この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ホスティング(アウトソーシング)

2015/07/28


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ホスティング(アウトソーシング)のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年のホスティング(アウトソーシング)市場規模は2770億円と見込まれている。当該サービスは、運用サービス領域がインフラ部分に加えミドルウェア/アプリケーション部分までとし、付随する通信回線の売上は除いた。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位、3位、4位(各21.0%、12.4%、3.6%)はいずれもコンピュータベンダで、サーバーやミドルウェアなど基盤部分から自社製品を提供可能なため、当該ビジネスへの注力度が高い。2位は17.0%で、グループ企業への安定した売上に加えて、大手企業への外販に注力している。
 ITシステムの“所有”から“利用”への流れが加速し、オンプレミスやハウジングから当該サービスへの移行が進んでいる。今後は、企業での基盤統合などを目的としたホスティング型プライベートクラウドの利用が増加するとみられ、当該市場の拡大要因と見込まれている。一方、オープン化の流れによる、メインフレームや汎用機を利用したサービスの緩やかな減少や、パブリッククラウド(オーダーメイド)との競合激化も予測されている。そのため、当該市場は大きな成長は期待できないが、一定の市場規模を保ちながら緩やかに規模を拡大していくとみられる。

ホスティング(アウトソーシング)シェア

ホスティング(アウトソーシング)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ホスティング/「ホスティング」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

ホスティング」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】 Web会議システム「LiveOn」 【ジャパンメディアシステム】
メールセキュリティ IaaS/PaaS Web会議
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 4500社以上の導入実績。CD並みの音声品質と途切れを回避する独自機能を搭載し、カスタマイズにも柔軟に対応できるWeb会議システム。

ホスティング」関連の特集


 中小企業の場合、従来型のホスティングサーバを、会社のメールサーバとして利用されていることも多いと思…



クラウドへの移行、自社ITのクラウド化などを進める企業が増えつつある中で、データセンタに求められる要…



10月に正式仕様公開となったEPUBバージョン3。日本の電子書籍業界にグローバルスタンダードの波が押…


「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ホスティング/ 「ホスティング」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ホスティング/ 「ホスティング」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007955


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ