【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/13

仕事はすべて「伝える」でできている!

自己紹介
スターブランド株式会社 村尾 隆介
主な経歴
中小企業のブランド戦略ブームを起こしたブランディングの第一人者。ベストセラー『安売りしない会社はどこで努力しているか?』『小さな会社のブランド戦略』は経営者の間でバイブル的な存在。現在は山形の小さな町…

【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」


1

「着たいから…」ではなく、「こう思われたいから」

伝える技術を磨くためのヒントを綴った本連載。これが最終回です。
今日までお付き合い、本当にありがとうございました。

最後は企業のことではなく、個人の話で締めたいと思います。
「クールビズ」や「ウォームビズ」…、ひと昔前に比べて働く人の格好も自由になりましたね。でも、自由になるほど、逆に「困ったな。一体なにを着ればいいのか?」となってしまう人も少なくないと思います。
私は服装も1つの「伝える技術」だと思います。あなたがどんな人間で、何を大切にしているのか? 今日の持ちものや着ているものが、それを語っていると考えています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マーケティング/【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マーケティング」関連情報をランダムに表示しています。

マーケティング」関連の製品

無停止型サーバ「ftServer」ファミリ 【日本ストラタステクノロジー】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 SSOcube 【ネットスプリング】
PCサーバ ネットワーク管理 シングルサインオン
「インテルXeonプロセッサ E5-2600v3シリーズ」を搭載した無停止型サーバ。仮想化システム/クラウド/DBサーバなど、ミッションクリティカルなシステムに高い可用性を提供。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。

マーケティング」関連の特集


 これまで3回に分けて、スマートフォンを企業で利用するための管理について考えてきた。今回はそれらをス…



2011年度、220億円に達するリモートアクセスサービス市場。BCP対策としても注目され今後拡大が見…



サイトを持つ企業必見!マーケティング戦略に必須の解析ツールの知識を伝授。広告で目にする奇妙な検索ワー…


マーケティング」関連のセミナー

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月17日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月10日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

今これキテる!バックアップ提案の最前線 【ネットワールド】 注目 

開催日 3月9日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

★本セミナーの見どころ★≪ネットワールドイチオシ≫ 市場でも大注目のバックアップアプライアンスの魅力とは?≪情報盛りだくさん≫ Cisco、Microsoft、…

このページの先頭へ

マーケティング/ 【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マーケティング/ 【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008070


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ