タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

タブレット群雄割拠!
企業で使うならiOS、Android、Windows?

2015/12/14

 ビジネスシーンにおける“脱PC”が進んでいる。その一翼を担うのが「タブレット」だ。しかし、一口に「タブレット」と言っても、そのターゲットはベンダの設計思想によっても、表示と操作を兼ねるディスプレイサイズによっても異なる。さながら群雄割拠の戦国時代のような様相となっている今、入手できるタブレット製品についてスペックを追いながら最新トレンドを確認したい。

タブレット

※「タブレット/タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「タブレット/タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1ビジネス需要が堅調!「タブレット」の現状

1-1そもそもタブレット端末とは何か?

 「タブレット」とは、板状の薄型な筐体にタッチパネルを兼ねるディスプレイを搭載したコンピュータ端末のこと。主に画面を触って操作し、基本的にはキーボードやマウスのような外部入力機器を必要としない。内蔵ストレージはSSDまたはeMMC(embedded MultiMediaCard)を採用する。HDDのような可動部がなく、CPUもモバイル向け省電力タイプなのでバッテリ駆動時間が長い。つまり持ち運んで使うことを前提としたデバイスだ。

 ディスプレイサイズは、おおむね7インチ以上13インチ未満といったところ。近年、スマートフォンのディスプレイサイズが拡大の一途を辿り、6インチを超えるものも珍しくなくなっているが、タブレットは通話機能をメインとせず、基本的にはデータ通信のみのデバイスであることが大きな差異として挙げられる。

 また、無線LAN環境で運用する「Wi-Fiモデル」と、SIMカードを内蔵してLTE/3G回線も利用できる「セルラーモデル」とに大別できる。セルラーモデルにはキャリア(通信事業者)が回線契約とともにタブレット端末を提供するケースと、SIMフリー端末にMVNO業者のSIMを搭載するケースがある。

 市場的には現在「iPad」「Androidタブレット」「SurfaceおよびWindowsタブレット」という3グループで占められている。詳細は次節で解説することとして、まずは最近のタブレットの市場動向を見てみよう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

タブレット/タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

タブレット」関連の製品

全文検索・情報活用システム QuickSolution 10 【住友電工情報システム】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】
データ検索ソフト VDI ERP
50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインアップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
世界195カ国で16万社以上の導入実績。126言語、43カ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。

タブレット」関連の特集


個人では利用しているけれど…企業でオンラインストレージを本当に利用できる?という声は多い。今回は「企…



部下への気配りなど…意外とできていない?部下との関係性の構築法、ご紹介します!



シード・プランニングではテレワークの市場動向レポートを発表。その動向はワークスタイル変革の広がりにも…


タブレット」関連のセミナー

ワークショップ 「業務システムと連携するアプリ開発を体験」 【エンバカデロ・テクノロジーズ】  

開催日 7月4日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

◆エンタープライズモバイル開発ワークショップ 「業務システムと連携するアプリ開発を体験」スマートフォンやタブレットが普及する中、これらを活用して現場でITを活用…

Google for Education 活用セミナー/ /東京・Google 本社 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

〜Google for Education(Chromebooks for Education / G Suite for Education / Google…

Google for Education 活用セミナー/ /東京・Google 本社 【サテライトオフィス】  

開催日 7月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

〜Google for Education(Chromebooks for Education / G Suite for Education / Google…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

タブレット/ タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「タブレット/ タブレット群雄割拠!企業で使うならiOS、Android、Windows?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007978


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ