制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

制度の目的は?いつまでに何をする?
5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎

2015/11/09

 経営資源は「ヒト・モノ・カネ・情報」といわれるが、その筆頭である「ヒト」に重大な危機が訪れている。メンタル不調による生産性低下、休職や退職、極端なケースでは自殺にまでつながる事態が頻発しているのだ。その社会的コストは2008年時点で約8兆円と推定されている(統合失調症、うつ病性障害、不安障害の疾病費用:平成22年度厚生労働省障害者福祉総合推進事業補助金「精神疾患の社会的コストの推計」より)ほどだが、企業のメンタル不調者の数は年々増加しており、どこかで歯止めをかけなければならないことがかねてから指摘されてきた。この問題に対する国の新しい対策の1つが「ストレスチェック」の義務化だ。今回はこの制度の主旨を改めて確認し、ストレスチェックを実施するための行動を簡潔に解説していく。

ストレスチェック

※「ストレスチェック/制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレスチェック/制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1メンタルヘルスの悪化状況は?

 まずは制度の背景をなす労働者のメンタルヘルス悪化の状況を見てみよう。図1は、2015年6月に公表された「平成26年度 過労死等の労災補償状況」(厚生労働省)の精神障害にかかわる労災請求・決定件数の推移の状況だ。

図1 精神障害にかかわる労災請求・決定件数の推移
図1 精神障害にかかわる労災請求・決定件数の推移
平成26年度 過労死等の労災補償状況
資料提供:厚生労働省

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレスチェック/制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレスチェック」関連情報をランダムに表示しています。

ストレスチェック」関連の特集


 前回は、今年12月より義務化される「ストレスチェック制度」について、産業医の視点からあえて“過度な…



 前回、前々回と日本企業におけるメンタル不全の現状や、メンタル問題がもたらす企業リスクについて紹介を…



 こんにちは。カウンセラーの咲江です。 キーマンズネット・コラム記事3回に渡って2015年12月より…


「人事管理システム」関連の製品

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理) 【電通国際情報サービス】 タレントマネジメントサービス 「CYDAS HR Platform」 【ソフトバンク コマース&サービス】 人事統合システム「ADPS」 (人事・給与・就業・申請) 【カシオヒューマンシステムズ】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。 人材の才能を引き出す、最先端のタレントマネジメント機能を搭載したクラウドベースの人材プラットフォーム。人材や組織のデータを蓄積・分析・予測し、人事戦略へ活かす。 「分かりやすく、シンプルに」をコンセプトに、企業のあらゆる人事業務を、より効率的かつ的確にサポートするパッケージシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレスチェック/ 制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレスチェック/ 制度の目的は?いつまでに何をする?5分で分かる「ストレスチェック義務化」の基礎」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30007973


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ