脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

脱メール!「社内SNS」導入で情報収集の時間は1/10に!

2015/11/02


 社内でのやりとりにメールを使っている企業は多い。しかし、多くの関係者に一斉同報でメールを送り、結果として「受信メールが『CCメール』だらけ」になって業務効率が落ちてはいないだろうか?
 そうしたケースで役立つのが「社内SNS」だ。テーマごとに議論を行ったり、必要な情報を共有することができるので、社内の情報が素早く把握できる。また、気軽なコミュニケーションや社内行事の報告などに使うことで、社員同士の距離を縮められる効果も期待できるのだ。

※「SNS/脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「SNS/脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社mediba
従業員数/430人
売上高/154億7205万円(2014年3月期)
事業内容/KDDI の auスマートパスを中心としたメディア事業のほか、ソリューション事業、アライアンス事業など
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

社内SNSサービスTalknote
トークノート株式会社
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

短期間で従業員数が増え、社内コミュニケーションが希薄に。社内メールの数が増えて業務効率が落ちたのも悩みだった

社内SNSサービスTalknote(トークノート株式会社)を導入

部門の枠組みを超えたコミュニケーションが増えて組織が活性化。社内のやりとりにかかる時間も10分の1程度に減った


1

短期間で従業員数が400人規模に増え、意思疎通・情報共有が困難に

■受信メールが増え、重要な情報が埋もれはじめた

 株式会社medibaは、KDDIグループの一員としてメディア・広告系の事業を展開している企業。KDDIが提供する各種スマートフォン向けサービスの企画・編集・開発、携帯端末向け広告商品の企画・開発、各種サイトの制作・運用などを手がけ、拡大し続けるモバイル市場で大きな存在感を発揮している。

 数年前から、medibaの社内では2つの課題が浮かび上がっていた。1つ目は「コミュニケーション不全」だ。2000年の開業時に12人だった従業員数は、わずか15年間で400人ほどに急拡大。その結果、メンバー同士の意思疎通が不十分になっていった。特に、サイトの制作・運用やBPOサービスを行う「ソリューション事業」、他社と協力して新たなビジネスを生み出す「アライアンス事業」に乗り出した2011年以降は、事業部門ごとに縦割りの傾向が拡大。他部門の同僚が何をしているのか分からないと感じる社員が、だんだんと増えていたという。
 もう1つの課題は、「受信メール数の急増」だった。会社が成長し、手がけるプロジェクトの規模が大きくなると、報告をしなければならない関係者の数も増えていく。そこで、プロジェクトに関わる人たち全員に宛て、「CCメール」や「メーリングリスト」で報告することが多くなった。すると、1人のメンバーがたくさんのメールを受信することになり、内容の重要度問わず、目を通さなくてはならないメールの量が増え、仕事の効率が落ちてしまったのだという。  

担当者のナマ声:メーリングリストの使い勝手が悪いことも課題だった

 「私がmedibaに入ったのは、2007年でした。当時の従業員数は100名くらい。これくらいの規模なら、全社員の顔や名前がわかります。ところが、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進み、業容拡大のためにメンバーを爆発的に増やした2011年頃から、急速に『報・連・相』がしづらくなりましたね。
 情報共有のためによく使っていたメーリングリストも、使い勝手が悪いと感じていましたね。当時、多くのメンバーは、1日に300〜500通のメールを受け取っていたと思います。ところが、そのほとんどが自分宛ではなく、CCメールやメーリングリストのメールでした。それらに埋もれてしまい、重要な情報が分かりづらい状況だったのです。また、メーリングリストには『情報を関係者だけの中で囲い込んでしまう』という欠点が

あります。当初は関係性が薄くリストに入っていなかったが途中から深くプロジェクトに関わったりした人などに、大事な情報が届かないケースもありました。
 こうした課題を解決するため、社内コミュニケーションの活性化につながり、かつメーリングリストの代わりになるツールはないかと探していました。ただし、業務情報を共有するだけの仕組みを導入しても、社員同士の関わりはなかなか深まらないでしょう。そこで、FacebookのようなSNSの機能を持ち、社員だけが書き込める『社内SNS』を導入し、社内コミュニケーションの在り方を変えようと思ったのです」(株式会社mediba 代表取締役副社長 神戸純氏)

陣頭指揮した代表取締役副社長の神戸氏
陣頭指揮した代表取締役副社長の神戸氏
「『隣の同僚が何をしているのか分からない』という状況を、何とかして解消したかったんです。でも、プライベートの世界であるFacebookなどを見て同僚の動向を知ろうとするのは、お互いに気持ち悪い(笑)。そこで、オフィシャルとアンオフィシャルの中間くらいで、仕事でちょっと気になったことなどを気軽に書き込める場所があればなあ、というのが発想の原点でした」(神戸氏)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

SNS/脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SNS」関連情報をランダムに表示しています。

SNS」関連の製品

intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 Oracle Sales Cloud 【日本オラクル】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】
グループウェア CRM BI
システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 エンタープライズクラスの最新の営業機能を網羅した顧客管理/営業支援システム。SaaS型クラウドサービスとして提供。 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション

SNS」関連の特集


情報共有の要となる企業コラボレーション基盤を今後どうしていくべきか、デバイスやツールも踏まえながらそ…



病気で出すことが難しい「本人の声」を取り戻す音声合成技術研究プロジェクト「ボイスバンク」が始動!音声…



殺害予告に“冤罪”まで…日本人による手製ウイルスの可能性もある昨年のPC遠隔操作事件。この衝撃的事件…


SNS」関連のセミナー

Microsoft Office 365 活用セミナー 【ネクストセット】  

開催日 6月8日(水)〜6月9日(木),6月20日(月)〜6月21日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とGoogle Apps は何が違う?」グループウェア、メールシステムのクラウド化が進む中、…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 6月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とGoogle Apps は何が違う?」グループウェア、メールシステムのクラウド化が進む中、…

Microsoft Office 365を使いたおす/東京 【ネクストセット】  

開催日 7月6日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「クラウドを導入したいが何を選べばいいのか?」「Office 365とGoogle Apps は何が違う?」グループウェア、メールシステムのクラウド化が進む中、…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SNS/ 脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SNS/ 脱メール!社内SNSで情報収集時間が1/10に!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30008018


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 社内SNS > 社内SNSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ