月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!
安く、手軽に始めるグループウェア活用術!

2015/12/07

 登場から20年以上の歴史を持つグループウェア。大企業では既に必要不可欠な情報インフラとなったが、一方で人数がそれほど多くない中堅中小企業では、“顔が見えている”安心感や“うちはアナログな紙文化だから”という理由で、グループウェアの利用にあまり意識が向いていない状況もあるようだ。
 しかしうまく使いこなすことによって、社内の風通しや従業員同士のやり取りがもっとスムーズに進むかもしれない。今では多額の初期投資を必要としないクラウドサービスが普及してきており、月額150円から手軽に始められるサービスもある。まずは本当にグループウェアが不要かどうか、見極めるところから始められてみてはいかがだろうか。

グループウェア

※「グループウェア/月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1改めて考える!グループウェアの利用メリット

1-1クラウド型グループウェアの利用メリット

 グループウェアは、企業や組織におけるスムーズな情報共有を実現するためのツールで、従業員のスケジュール管理や設備予約、社内掲示板、文書の管理、Webメールといった各種機能を提供してくれるものだ。もともとはオンプレミス製品、つまり自社内にサーバーを用意してグループウェアのソフトウェアをインストールするところから始める必要があった。

 それが今では社内に物理的なサーバーを置かなくても、インターネット経由でPCやスマートデバイスからグループウェアの機能が利用できるクラウドサービスが提供されている。サーバーを購入するなどの初期投資が全く不要で、インターネットに接続する環境さえあれば、月額料金ですぐに利用を開始できる状況になっているということだ。

 このクラウド型のグループウェアを利用することで得られるメリットには、大きく3つの観点がある。情報の共有/業務の効率化を図れること、専任のIT担当者が不要なこと、そしてITコストが低減できることだ。

■情報の共有/業務の効率化

 上でも触れた各種機能を提供してくれるグループウェアは、企業にスムーズな情報共有の環境を提供し、更に日常業務を様々な側面で支援することで業務効率の向上をもたらしてくれるものだ。
 例えば情報共有については、従業員のスケジュールを見える化し、空き時間を確認してから打ち合わせなどの予定を設定することができるし、文書管理の機能を使えば、営業資料や会議資料などを関係者で共有することができる。また、ワークフローの機能を提供しているサービスを利用すれば、ペーパーレスでPC上から申請書類の作成とその後の回覧までを行うことが可能だ。グループウェアは煩雑な社内業務にストレスを感じている企業に対して、1つの解決策を提示してくれるツールだと言えるだろう。

■専任のIT担当者が不要

 専任のIT担当者をもつことが難しい中堅中小企業にとって、クラウドサービスは打ってつけの解決策となる。従来必要だったサーバーの設定やソフトウェアのインストールなども不要で、インターネットに接続する環境さえあれば、簡単にグループウェアの利用を開始することができる。例えば総務部門の従業員がサービスの利用窓口となっても、大きな負担になることはない。クラウドサービスの利用は、マンパワーの問題もクリアできる選択肢となる。

■ITコストの低減

 中堅中小企業にとって、お金の問題も非常にシビアだ。市場でオンプレミス製品しか提供されていなかった時には、サーバーの購入費用やソフトウェアのライセンスフィーなど、多額の初期投資が必要だったが、クラウドサービスを選択することで、利用ユーザ数に応じた月額利用料金だけで、すぐにグループウェアの使用を開始できるようになる。中には、20ユーザで月額3000円から利用でき、1人あたりに割り戻すと150円で使用できるものもある。サービスの利用停止も非常に簡単で、止めたくなったら遅くとも翌月には利用を止めることが可能だ(最低限の利用継続期間を設けているサービス事業者もある)。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 AXIOLE 【ネットスプリング】 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣 【富士通】
ワークフロー 認証 VDI
9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 11社の事例で解説、ワークスタイル変革を実現する秘訣

グループウェア」関連の特集


方式が異なるとコストも変わるみたいだけど、どれがよいのか?既存システムとの相性は?…など、ワンタイム…



BCP対策で最優先される社員保護対策の中で特に重要視されるのが災害時の初動対応…その際“安否確認情報…



第2次ワークフローブーム到来!内部統制、コンプライアンスに有効な、最新ワークフローツールの活用方法を…


グループウェア」関連のセミナー

【大阪】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 1月19日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー 【ネオジャパン】 注目 

開催日 1月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

【札幌】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 月150円スタートやプロジェクト単位での導入も!安く、手軽に始めるグループウェア活用術!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007977


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ