驚きのSOSトリビア!既に廃止?初発信はあの客船?本当の意味は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/11/13
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #047

『緊急の代名詞「SOS」の文字列に意味はない』って本当?

巷の諸説は

 全世界共通の“救援”を求めるサイン、「SOS」。
 この3文字を大きく掲げ、救援を求めるシーンを見た経験もあるだろう。
 しかし「SOS」の文字列自体には、実は意味がないという噂が。本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

初耳!
ならば何故そうなったのですか?
(50代・男性)

まずは、ピンクレディーですね。
(50代・男性)

確かに意味を知らないで使ってる。UFOやUMAの意味は知ってるのに。
(40代・男性)

既に若い人には、死語かなと思います。こんな信号を発信しないで済むよう、祈るのみです。
(50代・男性)
本当!
意味はともかく、タイタニック号が最初に使用したことが有名。
(50代・男性)

最も短く伝えられる電信コードだったことから決まったと聞いたことがある。
(60代・男性)

子供のころ、いろんな男子がよくドヤ顔で話してたから、そこそこ有名な事実かと…。最初に音ありき。トトトツーツーツートトト。覚えやすいから。で、アルファベット化するとSOSになるというのが種明かし、ですね。
(50代・女性)

アマチュア無線をやっている人なら誰でも知ってる話です。モールス符号。
(50代・男性)

「Save Our Ship」とかもっともらしいけど、結局はモールス信号のパターンが分かりやすかったから、とも。
(40代・男性)
嘘!SOSに意味があったハズ
「S」そんな! 「O」俺を 「S」捨てないで!! の略だったはず。
(40代・男性)

「Save Our Ship」です。タイタニックが沈没の際に発信したという噂は聞いたことがある。
(40代・男性)

理由もなしで「SOS」を羅列しただけだとしたら、ビッグバンに等しい位の発想だ。
(70代以上・男性)

書きやすくて子供でとかでも言いやすいので、そうなったのでは?
(40代・男性)
会議で決まる前はどうしてた?
でもそれならSOSが使われる前はどうしていたんだろう? 普通に「Help me」?
(30代・女性)
もう今は使ってないんだよね…
SOSはモールス信号用。言葉では、メーデー! って言わなきゃ誰も助けてくれない。
(40代・男性)

昔の通信手段のモールス符号に、緊急時(救助)の符号でSOSを打つ……とあったようです。実際に打ったことはなかったです。
(40代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】
勤怠管理システム ワークフロー サーバー管理
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。

新着特集


データ利活用の実態を定点観測してみたら……?人材の課題は解消傾向にあるものの、増えるデータに対処でき…



「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業…



あのKDDIが会計システムを“モバイルで活用できない“課題に悩まされていた……? ユーザーの通信環境…


新着セミナー

仮想環境を最適にリソース管理 監視からキャパシティ計画まで 【クライム】  

開催日 1月11日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

データベースの課題に頭を抱えていませんか?DBMotoは、異種データベース間のリアルタイムなデータレプリケーションを可能とします。このレプリケーションを活用する…

元検事・弁護士による情報漏えい対策セミナー 【大塚商会】  

開催日 1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは元検事・弁護士の西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士の梅林啓先生をお迎えし、企業における典型的な情報流出事例から情報漏えいの現状、企業のリスクと…

最新事例から学ぶ IoT活用!<名古屋> 【主催:日本ユニシス/協賛:日本マイクロソフト】  

開催日 1月17日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

IoT活用によるビジネス革新が叫ばれている昨今。数多くの企業でIoTを活用した様々な取り組みが進んでいる一方で、どのように活用すればよいのか分からないとの声が挙…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 驚きのSOSトリビア!既に廃止?初発信はあの客船?本当の意味は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 驚きのSOSトリビア!既に廃止?初発信はあの客船?本当の意味は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007995



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ