この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内PC

2015/07/21


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内PCのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2015年第1四半期(1月〜3月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が194万台で前年同期比45.6%減、家庭市場は126万台で同比33.8%減。計320万台、同比41.5%減となった。
 前年同期比41.5%減は同社が国内調査を開始して以来最大の下げ幅。要因として、前年同期に起きた、Windows XPサポート終了と消費増税にともなう駆け込み需要からの反動が挙げられている。金融危機が起きた2009年同期が8.6%減、東日本大震災が起きた2011年同期が16.2%減であり、これらと比較しても大きな下げ幅となっている。特に家庭市場は、スマートフォンやタブレットの影響を受け、2015年第1四半期の出荷台数は1999年以来の少ない台数になっている。
 ベンダ別の市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、1位のベンダが24.6%、2位17.9%、3位12.7%、4位10.5%、5位9.5%で、2014年第4四半期(10月〜12月)と比べて上位5社の順位の変動はなかった。2位のベンダは、ビジネス市場ではシェアを上げ1位となった。また、他ベンダが4割を超えるマイナス幅となったビジネス市場で、3位のベンダは3割を切る程度に抑えている。
 前年同期の出荷台数は500万台を超え、その反動から2015年第1四半期は大きな下げ幅となったが、反動が収まったとしても、以前の状態に戻れずに落ち込みが続く可能性があると分析されている。

国内PCシェア

国内PCシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

国内PC/「国内PC」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「国内PC」関連情報をランダムに表示しています。

国内PC」関連の特集


2010年第2四半期の出荷台数が、前年同期比13.5%増の2桁成長を遂げた「国内PC」市場。同製品の…



2015年第4四半期は、前年同期比16.4%減の245万台だった同市場。激動の2015年度でシェア率…



2015年第3四半期は、前年同期比22%減となった同市場。Win10がリリース後、需要喚起につながら…


「デスクトップパソコン」関連の特集


2015年10月に国内企業で最も利用されているクライアントOSを調査。サポートが終了したにも関わらず…



2013年第1四半期、出荷台数で412万台となったPC市場。タブレットなどによって苦境に立たされる中…



XPサポート終了にともなう買い替え需要で、前年比1.7%増と、6四半期ぶりのプラス成長となった同市場…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国内PC/ 「国内PC」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国内PC/ 「国内PC」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007954


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ