スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」(3)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」

2015/12/02


 今回のテーマはさまざまな機器とスマートデバイスをWeb技術でつなぐ「デバイスWebAPI」。これから続々登場することが予想されるウェアラブルデバイスや各種ガジェット、IoTデバイスなどとスマートデバイスとの連携になくてはならない通信部分の開発をする代わりに、アプリのコードにチョチョイとはめこめば使える標準APIが登場しています。NTTドコモをはじめ国内大手キャリアなどがこぞって「デバイスWebAPIコンソーシアム」を設立、標準化・普及活動の中心をなすオープンソースの「GotAPI」(ゴットエーピーアイ)は、すでにスマホアプリとして利用できるようになっています。いったいどんな仕組みなのでしょうか。

デバイスWebAPI

※「デバイスWebAPI/スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デバイスWebAPI/スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



3

関連するキーワード

どういうもの?

 スマートフォンなどモバイルデバイスのアプリ開発には、各OSベンダーがSDK(Software Development Kit/ソフトウェア開発キット)を提供しており、それに則って開発を行うのが基本になる。それで作られたアプリを「ネイティブアプリ」といい、パフォーマンスに優れるなどの利点がある反面、OSが違うと開発プログラムの再利用ができず、複数デバイスに対応するアプリは作りにくい。一方、Webアプリはブラウザで利用することができるため、標準的なWeb技術が踏襲でき、OSに依存しない良さがある。ただしレスポンスはネイティブアプリに劣り、機能にも制限がある。ハイブリッドアプリはネイティブアプリの中にWebアプリの要素を取り込んだタイプで、Webアプリの弱点を補填することができ、またOSが違ってもWebアプリ利用部分は共通するのでコーディング量が少なくなるなどの利点がある。なお、ワンソースでマルチデバイスに対応したアプリを作成できるPhoneGap(Cordova)ベースの開発ツールや、monacaのようなハイブリッドアプリ開発を効率化するツールが利用できる。

デバイスWebAPI 」との関連は?
 デバイスWebAPIは、スマートフォンアプリがネイティブアプリであれWebアプリであれ、ハイブリッドアプリであれ、同様に外部デバイスとアプリとの間に介在し、双方の通信を仲介する。したがってアプリ側では外部デバイスの通信仕様を意識する必要がなく、作成したアプリのコードの再利用性も高くなる。各種開発ツール、あるいはmBaaSを利用する場合にも、開発生産性を上げることに貢献しそうだ。

どういうもの?

 世界の主要な携帯電話事業者、デバイスおよびネットワークサプライヤ、情報技術会社、コンテンツやサービスプロバイダにより2002年6月に結成された標準化団体。モバイルデバイスを利用する相互運用可能なサービス仕様実現を目指している。

デバイスWebAPI 」との関連は?
 デバイスWebAPIが利用するフレームワークであるGotAPIはOMAによって規格化された。

どういうもの?

 IoT利用に関する規格。例えば(1)OSベンダー主導のフレームワーク(HomeKit、Brillo)、(2)特定用途・機器向け(AndroidWear、watchOS、GoogleCast、EchonetLite〈国内規格〉、(3)マルチレイヤーのOSSフレームワーク(AllJoyn、IoTivity)、(4)オープンソースハードウェア(Raspberry Pi、Arduino)、(5)Web標準(WebRTC、デバイスAPI、Web Bluetooth)、(6)メーカー独自仕様(無線LAN接続、Bluetooth機器、スマートフォンではないAndroid端末(HMDなど)など、(7)サービス(IFTTT、myThings、mBaaS)などがある。

デバイスWebAPI 」との関連は?
 各種のIoT規格の差異をデバイスWebAPIが吸収するため、アプリ側では外部デバイスの規格対応を意識して開発する必要がない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ

デバイスWebAPI/スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デバイスWebAPI」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】 三菱電機がIoTで作る「つながる向上」──AI活用による予知保全も視野に 【日本アイ・ビー・エム】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。 三菱電機がIoTで作る「つながる工場」──AI活用による予知保全も視野に

「開発環境/BaaS」関連の特集


クラウドの一領域に加わった「BaaS」について紹介。SaaSともIaaSとも違うこのサービスはどんな…



 モバイルアプリやクラウド技術、検索、音声認識など、様々な研究開発を行うGoogle。アプリを取り巻…



開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される…


「開発環境/BaaS」関連のセミナー

アジャイルスクラムファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 12月12日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナルを対象にアジャイルスクラムの基礎知識を学習し、オランダEXINが配信している国際資格「アジャイルスクラムファンデーション認定資格…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デバイスWebAPI/ スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デバイスWebAPI/ スマホと外部デバイスとの接続はお任せ!「デバイスWebAPI」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007960


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ