複数のビルの消費電力をまとめて管理−日本IBMの事例から学ぶ−

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


複数のビルの消費電力をまとめて管理−日本IBMの事例から学ぶ−

本記事はモノづくりスペシャリストのための情報ポータル MONOist から転載しています。

ビルの消費電力を削減するにはどうすればよいだろうか。どのビルでも消費電力量をモニタリングできる。しかし、昨今の電力事情に対応するのは難しい。日本 IBM は人の動きを低コストで検知するなど、複数のビルにまたがったエネルギー管理システムを作り上げた。

国内の大規模なオフィスビルでは、空調や照明などのモニタリングがごく当たり前になっている。しかし、各ビルの管理システムはビル内で閉じていることが多く、複数のビルの状態を常時モニタリングし、分析を加え、消費電力を引き下げ、資産を運用することは容易ではない。
 日本 IBM によれば、全世界のエネルギーの 1/3 がビル内で消費されており、都市への人口集中が続くことから、2025 年には交通部門や製造部門よりもビルの排出する CO2(二酸化炭素)の方が多くなる見込みだという。
 10 年以上の未来を展望しなくても、国内では照明や空調の削減が強く求められている。
 既に省エネの進んだ大規模オフィスビルではこれ以上、何ができるのだろうか。日本 IBMの事例にはヒントが隠されている。

照明や空調とノート PC をヒモ付ける

誰もいない部屋の照明や空調ほど無駄なものはない。だが、個々の従業員に管理を任せるだけでは限界がある。オフィス全域に人感センサーや GPS などを導入すれば管理できるものの、コストが掛かりすぎる。どうすればよいのだろうか。
 日本 IBM は、本社オフィス(IBM 箱崎ビル、地上 25 階、延べ床面積 13 万 5600m2)に設置されている無線 LAN とノート PC を使って、照明と空調の状況を分析、管理している。無線LAN のアクセスポイントは位置が固定されているため、フロアの区画とのマッピングはたやすい。
 約 3 万 5000 台のノート PC が接続するアクセスポイントをリアルタイムに把握することで、ビル管理システムと照合し、空調制御の最適化につなげることができた(図 1)。ノート PC の接続状況とセキュリティシステムを連動することで、管理コストを下げるだけではなく、運用コスト削減の相乗効果を生むこともできるという。
 「本社オフィスは 10 年間で従業員の数が 2 倍になる一方、エネルギー消費量は 1/2 に減っている。既に無駄を絞りきったビルで、さらにエネルギー消費量を減らすには、人の位置情報がどうしても必要だった」(日本 IBM ソフトウェア開発研究所 Tivoli 開発の磯部博史氏)。

図 1 照明と空調の状況を把握・分析する手法  [ 出典 ] 日本 IBM(以下の図も同様)
フロア別、時間別の在籍状態を IBM Cognos Business Intelligence で表し、資産管理、作業管理が可能な IBM Maximo Asset Management で KPI(key performance indicator)を表示している。必要なセンサー情報は BEMS から 取得している。
範囲が狭ければセンサーがよい

利用者の出入りが激しく、空室になることが多いフロア区画がある。会議室だ。日本 IBM本社では18カ所の共同会議室に人感センサーを配置し、リアルタイム監視ソフトとしてIBM Tivoli Netcool を使い、リレー盤とも接続した。会議室予約システム(IBM Lotus Notes)との連携動作を狙い、会議室利用率の最適化も試みた(図 2)。リレー盤と IBM Tivoli Netcoolの接続では、事業パートナーの旭エレクトロニクスが取り扱う「OPTO 22 SNAP PAC System」を使った。

図 2 会議室システムの構成図
Web上の会議システム予約システム以外に、液晶ディスプレイを使ったサイネージ画面も用意した。
複数の事業所をまたがった管理へ

以上の2つの事例では、最適化範囲が1つのビル内にとどまっている。日本IBMはクラウド(IBM Smart Business Cloud Enterprise)を使った電力モニタリングシステムも構築した。関東地方の3つの事業所のBEMS(Building and Energy Management System)情報を1時間ごとに取得し、IBM Maximo Asset ManagementをWebサービスとして利用して、2種類の方法で消費電力データを表示できるようにした。
 1つは一般社員向けの表示だ。社内の88のWebサイトのページ右上に小型のウィジットを埋め込んで、電力の使用状況をグラフ表示したり、過去13時間の電力使用状況を確認できるようにした。電力使用状況を見える化することで、節電意識の向上を狙ったという。
 もう1つは、管理者向けのダッシュボード表示だ。目標値に対する達成度(KPI)を表示することで、期間ごとの消費電力計画を立てやすくする。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】 無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】 請求管理ロボ 【ROBOT PAYMENT】
ワークフロー UPS 販売管理システム
企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。 請求・集金・消込・催促という一連の売掛金回収業務を自動化し、統合管理できるクラウド型請求管理システム。API/CSVで販売管理・会計システムの双方と連携できる。

新着特集


GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応するこ…



定点観測で見えてきたのは、ニーズが高まる現場に対して意識改革が進まない経営層の姿。アンケートから日本…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…


新着セミナー

Dr.Sumで学ぶ実践BIゼミ前知識ゼロからわかるハンズオンセミナー 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 福岡県   参加費 無料

本セミナーは2部構成となっております。第1部の製品紹介&ハンズオンでは今後データ活用ツールの導入をご検討されている企業様向けに、製品で解決できる課題や活用のポイ…

e-文書法で変わる帳票運用〜最新事例に学ぶ「帳票電子化」対策〜 【ウイングアーク1st】  

開催日 5月16日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

時代に応じて多様化を続けてきた企業システムにおける帳票運用。本セミナーでは、コスト削減、グローバル化、e-文書法に対応したペーパレスなど帳票に関わる課題と新たな…

「モノづくりを変える17の気付き」東京 6月 セミナー 【PLMレボリューション】  

開催日 6月28日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「プロセス」基盤のモノづくり業務構造を、情報処理基盤の次世代PLMとして再構成することで、モノづくり競争力の大幅な向上を目指しており、実現に必要な取り組みの考え…

このページの先頭へ

/複数のビルの消費電力をまとめて管理−日本IBMの事例から学ぶ−」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/複数のビルの消費電力をまとめて管理−日本IBMの事例から学ぶ−」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007920



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ