歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)
90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ

2015/12/21

 「資産管理」という言葉から一般的に連想されるのは企業の財産としての「モノ」を整理して台帳化する業務なのではないだろうか。しかし「IT資産管理ツール」はIT資産の台帳づくりの領域を大きく超えて、セキュリティとコンプライアンス、ひいてはITガバナンスの強化に貢献する道具として認識されている。その機能は年々強化され、現在では統合セキュリティ管理ツールとして活用可能なツールに成長してきた。今回は、現在までのIT資産管理ツールにおける機能の強化状況を、企業ニーズの変遷を振り返りながら紹介していく。

IT資産管理

※「IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1IT資産管理ツールを導入する目的は何?

1-1【1990年代後半】社内のPC増加による運用管理工数増加への対応、TCO削減

 「社内のクライアントPCが何台あるのか分からない」……そんな声が聞かれだしたのは1990年代、特にWindows95以降のPC1人1台利用が一般的になった頃のこと。社内に急速に普及したPCは業務効率を大きく進歩させ、同時期以降に本格化したインターネット普及はメールをコミュニケーションの中心に導き、ITの世界が大きく動き出した。そこで課題になったのがPC運用管理コストの増大だ。
 当時はネットワーク機器もPCも安定性に課題があり、しかもシステムの分散によりIT部門のみならず業務部門にもシステム運用管理負荷が急増していた。そこで社内に拡大するクライアント環境を迅速に把握し、保守やユーザーサポートを効率化することが大きな課題に浮上した。その頃から特に300台以上の規模でPC運用を把握する企業に普及したのがIT資産管理ツールだ。次のような機能が注目された。

【インベントリ管理機能】
 インベントリとはハード面ではPCのCPUやメモリ、HDD容量などスペック情報やネットワーク機器の情報、ソフトウェア面ではOSやアプリケーション情報のことを指す。これらをLAN経由で自動収集し、一覧できるようにした。LAN接続されていない機器を手作業で追加すればハードとソフトの「資産台帳」が出来上がり、クライアント運用管理のベースとなる。これは現在もIT資産管理の基本機能であることに変わりない(図1)。

図1 インベントリ管理画面の例
図1 インベントリ管理画面の例
資料提供:ハンモック

+拡大

【リモート管理機能・ファイル配布機能】
  インベントリ情報をベースに実際の保守・サポート業務を効率化したのは、技術者が自席にいながら遠隔のPCなどを操作できるリモート管理(操作)機能(図2)と、パッチプログラムや新アプリケーションなどを対象PCにLAN経由で配布できるファイル配布機能だ。当時からシステム保有コストの約7割が運用管理コストと言われており、そのコスト削減はTCO削減に効いた。

図2-1 リモート管理機能の例
図2-1 リモート管理機能の例
操作画面
資料提供:ハンモック

+拡大

図2-2 リモート管理機能の例
図2-2 リモート管理機能の例
複数台同時接続・監視画面
資料提供:ハンモック

+拡大


 インベントリ管理、リモート管理、ファイル配布は現在も基本機能として磨かれている。フロアマップと組み合わせて視覚的に場所を把握しながら、特定PCの環境を確認できるようにしたり(図3-1)、台帳とリース/レンタル契約情報を結びつけて管理したり(図3-2)することも可能になり運用管理負荷はますます軽減可能になった。

図3-1 フロアマップと組み合わせた表示の例
図3-1 フロアマップと組み合わせた表示の例
資料提供:ディーオーエス

+拡大

図3-2 リース/レンタル契約の管理の例
図3-2 リース/レンタル契約の管理の例
資料提供:ディーオーエス

+拡大


 またリモートでPCの省電力設定を制御し、標準的なポリシーで省電力化を図ることも可能なので、電力コスト低減にも寄与できる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT資産管理/歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

IT資産管理」関連の製品

運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢 【ディーアールエス】 情報漏えい対策から残業管理まで、統合型クライアント端末監視ツールの実力は? 【インターコム】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】
IT資産管理 統合ログ管理 IT資産管理
活用しないのはもったいない! IT資産管理ツールで企業価値を高める方法 「IT資産管理×情報漏えい対策」統合的に情報を守る、多機能サービス EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策

IT資産管理」関連の特集


仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単…



イマドキの「資産管理ツール」はIT資産の管理だけじゃない!基礎のおさらいに加え、思わぬ効果を発揮した…



現在利用中の「端末」「OS」「オフィススイート」は?今後1年以内でクライアント端末の導入予定者が検討…


IT資産管理」関連のセミナー

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 9月7日(木),11月9日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 10月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

サーバー資産管理 「ITAMマネージドサービス」ご紹介セミナー 【内田洋行】  

開催日 10月18日(水),11月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、ITAM(IT資産管理)の重要性が益々高まる中、管理対象のインフラがオンプレやクラウドや物理及び仮想化など複雑化する環境において、特に、各種ライセンス(M…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT資産管理/ 歴史で追う、IT資産管理ツール!その全貌は?(前編)90年代後半のITの歴史から基本機能を学ぶ」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007979


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ