解読不能…スパコンvs絶滅言語!勝つのはどっち?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/11/20
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #048

『スパコンでも解読できない…未だに謎のままの歴史的暗号が存在する』って本当?

巷の諸説は

 今やどんな暗号でも、スパコンを利用すれば解読できる時代……と思うなかれ!?
 未だに解明ができない“歴史的暗号”が存在するという噂が。
 この話、ホント?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当です
暗号元のアルゴリズムが不明な場合、解読不能は不思議じゃない。
(50代・男性)

何でも分かると思っている人間への警告だろう。世の中には分からないものがあって当然だ。
(60代・男性)

ヴォイニッチ手稿のように、「本当に答えがあるのかどうか分からない」ような暗号はコンピュータでは解読できないんじゃないですかね。
(40代・男性)

もう使用者のいない「絶滅した言語」が歴史的暗号として解けないという話を聞いたことがあります。日本語も古文とか日常会話には使わなくなっていますし、ありえる話ですよね。
(20代・男性)

古代ギリシャ時代に石板に書かれた文字の解読がまだできていないという話は聞いたことがあるが、読めない文字はある意味暗号かな?
(40代・男性)
ウソですね
解読できなければそもそもそれが暗号だと証明できないのでは?
(20代・男性)

その歴史的な暗号自体に誤りがあるのではないでしょうか?
(50代・男性)
時間の問題でしょ?
スパコンも日々進化しているので解読できるのも時間の問題では…?
(20代・男性)

まぁ時間をかけてやればなんとかなるのでは。頭のいい人が使えば、かもしれませんが。
(30代・女性)

暗号のロジックが解かれていないから? でもそのうち解読されそうです。
(30代・女性)
スパコンは万能じゃない!
コンピュータの処理速度は上がってもアルゴリズムを考えるのは人間(プログラマ)です。人間が解読するためのアルゴリズムをプログラムしなければならないのでスパコンだけではダメだと思います。
(40代・男性)

計算量が膨大になる類の問題を使った暗号ならコンピュータで対応可能ですが、そうでない場合どうやって取り込むか、式をどう計算量の問題に変換するかをクリアしないと対応できません。
(30代・男性)

スパコンが全てにおいて万能というわけでもないし、暗号の種類によっては苦手なものもあると思う。
(40代・男性)

スパコンといえども人が作ったもの。人知を超えることはできないと思ってます。
(30代・男性)

乱数表とか照合して解読すべきものは全て可能でしょうが、符丁のようなものは意外と不可能かも?
(60代・男性)
量子コンピュータならイケる!
性能が上がったと言えども、昔のアーキテクチャーでは限界がある。新世代のコンピュータでなければ解けない暗号は存在する(と思う)。
(50代・男性)

夫婦も年を重ねると「アレ」で会話が成立するんで、他人からすれば十分に暗号化済み。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 クラウドERP「freee」 【freee】 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” 【NTTテクノクロス】
フィルタリング ERP ID管理
AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想”

新着特集


LPWAはIoTデバイスからデータを収集するための通信手段として注目を集めている。LPWAを活用する…



「RPAは業種に関係なく、ほぼ全ての分野に適応できる。このようなツールは他にないと思っている」と豪語…



データ利活用の実態を定点観測してみたら……?人材の課題は解消傾向にあるものの、増えるデータに対処でき…


新着セミナー

仮想環境を最適にリソース管理 監視からキャパシティ計画まで 【クライム】  

開催日 1月11日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

データベースの課題に頭を抱えていませんか?DBMotoは、異種データベース間のリアルタイムなデータレプリケーションを可能とします。このレプリケーションを活用する…

元検事・弁護士による情報漏えい対策セミナー 【大塚商会】  

開催日 1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは元検事・弁護士の西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士の梅林啓先生をお迎えし、企業における典型的な情報流出事例から情報漏えいの現状、企業のリスクと…

最新事例から学ぶ IoT活用!<名古屋> 【主催:日本ユニシス/協賛:日本マイクロソフト】  

開催日 1月17日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

IoT活用によるビジネス革新が叫ばれている昨今。数多くの企業でIoTを活用した様々な取り組みが進んでいる一方で、どのように活用すればよいのか分からないとの声が挙…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 解読不能…スパコンvs絶滅言語!勝つのはどっち?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 解読不能…スパコンvs絶滅言語!勝つのはどっち?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007996



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ