中国との“密接”な関係も…北朝鮮のインターネット事情とは

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/11/06
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #046

『北朝鮮のネットには“検索がない”』ってホント?

巷の諸説は

 “世界の常識”が通用しない国、北朝鮮。
 同国内のネットには“検索”がないという噂が…。
 この話、本当!?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

そんなバカな。
いくらなんでも……。
(40代・男性)

Webで最初に見たのが「www.yahoo.co.jp」だった私には、検索なしでネットを使えるなんて神業としか思えない。
(50代・男性)

さすがに「検索」はできるでしょうけど、その検索語や検索結果に「検閲」と言う国家の陰がちらついているのは事実でしょう。
(50代・男性)

検索はあるでしょ。でも検索結果を国が制限しているかも。
(50代・男性)

検索結果はチェックして、隠したいものを返らなくしてそう。
(40代・女性)
あり得る…。
北朝鮮なら何でもあり得る。
(50代・男性)

そもそもネットを使えるのはごく一部の階層というイメージですが……。
(40代・男性)

他国の情報をシャットダウンしていると聞いたことがある。検索してまがりなりにも他国の情報がでてきたら不都合だろうからあり得る。
(40代・男性)

「検索する権利」は支配層にだけ与えられている特権という話ではないかと想像するが。中国は「検索はできるが、都合の悪い情報はオミット」だが、北朝鮮では「検索自体がオミット」ってことか。
(40代・男性)

「ネット」として公的機関のネットワークはあっても、公共インターネットはないのでは? なのでリンクのみで事は足り、「検索」の必要性がないと思ってます。
(40代・男性)
本当!
正確には「検索の必要がない」だったような。そもそも見られるサイトが少なく、かつプライベートアドレスで管理されているクローズドな環境だと、どこかで見た記憶があります。日本では信じられませんが、国が変わるとここまで常識も変わるものなんですね。
(30代・男性)

そもそもネットはつながらないでしょう……偏見かな?
(50代・男性)

国民は、国が用意した情報しか、知ってはいけないのです……。
(50代・女性)
すべて検閲されてるとか?
ネットユーザが少ないだろうから、すべて検索されているはず、というかその可能性が高いと思う。
(50代・男性)

利用できる人が限られていると思うから、すべて検閲されていてもおかしくはないと思う。
(50代・男性)

自由ならば既に北朝鮮は崩壊しているはず。
(60代・男性)
そもそもネット使えるの?
一般市民が使用できるようになってるの?
(20代・男性)

限られた人しかインターネットは使えないのでは。そのインターネットも機能制限されているんでしょうが。検索のないネットってどう使うんだろう…URL直打ち?
(30代・女性)

一般庶民はインターネットアクセス可能な機器を入手できないのではないかと思う。
(50代・男性)

情報統制のため、一般的なネットは利用できないと思う。使えても北朝鮮独自のものじゃないの?
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】
バックアップツール WAF 帳票管理システム
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。

新着特集


標的型攻撃「もしかして受けたのかもしれないけれど、よく分からない」が7割という衝撃の結果。誰も真相を…



サプライチェーンの「発注課題」に着目した、自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術「自己競争AI…



 第1回、第2回、第3回までは、システムテストのアウトラインについて解説しましたが、実際の開発プロジ…


新着セミナー

エンドポイントトレンドセミナー2018 【NECキャピタルソリューション】  

開催日 6月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

2018年から2019年にかけての市場予測では、各企業のWindows 10への移行がこれまで以上に進むと予想されています。Windows 10への移行を契機に…

ゼロから80分でマスター!誰でもできる帳票作成セミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 6月20日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

SVFは「帳票基盤ソリューション」として、長く皆様の帳票出力業務を支えています。・ノンプログラミングの簡単帳票設計・あらゆるアプリケーションとの柔軟な連携・PD…

アプリケーション脆弱性診断ツールAppScan Standardハンズオン 【テクマトリックス/日本アイ・ビー・エム】  

開催日 6月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Webの脆弱性を突いたサイバー攻撃による個人情報流出などの事故が後を絶たず、アプリケーションのセキュリティ対策は" 待ったなし" の状況と言えます。この対策の1…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 中国との“密接”な関係も…北朝鮮のインターネット事情とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 中国との“密接”な関係も…北朝鮮のインターネット事情とは」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007994



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ