この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内サーバ

2015/08/25


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内サーバのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2015年第1四半期の国内サーバの市場規模は、前年同期比19.3%増の1484億円で、出荷台数は同比1.2%減の16万2000台であった。
 ビジネスサーバを除く、x86サーバ/メインフレーム/RISC&IA64サーバ(UNIXサーバ)/スーパーコンピュータの製品分野で、出荷額が前年同期より増加した。HPC(High-Performance Computing)専用機とメインフレーム新機種の大型案件に加え、x86サーバは円安による部材コストの上昇や仮想化によるオプションの増加によって平均単価が上昇し、出荷台数の減少による出荷額減が補われたためとみられている。
 ベンダ別の市場占有率(出荷額ベース)を見ると、1位のベンダが27.3%で前四半期(2014年第4四半期)に続き首位。2位は23.6%、3位は13.9%、4位が8.6%で、5位は6.1%であった。2位/4位のベンダはすべての製品分野で出荷額が増加した。
 ユーザ企業が直接ODMメーカーからサーバーを調達するODM Directの出荷台数が3四半期連続でx86サーバの出荷台数の10%以上を占めた。ODM Directの増加は、クラウドサービスの新規立ち上げや増設の反映とみられている。
 仮想化によるサーバー集約の影響により、出荷台数は4四半期連続のマイナス成長であった。ベンダは、継続的にハードウェアビジネスにおける収益を確保するため、第3のプラットフォームを活用した新規需要の創出に取り組む必要があるとみられている。

2015年第1四半期 国内サーバシェア

2015年第1四半期 国内サーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

国内サーバ/「国内サーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「国内サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

国内サーバ」関連の特集


急成長を続けるハイパーコンバージドシステム、市場から求められる理由とともに主要ベンダの動向について徹…



国内サーバの今後の市場予測とは?また、3年連続シェア1位を果たしたベンダの勝因とは?どうぞご確認下さ…



マイクロソフトが新たにリリースしたWindows Server 2012は、これまでリリースされた新…


「PCサーバ」関連の特集


NEC、日本HPのシェア上位2社を中心に、低価格競争が続いているタワー型サーバの2008年度の台数シ…



2012年度、2807億円の同市場。クラウド化の流れの中、システムの見直しなどで導入が堅調に推移する…



事業拡大のために計画された新サービスの開発、しかし開発費用の捻出がネックに…。担当者が発案したのは、…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008076


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ