コミュニケーションツールの導入状況(2015年)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

コミュニケーションツールの導入状況(2015年)

2015/11/10


 キーマンズネットでは、2015年8月26日〜9月10日にかけて、「コミュニケーションツールの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:347件)。回答者の構成比は、情報システム部門が40.6%、一般部門が59.4%だった。

 本調査でいう「コミュニケーションツール」とは、「グループウェア」「コラボレーションツール」「オンラインストレージ」「ファイルサーバ」「電子メール」「チャット/インスタントメッセージングツール」「社内SNS」「EIP(企業情報ポータル)」「文書管理ツール」を指す。今回は、これらツールの「導入率」「選定時に重視するポイント」「導入時に期待するもの」「導入後の課題」などを聞いた。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

※「コミュニケーションツール/コミュニケーションツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「コミュニケーションツール/コミュニケーションツールの導入状況(2015年)」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

ツールによって導入率が極端に異なる

 まず、コミュニケーションツールの導入状況について尋ねた(図1)。導入済みという回答が多かったのは、「電子メール」(導入済み98.2%)や「ファイルサーバ」(導入済み91.4%)、「グループウェア」(導入済み79.0%)の3ツールが、8割程度もしくはそれ以上の導入率だった。

 また、導入率8割にまでは至らないものの比較的導入が進んでいるツールとしては、「チャット/インスタントメッセージングツール」(導入済み40.6%)、「文書管理ツール」(導入済み43.8%)、「オンラインストレージ」(導入済み40.0%)などだった。

 一方、導入率が低く、導入予定なしという回答が優勢なのは「コラボレーションツール」(導入予定なし71.3%)、「社内SNS」(導入予定なし68.3%)の2ツールだった。

図1 会社で導入しているコミュニケーションツールの導入状況(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 会社で導入しているコミュニケーションツールの導入状況(複数回答)
このページの先頭へ

2

2大選定ポイントは「導入・運用コスト」と「ツールの操作性」

 次に、コミュニケーションツールの選定ポイントについて複数回答方式で質問した(図2)。最も多かったのは「導入コスト/運用コスト」の71.7%だが、2位の「ツールの操作性」69.9%と僅差だった。以下、「安定性/可用性」(59.9%)「運用管理のしやすさ」(52.8%)、「導入の容易さ」(36.3%)と続いた。

 「スマートフォン/タブレット対応」(19.9%)や「機能の豊富さ」(13.4%)といったユーザ目線に近いポイントはそれほど重視されておらず、全体的に運用側のメリットを重視する傾向がみられたが、その中でも「ツールの操作性」、「安定性/可用性」は高い数字を示しており、導入後にユーザがツールを利用しなくなるようなケースを回避するためのポイントと考えているようだ。

図2 コミュニケーションツールの選定で重視するポイント(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 コミュニケーションツールの選定で重視するポイント(複数回答)
このページの先頭へ

3

1001名以上の企業では「生産性向上」への期待が約98%

 ところで、コミュニケーションツールの導入に際して「期待する効果」は何だろうか?複数回答方式で聞いたところ、最も高い数字となったのは「チームメンバーの生産性向上」(61.6%)だった(図3)。僅差の2位に「ノウハウの蓄積ができる」(58.8%)が入り、「意思決定や業務のスピード向上」(49.4%)、「意思決定/作業プロセスの履歴が取れる」(44.7%)と続いた。
 従業員規模が1001名以上となる大企業では、全ての回答において全体値よりも10ポイント以上高い数字となっており、特に「チームメンバーの生産性向上」は97.6%、「ノウハウの蓄積ができる」は80.0%という結果になっている。従業員規模が大きくなれば、拠点をまたがってプロジェクトを推進するケースも想定されるため、大企業ほどコミュニケーションツールにかける期待が強いようだ。

図3 コミュニケーションツールの導入で期待する効果(複数回答)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 コミュニケーションツールの導入で期待する効果(複数回答)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

コミュニケーションツール/コミュニケーションツールの導入状況(2015年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コミュニケーションツール」関連情報をランダムに表示しています。

コミュニケーションツール」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】
文書管理 Web会議 グループウェア
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

コミュニケーションツール」関連の特集


 前回のコラムでは、Google Driveの活用方法と共有権限についてご紹介しました。Google…



「秘密結社 主夫の友」総統の村上誠さんが抱く野望…「政府が“2020年に女性管理職3割”を目標として…



従業員が個別のデスクを持たないワークスタイルは本当に実現可能?そこで必須となるのが、フリーアドレス。…


コミュニケーションツール」関連のセミナー

【札幌】desknet's NEOじっくり触れる!ハンズオンセミナー 【主催:ネオジャパン/共催:リコージャパン】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 北海道   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」の各機能をご紹介するセミナーです。徹底した「現場主…

【大阪】現場から始める働き方改革セミナー 【ネオジャパン】 締切間近 

開催日 1月31日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

1社1台のパソコン環境でご体験いただきながら、グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツネオ)」、ビジネスチャット「ChatLuck(チャットラッ…

顧客体験向上!情報をつなぎサイロ化を解決するポータルとは? 【日本ライフレイ】 注目 

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、様々なツールやシステムの普及により、顧客や製品情報の管理が複雑化しています。顧客が必要なサポートや情報をタイムリー且つ、優れた顧客体験を提供する事に課題を…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

コミュニケーションツール/ コミュニケーションツールの導入状況(2015年)」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「コミュニケーションツール/ コミュニケーションツールの導入状況(2015年)」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007964


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ