SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

SSDかサーバーサイドフラッシュか?
サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?

2015/10/19

高速・高信頼ストレージの主役を担ってきたSASディスクの価格が高止まりし、先行き不安も語られるようになった昨今、それに代わるストレージとして注目されているのが「フラッシュストレージ」。SAS/SATA HDDとは比較にならないランダムリード/ライトの高速性を生かした導入例が数年前から急増、今年に入ってからはSASディスクストレージとの実コスト逆転も現実のものになってきた。しかしHDDとは異なる特徴をもつフラッシュストレージだけに、導入に慎重になるのも無理からぬこと。今回は最新フラッシュストレージがその不安にどう応えるかを特集する。第1回目の今回はサーバー処理速度を高速化する「SSDドライブ」と「サーバーサイドフラッシュ」に注目して、導入効果と適性を考えてみる。

フラッシュストレージ

※「フラッシュストレージ/SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「フラッシュストレージ/SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1そもそもフラッシュストレージって何?

 USBメモリなどの半導体メモリデバイスの主流が「フラッシュメモリ」なのはご存知のとおり。同じ原理のメモリを多数並べ、HDD並みの容量になるよう組み上げ、HDDの動作を模倣するようにしたのがSSD(Solid State Drive)、SSDを複数台搭載してディスクアレイ装置のように仕立てたのが「フラッシュアレイ」だ。SSDはSASまたはSATAインタフェースを備えるためHDDとまったく同様に利用できる。
 この2種類以外には、サーバーの拡張ボードなどに使われているPCIeインタフェースを利用してCPUやメモリのすぐ近くで高速にフラッシュメモリへの読み書きを行える「サーバーサイドフラッシュ」と呼ばれるボード型のストレージ(PCIe SSDと呼ぶ場合もある)がある。またSSDでありながらHDD互換インタフェースでなく、独自FPGAにより効率的なフラッシュモジュール利用を図る製品もある。本稿ではこれらの全部を総称して「フラッシュストレージ」と呼ぶ。ここでは企業用途、サーバー接続用途の製品について説明していく。

図1 SSD(左)とPCIe SSD(右)の外観例
図1 SSD(左)とPCIe SSD(右)の外観例
(左) 東芝:PX04SHB160 
(右) Intel:Solid-State Drive DC P3700 Series 

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

フラッシュストレージ/SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フラッシュストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

フラッシュストレージ」関連の製品

ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
サーバー仮想化 NAS NAS
ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。 「高密度SSD対応フラッシュストレージ」で得られるメリットを詳細解説 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

フラッシュストレージ」関連の特集


データ通信速度が高速化していく中、HDDではなかなかI/O速度が追いつかない…。そんな弱点を解消する…



300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明ら…



サーバ仮想化に続き注目を集めるVDI。しかし物理PCの買い替え費用の削減目的で導入すると失敗の可能性…


フラッシュストレージ」関連のセミナー

フラッシュ時代を見据えたストレージネットワーク講座 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

アプリケーションのパフォーマンス向上やユーザーに対するサービスレベルの向上を目的に、オールフラッシュ・ストレージの導入が増えるなか、残念ながら期待する性能がえら…

NVMe over Fabricsにファイバーチャネルが選ばれる理由 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

フラッシュ・ストレージの導入とともに、ポストSCSIとして注目を浴びているのが「NVMe」です。ここまでSCSIプロトコルが絶対であった理由は、デバイスのアクセ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

フラッシュストレージ/ SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「フラッシュストレージ/ SSDかサーバーサイドフラッシュか?サーバー直付けフラッシュストレージ、選ぶなら…?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30007970


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ