4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方

2015/11/18


 今回のキーワードはLTE/LTE-Advancedの次の移動通信システム規格となる「5G」。規格化はまだ先の話ですが、日本が掲げる目標は面積あたり容量で現在の1000倍、体感スループット100倍、ピークデータレート10Gbps以上、同時端末接続数100倍というハイレベルなもの。従来技術の延長だけでは困難なこの目標を、2020年までに実現しようと通信会社は日々奮闘しています。どんな技術が使われ、私たちの生活やビジネスをどう変えてくれるのでしょうか?

5G

※「5G/4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「5G/4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「5G」はどこまで来ているの?

 現在の最先端移動通信規格は「4G」と呼ばれるLTE-Advancedだが、その次の世代の規格となるのがまだ正式名称のない「5G」だ。詳細な仕様は何も決まっていないが、コンセプトはもうはっきりした。リードしているのはNTTドコモと総務省。実現時期の目標は2020年オリンピック/パラリンピック東京大会だ。残された時間は約5年。現在検討されている技術がそれまでにどれだけ洗練できるかが鍵になりそうだ。

1-1

「5G」に求められることとは?

 モバイルデバイスが隅々まで普及し、IoTデバイスが急増している現在、移動通信のレベルアップは不可欠だ。今年6月の総務省調査によれば、同月平均トラフィックは1032.3Gbps(音声通話と公衆無線LANトラフィックを除く)、直近1年で302.4Gbps(約1.4倍。直近3年では3.76倍)増加している。LTE加入者数の増加や動画などの大容量トラフィックが増加要因とされているが、これから盛んになっていくであろうスマートフォンなどを対象にした4K/8K動画ストリーミングや、動画などを含むSNS、AR(拡張現実)技術を利用するアプリケーションやサービス、更には触覚通信といった従来とは次元が異なるデータサイズのアプリケーションやサービスが増えていくことを考えると、トラフィックが更に増加し続けることは間違いない。飛躍的な移動通信の性能向上が必要なことは誰の目にも明らかだろう。
 国内ではすでに「本当の4G」であるLTE-Advancedサービスが始まっていて、現在では最大300Mbpsの移動通信が可能になった。来年中には3.5GHz帯の導入によりそれを超える速度に発展することが見込まれているのだが、規格上の最大速度は3Gbps。しかも利用できる周波数帯域が限られるため、上限に行き着くはるか以前に限界を迎える。
 その限界を超える新規格が「5G」だ。最大速度3Gbps超は当然だが、どこまでの通信性能を目指すのか、世界各国の事情がそれぞれあるものの、現在では目標とする性能がほぼ合意されているという。図1にその目標値を示す。

図1 「5G」の目標性能
図1 「5G」の目標性能
2020年以降を目指した超大容量・超高速・超低遅延通信の実現により、多種多様なサービスのサポート を実現する次世代移動通信システム5G
資料提供:NTTドコモ
■平方キロメートルあたりの容量は1000倍に

 どれだけ多くのトラフィックをさばくことができるかを示すのが「容量」の数字だ。2020年代の移動通信のトラフィック量は2010年比で1000倍以上になると見込まれている。それに対応できるシステム容量が必要だ。これが5Gの最も基本的な要件となる。

■ユーザー体感スループットは100倍に

 移動通信のスループットが理論最大速度よりかなり低いことはご存じのとおり。都市部の駅やショッピングモールなどではトラフィックが多いために特に使いにくくなることが多い。時間帯によってもかなり違っていてユーザーの不満のもとになっているのだが、これを解消することも5Gのテーマの1つだ。そのためには飛躍的な高速化が必要になる。目標値はLTEとの比較で100倍程度の体感スピードの実現だ。どのような環境・時間帯でも1 Gbps以上のデータ伝送速度の達成が目標にされている。ピークデータレートは10Gbps以上が目標になる。

■無線区間は1ms以下の低遅延化

 ARアプリケーションやIoTデバイスのリアルタイム通信をはじめ、高速なレスポンスが不可欠なサービスが増えることが見込まれるため、ネットワーク遅延をできるだけ抑える必要がある。これは無線通信だけで達成できることではないが、少なくとも無線区間の遅延を1ms以下にすることが目指されている。

■多数の端末の同時接続

 各種のスポーツ会場やイベント施設のような多人数が集まるところでは、同時に接続する端末が多いためにつながりにくくなるのが問題だ。クラウドサービスへの同時接続がより一般的になり、IoTデバイスが急増することを加味すると、特に端末が過密になる場所では同時に接続できる台数を増やす必要がある。これもLTEとの比較で100倍以上の同時接続を可能にすることが目標とされている。

■低コスト・低消費電力化

 こうした飛躍的な性能向上を目指す一方で、それに比例して電力消費が増えるのはコスト面でも環境負荷の面でも許されない。端末の消費電力を抑えてバッテリー寿命を延ばすことはもちろんだが、ネットワーク側の電力消費を低減することが肝心だ。これには無線設備だけでなく、基地局と交換局を結ぶ有線ネットワーク(バックホール)を含めた取り組みが必要になる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2016/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 象印マホービン 圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-YB10」 
●A賞:抽選で1名様
 HUAWEI Windows 10 Pro搭載 2in1デバイス「HUAWEI MateBook M3」 
●C賞:抽選で1名様
 iRobot 床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」 
●D賞:抽選で1名様
 プリンセス 大皿みたいな白いホットプレート「Table Grill Pure」 
●E賞:抽選で2名様
 ASUS 毎日の健康をスマートに記録「VivoWatch」 

このページの先頭へ

5G/4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「5G」関連情報をランダムに表示しています。

5G」関連の製品

ビーコンによる動線分析ソリューション Location Data Analyzer 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 AsReader 【アスタリスク】
データ分析ソリューション ハンディターミナル
場所を選ばず簡単に設置可能な小型軽量のビーコンを用いて、人やモノなどの経営資源の位置情報や動きを「見える化」することで、業務効率アップや売上拡大を支援。 iPhone/ iPod touchに装着して活用できる、ケース型のバーコードスキャナ及びRFIDリーダー/ライター(UHF帯)。

5G」関連の特集


日本の大手ICTベンダ5社が手を組み総額60億円をかけて挑む「O3プロジェクト」。日本の技術が世界の…



基幹ネットワークの高速化が期待される中、1波長あたり1Tbpsを超える超高速伝送技術が新登場!既存速…



第4次産業革命を支えるIoTの重要な要素技術であるM2M国際標準「oneM2M」。発表されたリリース…


「スマートフォン」関連の特集


 会議でわからない言葉や情報があると「Google検索」に頼ることが多いと思います。しかし、Goog…



 アイデアを生み出すためには、様々な方法があると思います。私はマインドマップを使ったり、自分の考えを…



 前回は、今後市場が急速に拡大していくことが予想される情報家電のセキュリティにおける課題について説明…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

5G/ 4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「5G/ 4Gの先にある世界!体感スループット100倍を目指す「5G」の行方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007959


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ