携帯、マルチデバイス対応。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。

文書管理」関連の特集


残業、トラブル、重〜い心労・・。気付けば私もデスマーチ!?そんなあなたのお助けツール、最新「プロジェ…



347人を対象に導入状況を調査。ツールによって導入率が極端に異なる中、大企業、中小企業の抱えている問…



どんな帳票もあっという間に電子化、複雑な承認ルートも大丈夫、運用の手間もかからない、そんなワークフロ…


文書管理」関連のセミナー

【東京】満足度No.1 デスクネッツ ネオ 体験セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 12月8日(木),12月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO」をご紹介するセミナーです。desknet's NEOは、徹底した「現場…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とG Suite(旧名:Google Apps) は何が違う?」グループウェア、メールシステ…

Tradosハンズオントレーニング (PMコースパート2) 【SDLジャパン】 締切間近 

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 3万8880円(税込み)

■SDL Trados Studio 2015 プロジェクトマネージャコース (パート2:プロジェクトの効率アップと翻訳資産の構築)SDL Trados Stu…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書管理/ さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書管理/ さらば、紙の領収書…電子帳簿保存法改正に対応するツボ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30008079


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ