消費税10%+“携帯電話税”が施行されるって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/12/18
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #052

『10%の消費税増税に合わせ、密かに“携帯電話税”が施行される』って本当?

巷の諸説は

 納税は国民の義務ではあるが、時には我々の生活を圧迫することもある。
 2014年の消費税8%導入に加えて更なる税収を検討してきた国家だが、10%増税に合わせて兼ねてから噂されていた「携帯電話税」を導入するという噂が!
 それって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当、なんか聞いたことある!
次々と理由を付けて庶民の懐に手を突っ込んで持っていくくせに、法人税の税率を減らしたりマイカー減税みたいな補助金を出して特定企業ばかり優遇するから、いつまでたっても景気が良くならないし、財政も健全化しないんですよ。
(40代・男性)

家庭に占める通信料金が高すぎると言っている裏で、下げた分は国がとろうとしているんだから、開いた口がふさがらない!!
(50代・男性)

かけるにしても料金じゃなくて本体価格にしてほしい。これ以上使用料金の値上げは勘弁。
(20代・男性)

今でも電波利用料なるものを課税しているのに、更に課税とは姑息すぎます!
(40代・男性)

国民は皆、携帯通信料はきっちりと払うくせに税金となると払いたがらない。携帯電話税として徴収すれば、国家の財政も安泰となるというときの首相の考えそうな高等テクニック。
(50代・男性)
うそ、そんなことあるわけない
聞いたことないけど、国がガッポリ儲かりそうだし、お役人が考えそうな、気がしてきました。
(50代・女性)

今だって高い携帯料金に更に税金が追加されるとなると負担が…嘘であってほしいですね。
(20代・男性)

既に課税されているのに、また課税すると二重課税、基本料金として徴収されているので課税に見えない。
(50代・男性)

なんにでも課税してよいというものでない。
(50代・男性)
結局見送りになったんじゃ?
2015年度は見送りになったという記事を見た記憶がありますが、密かに再検討されているかもしれないですね。
(50代・男性)

嗜好品ではなく生活必需品で、なおかつ固定電話税なんてのもないのに携帯電話税というのは心情として納得できない。やるならよっぽどの理由が必要だと思う。
(30代・男性)

反対意見が多くて見送りになったと思ったけど、税金を集めることよりも税金の無駄遣いを減らすことを考えてほしい。
(40代・男性)

携帯電話は登録制度があるわけじゃないので、課税対象を管理できないということで見送りになったはず。でも、端末にではなく、回線契約に対して課税するなら、実現可能では。
(40代・男性)
そもそも携帯電話税って何?
税収アップのために、あれやこれやと税金を考えますね〜。でもね、二重課税はやめてほしいです。
(60代・男性)

取れるところから取ろうと思うのは必然ですが、キャリアには料金下げさせて、下げた分を税金取って……。ユーザーにもキャリアにも何の利益も無いな……。
(40代・男性)

ほんっとに隙間という隙間をつつきますね。ワケの分からない課税増税する前にアナタのお給料を少しでも減らしたらどうですかと政治家に言いたい。
(20代・女性)

初耳。そもそも、何に税金を掛けるのか? 本体? SIMカード? 通話料? 固定資産でもないものに税金を掛けようとするな!!
(40代・男性)
どうぞどうぞ、払いますよ
あってもいいんじゃないですか、仕事量に影響ないし。ただでも忙しいのに軽減税率導入という最悪のシナリオだけは勘弁してほしい。
(40代・男性)

自分は携帯電話を持っていないので、増税されても痛くも痒くもない。あ、奥さんと子どもは持っているか…。まあ増税よりも先に、本体ゼロ円とかワケの分からない割引制度を廃止して、携帯電話各社は真っ当な商売をしたらどうか。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 運用で差が出る「クラウドを活用したバックアップ」の手法とは 【arcserve Japan】 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣 【ドリーム・アーツ】
勤怠管理システム バックアップサービス データベースソフト
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 企業が管理すべきデータは増える一方。コストと運用負荷削減を目的にクラウドを利用するには、クラウドの特性を理解した運用環境が必要だ。今われわれは何を選ぶべきか? 約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣

新着特集


Web会議サービスを導入する際、導入目的や機能面、自社の通信環境やハードウェアなど、押さえておくべき…



2016年第3四半期におけるインクジェットプリンタの国内出荷台数は約95万台。同四半期の出荷台数が初…



業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならな…


新着セミナー

ソフトウェア品質生産性向上セミナーvol.73 【シーイーシー】  

開催日 4月19日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

ソフトウェア開発を統合管理する品質マネジメントプラットフォーム「CS Qompass」とは? IoT時代のモノづくりにおいて重要性が高まっている組込ソフトウェア…

ソフトウェア品質生産性向上セミナーvol.73 【シーイーシー】  

開催日 4月20日(木)   開催地 愛媛県   参加費 無料

ソフトウェア開発を統合管理する品質マネジメントプラットフォーム「CS Qompass」とは? IoT時代のモノづくりにおいて重要性が高まっている組込ソフトウェア…

Nimbleと強力連携 Veeam9.5 最新機能紹介 【クライム】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想マシンのバックアップツールVeeam(ヴィーム)。ご存知の方も、そうでない方もVeeamの基本機能から最新機能まで余すことなくご紹介します。その中でも、最新…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 消費税10%+“携帯電話税”が施行されるって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 消費税10%+“携帯電話税”が施行されるって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30008001



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ