気球ならぬ「浮遊風車」、2015年に1基200kWを目指す

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


気球ならぬ「浮遊風車」、2015年に1基200kWを目指す

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

米Altaeros Energiesはヘリウムの浮力を利用して空中に浮かべる形の風力発電を開発中だ。出力が増え、設置コストが低いという。ソフトバンクは2014年12月5日、同技術の開発と商用化支援を目的として、同社に700万米ドル(約8億4000万円)を出資すると発表した。携帯電話の通信基地局を兼ねた空中発電所が実現しそうだ。

空中に風車を浮かべ、発電するとともに通信基地局機能も持たせる。このような新技術が1年以内に商用化しそうだ(図 1)。「空中浮遊式風力発電(BAT:Buoyant Airborne Turbine)」技術と呼ぶ。
 同技術を開発しているのは、2010年にマサチューセッツ工科大学(MIT)で設立された米Altaeros Energies。航空宇宙科学分野で確立された技術を利用して空中での発電を実現する。

図 1 空中浮遊式風力発電装置 [ 出典 ] 米Altaeros Energies/Valentin Angerer
ソフトバンクが電力と通信の融合を狙う

同技術の開発と商用化支援を目的として、2014年12月5日、ソフトバンクが同社に700万米ドル(約8億4000万円)を出資すると発表した。「既に契約を締結済みであり、12月中に出資を実行する。Altaeros Energies社外の出資者として最大となる」(ソフトバンク)。
 「当社としてはこの1年で技術を実用化したい。商用化第1号の発電機では出力200kWを狙う。その後、大型化していくだろう」(同社)。
 ソフトバンクがAltaeros Energiesに出資する理由はこうだ。「新規事業の創出を狙う。当社の本業である通信事業と、現在力を入れている発電事業。これらとの親和性が高い新事業が生まれると考えたからだ。Altaeros Energiesのような技術を商用化している企業は世界に1つもない。商用化後には量産、通信とのシナジーへと進んでいくだろう。国内では空中で発電するとともに通信機器を搭載し、(携帯電話の)通信基地局として運用するといった実用化の可能性があると考えている」(同社)*1)。災害に強く、即時展開が可能な基地局が登場しそうだ。
 ソフトバンクグループは既に地上設置型や洋上設置型の風力発電事業に参入している。「地上や洋上の風力発電と、空中浮遊式風力発電は、利用分野が全く異なるため、両方を同時に進めていく」(同社)。 *1) Altaeros Energiesは、農村部(農業)や島しょの他、鉱山や石油・ガスの基地、緊急時対応や災害救援、軍事施設、洋上などの用途を想定している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 【東京エレクトロン デバイス】 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 【東京エレクトロン デバイス】 リテールイノベーションとは何か 小売業界で進むデジタル改革の裏側 【エスキュービズム】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 EC
クラウドのようにストレージが進化、注目の自己管理型オールフラッシュの実力 高速なだけじゃない、安定稼働を実現するフラッシュストレージの注目機能とは 小売業界を取り巻く環境は大きく変化している。「取りあえずデジタル化を」という企業も少なくないが、無計画なデジタル変革はかえって収益を圧迫することになる。

新着特集


標的型攻撃「もしかして受けたのかもしれないけれど、よく分からない」が7割という衝撃の結果。誰も真相を…



サプライチェーンの「発注課題」に着目した、自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術「自己競争AI…



 第1回、第2回、第3回までは、システムテストのアウトラインについて解説しましたが、実際の開発プロジ…


新着セミナー

「メモって!ワトソン!!」-通話をAIで書き出し- 【AIT/日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 6月1日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「メモって!ワトソン!!」をテーマに、IBM Watson API(主にSpeech to Text)を体験いただけるハンズオンセミナーを開催いたします。電話で…

IoT × IIJモバイル 最新事例セミナー 【インターネットイニシアティブ】  

開催日 6月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、あらゆるモノをインターネットにつなぐIoTのビジネスへの活用が広がってきています。様々な企業でモノから収集したデータの分析・活用や業務改善への応用、新たな…

アンチパターンに見るID管理システム導入成功への鍵 【アイピーキューブ/協力:マジセミ/オープンソース活用研究所】  

開催日 6月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

★本セミナーは、ユーザー企業限定です★IT企業の方(システムインテグレータや製品ベンダの方)はお申込みできません。【ますます重要になる「ID管理」】Salesf…

このページの先頭へ

/気球ならぬ「浮遊風車」、2015年に1基200kWを目指す」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/気球ならぬ「浮遊風車」、2015年に1基200kWを目指す」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008059



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ