【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/10/13

仕事はすべて「伝える」でできている!

自己紹介
スターブランド株式会社 村尾 隆介
主な経歴
中小企業のブランド戦略ブームを起こしたブランディングの第一人者。ベストセラー『安売りしない会社はどこで努力しているか?』『小さな会社のブランド戦略』は経営者の間でバイブル的な存在。現在は山形の小さな町…

【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」


1

「着たいから…」ではなく、「こう思われたいから」

伝える技術を磨くためのヒントを綴った本連載。これが最終回です。
今日までお付き合い、本当にありがとうございました。

最後は企業のことではなく、個人の話で締めたいと思います。
「クールビズ」や「ウォームビズ」…、ひと昔前に比べて働く人の格好も自由になりましたね。でも、自由になるほど、逆に「困ったな。一体なにを着ればいいのか?」となってしまう人も少なくないと思います。
私は服装も1つの「伝える技術」だと思います。あなたがどんな人間で、何を大切にしているのか? 今日の持ちものや着ているものが、それを語っていると考えています。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

マーケティング/【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マーケティング」関連情報をランダムに表示しています。

マーケティング」関連の製品

製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション 【ファイア・アイ株式会社】 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 IT部門、管理者、経営者全員にメリット 驚きのサービスデスク施策とは 【クレオ】
フィルタリング SFA プロジェクト管理
製品、導入、運用が1パッケージに、今導入したい標的型攻撃対策ソリューション SFAで営業効率を高めるには? レポーティングだけではないSFA使いこなし術 問い合わせ対応に追われ疲弊するシステム運用管理担当。人、コスト共に待ったなしの状況をチャンスに変える施策がある。現場に限らず経営者にもメリットがある方法とは。

マーケティング」関連の特集


Webサイトの効率的な配信・管理を支援し、ビジネスを飛躍する「Web CMS」。基本機能から活用事例…



 今回は、ICカードを使用した電子マネーサービスにおける利用シーンを想定し、「プライバシ」、「機能」…



日本の通信インフラの品質が高く、低コストで高速通信が実現できることから微増傾向が続く同市場で1位とな…


マーケティング」関連のセミナー

第1回 Web販促 EXPO 春 セミナー 【リードエグジビションジャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)〜1月26日(金)   開催地 千葉県   参加費 無料

◆第1回 Web販促 EXPO 春 セミナー開催! 〜 業界を代表する企業のマーケティング戦略を網羅 〜展示会と同時開催で、『ブランディング』、『デジタルマーケ…

新規ビジネス構築のポイントとマーケティングの基礎を解説 【オープンソース活用研究所】  

開催日 1月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【マーケティングや事業開発の未経験者・初心者向け】本無料講座は、主にシステムインテグレーターにおけるマーケティングや新規事業開発の担当者向けです。マーケティング…

LINEカスタマーサポートを活用したチャット対応最前線 【ベルシステム24/共催: LINE】  

開催日 2月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

AI×人の対話力で実現 LINEカスタマーサポートを活用したチャット対応最前線今やLINEは、メディアの枠を飛び越え、スマートフォンを介した企業・サービスとユー…

このページの先頭へ

マーケティング/ 【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「マーケティング/ 【第7回】貴方が着ている服も自身を「伝える技術」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008070


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 中小企業ITコラム > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ