【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/25

低コストで実現!情報セキュリティ対策

自己紹介
エイムネクスト株式会社 篠田 敏
主な経歴
SIベンダーにて製造、医療、金融等幅広い業種でシステム開発、導入プロジェクトに参画。その後、業務/システム統廃合、情報セキュリティポリシー策定、運用改善コンサルティング等に従事し、現在に至る。コラム部…

【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

1

21.1%の企業が経験!メール経由でのウイルス感染

今回からは、特に情報セキュリティ事故発生頻度の多いトピック毎に事例紹介と、なるべく低コストで有効性の高い対策を紹介していく。まず仕事上、欠かすことのできない電子メール。メールは便利なツールである一方、攻撃者からみても格好の攻撃手段となりうる。経済産業省によると、21.2%の企業がメール経由でのウイルス感染を経験している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

/【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。

「メールセキュリティ」関連の特集


IT担当764人対象に「メール誤送信防止システムの導入状況」を調査。導入状況や必要機能、メール誤送信…



2016年4〜6月期に企業が受信した攻撃メールの多くは、違和感のない日本語だったとIPAが報告してい…



IT担当者581人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。電子メール利用状況やセキュリティ…


「メールセキュリティ」関連のセミナー

Office 365ではじめる働き方改革とメールセキュリティ徹底解説 【主催:インターネットイニシアティブ/共催:日本マイクロソフト】  

開催日 7月24日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革、運用負荷やコストの削減、セキュリティ強化の手段として、メールのクラウド化を検討されてみませんか?本セミナーでは、 多くの企業の働き方改革を支えている…

Office 365ではじめる働き方改革とメールセキュリティ徹底解説 【主催:インターネットイニシアティブ/共催:日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

働き方改革、運用負荷やコストの削減、セキュリティ強化の手段として、メールのクラウド化を検討されてみませんか?本セミナーでは、 多くの企業の働き方改革を支えている…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007919


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ