「ハウジング(アウトソーシング)」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ハウジング(アウトソーシング)

2015/07/07


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ハウジング(アウトソーシング)のシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2015年の国内ハウジング(アウトソーシングサービス含む)市場規模は2610億円で、内ファシリティが1200億円、運用サービスが1410億円と見込まれる。当該サービスは、インフラ部分に加えミドルウェア/アプリケーション部分までを運用サービス領域とし、ファシリティとインフラ運用のみ提供される基本的なハウジングサービスは除外されている。今回の調査ではまた、付随する通信回線サービス、及び他データセンター事業者向けサービスの売上は除外した。
 当該サービスは基本的にSI系事業者がシステム設計/構築とワンストップで提供し、新規システム案件に加え、システム更改を期にオンプレミスや基本的なハウジングサービスから移行するケースが多くなっている。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、1位のベンダは17.8%で、グループ企業向けの実績が高いものの業種を問わず外販ビジネスが増加しており、堅調に実績が拡大している。2位は大型案件の受注があり13.6%で、3位は12.9%、4位は10.7%である。
 今後、ホスティング/クラウドへの移行や、仮想化の進展にともなう利用ラック数の減少などが、市場阻害要因として挙げられる。しかし、企業におけるITシステム運用の負荷は増加しており、新規案件に加え、基本的なハウジングサービスユーザのフルアウトソーシングニーズの拡大により、当該市場は堅調な拡大が予測される。

ハウジング(アウトソーシング)シェア

ハウジング(アウトソーシング)シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ハウジング/「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ハウジング」関連情報をランダムに表示しています。

ハウジング」関連の製品

「クラウド移行は何となく不安」から抜け出すためのヒント 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 ハードの在庫を持たずに即時のITリソース増強、沖縄クロス・ヘッドの調達術とは 【日本ヒューレット・パッカード】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS 垂直統合型システム
漠然とした不安からクラウド移行に踏み出せない企業は多い。分からないから使わない、使わないから分からないという循環から抜け出すべく、必要な知識をまとめて解説する。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 ハードの在庫を持たずに即時のITリソース増強、沖縄クロス・ヘッドの調達術とは

ハウジング」関連の特集


進化を続けるデータセンタ。今後登場予定の新しいデータセンタの特徴とは?東北関東大震災を受けてのユーザ…



MM総研が実施した第1回 ビジネスクラウド総合評価調査では、NTTコミュニケーションズが最高評価を獲…



開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。では“基幹系シ…


「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ハウジング/ 「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ハウジング/ 「ハウジング(アウトソーシング)」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007952


IT・IT製品TOP > データセンター > ハウジング > ハウジングの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ