歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)
90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ

2015/12/21

 「資産管理」という言葉から一般的に連想されるのは企業の財産としての「モノ」を整理して台帳化する業務なのではないだろうか。しかし「IT資産管理ツール」はIT資産の台帳づくりの領域を大きく超えて、セキュリティとコンプライアンス、ひいてはITガバナンスの強化に貢献する道具として認識されている。その機能は年々強化され、現在では統合セキュリティ管理ツールとして活用可能なツールに成長してきた。今回は、現在までのIT資産管理ツールにおける機能の強化状況を、企業ニーズの変遷を振り返りながら紹介していく。

IT資産管理

※「IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1IT資産管理ツールを導入する目的は何?

1-1【1990年代後半】社内のPC増加による運用管理工数増加への対応、TCO削減

 「社内のクライアントPCが何台あるのか分からない」……そんな声が聞かれだしたのは1990年代、特にWindows95以降のPC1人1台利用が一般的になった頃のこと。社内に急速に普及したPCは業務効率を大きく進歩させ、同時期以降に本格化したインターネット普及はメールをコミュニケーションの中心に導き、ITの世界が大きく動き出した。そこで課題になったのがPC運用管理コストの増大だ。
 当時はネットワーク機器もPCも安定性に課題があり、しかもシステムの分散によりIT部門のみならず業務部門にもシステム運用管理負荷が急増していた。そこで社内に拡大するクライアント環境を迅速に把握し、保守やユーザーサポートを効率化することが大きな課題に浮上した。その頃から特に300台以上の規模でPC運用を把握する企業に普及したのがIT資産管理ツールだ。次のような機能が注目された。

【インベントリ管理機能】
 インベントリとはハード面ではPCのCPUやメモリ、HDD容量などスペック情報やネットワーク機器の情報、ソフトウェア面ではOSやアプリケーション情報のことを指す。これらをLAN経由で自動収集し、一覧できるようにした。LAN接続されていない機器を手作業で追加すればハードとソフトの「資産台帳」が出来上がり、クライアント運用管理のベースとなる。これは現在もIT資産管理の基本機能であることに変わりない(図1)。

図1 インベントリ管理画面の例
図1 インベントリ管理画面の例
資料提供:ハンモック

+拡大

【リモート管理機能・ファイル配布機能】
  インベントリ情報をベースに実際の保守・サポート業務を効率化したのは、技術者が自席にいながら遠隔のPCなどを操作できるリモート管理(操作)機能(図2)と、パッチプログラムや新アプリケーションなどを対象PCにLAN経由で配布できるファイル配布機能だ。当時からシステム保有コストの約7割が運用管理コストと言われており、そのコスト削減はTCO削減に効いた。

図2-1 リモート管理機能の例
図2-1 リモート管理機能の例
操作画面
資料提供:ハンモック

+拡大

図2-2 リモート管理機能の例
図2-2 リモート管理機能の例
複数台同時接続・監視画面
資料提供:ハンモック

+拡大


 インベントリ管理、リモート管理、ファイル配布は現在も基本機能として磨かれている。フロアマップと組み合わせて視覚的に場所を把握しながら、特定PCの環境を確認できるようにしたり(図3-1)、台帳とリース/レンタル契約情報を結びつけて管理したり(図3-2)することも可能になり運用管理負荷はますます軽減可能になった。

図3-1 フロアマップと組み合わせた表示の例
図3-1 フロアマップと組み合わせた表示の例
資料提供:ディーオーエス

+拡大

図3-2 リース/レンタル契約の管理の例
図3-2 リース/レンタル契約の管理の例
資料提供:ディーオーエス

+拡大


 またリモートでPCの省電力設定を制御し、標準的なポリシーで省電力化を図ることも可能なので、電力コスト低減にも寄与できる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

IT資産管理」関連の製品

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

IT資産管理」関連の特集


「BYOD」なら聞いたことがあるけれど「X」とは何か?実は企業システムの運用思想をこの「X」が変えて…



 前回は、スマートフォンが可搬性能・機動性のため紛失や盗難のリスクが高く、管理者の目の届きにくい面が…



ビジネス現場でも利用が進むタブレット端末。そのセキュリティ対策は万全ですか?PCと同様にタブレットで…


IT資産管理」関連のセミナー

IT資産管理で「リスク発見」セミナー 【主催:NTTテクノクロス 共催:ディー・オー・エス】  

開催日 7月26日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

あなたの会社のリスクは把握できていますか?セキュリティホールをついた攻撃は未だ後を絶たず、ハードウェア、ソフトウェア等の情報を正しく、常に最新化して管理すること…

Ivanti Interchange Unplugged Tokyo 【Ivanti Software】  

開催日 7月12日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Ivanti「Interchange Unplugged」プライベートセミナーを7月12日・東京にて開催〜数日間で開催されるグローバルでのInterchange…

データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 5月30日(水),6月13日(水),6月27日(水),7月11日(水),7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007979


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ