【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/25

低コストで実現!情報セキュリティ対策

自己紹介
エイムネクスト株式会社 篠田 敏
主な経歴
SIベンダーにて製造、医療、金融等幅広い業種でシステム開発、導入プロジェクトに参画。その後、業務/システム統廃合、情報セキュリティポリシー策定、運用改善コンサルティング等に従事し、現在に至る。コラム部…

【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

1

21.1%の企業が経験!メール経由でのウイルス感染

今回からは、特に情報セキュリティ事故発生頻度の多いトピック毎に事例紹介と、なるべく低コストで有効性の高い対策を紹介していく。まず仕事上、欠かすことのできない電子メール。メールは便利なツールである一方、攻撃者からみても格好の攻撃手段となりうる。経済産業省によると、21.2%の企業がメール経由でのウイルス感染を経験している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

/【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

5つの事例から見る「データ流出」のリスクを最小化する包括的なデータ保護機能 【マカフィー】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
5つの事例から見る「データ流出」のリスクを最小化する包括的なデータ保護機能 上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。

「メールセキュリティ」関連の特集


メールによる誤送信を防ぐ最良な策として注目されているメール誤送信防止ツール。今回は、起こりがちな4つ…



セキュリティを確保しながらファイル送受信が可能な大容量ファイル送信ツール。機能と高セキュリティの理由…



「顧客情報が漏洩したらどうしよう…」不安を抱えていた担当者が導入したのは、月間2万円で利用可能なファ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007919


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ