【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/25

低コストで実現!情報セキュリティ対策

自己紹介
エイムネクスト株式会社 篠田 敏
主な経歴
SIベンダーにて製造、医療、金融等幅広い業種でシステム開発、導入プロジェクトに参画。その後、業務/システム統廃合、情報セキュリティポリシー策定、運用改善コンサルティング等に従事し、現在に至る。コラム部…

【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法

1

21.1%の企業が経験!メール経由でのウイルス感染

今回からは、特に情報セキュリティ事故発生頻度の多いトピック毎に事例紹介と、なるべく低コストで有効性の高い対策を紹介していく。まず仕事上、欠かすことのできない電子メール。メールは便利なツールである一方、攻撃者からみても格好の攻撃手段となりうる。経済産業省によると、21.2%の企業がメール経由でのウイルス感染を経験している。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

/【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」 【NTTテクノクロス】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

「メールセキュリティ」関連の特集


 メール誤送信による情報漏洩は、もはや個人の問題ではなく組織として対処すべき課題になっています。以下…



IT担当者520人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。システム環境や被害状況からその実…



現在、Web メールのアカウントを自分の主要なメールアドレスとして利用している人が多く見られます。使…


「メールセキュリティ」関連のセミナー

Email Security Conference 2017 東京 【ナノオプト・メディア】 注目 

開催日 9月27日(水)〜9月29日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

  「標的型攻撃」「ランサムウェア」「情報漏洩」、「脆弱性対策」など  多様化するサイバー攻撃の最新の脅威動向とその対策について、数々の事例を元に解説します。━…

サイバー攻撃への秘策は“無害化”と“AI”で決まり! 【ヴイ・インターネットオペレーションズ/グローバルセキュリティエキスパート/キヤノンITソリューションズ/ソフォス】 注目 

開催日 10月18日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化・巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアへの対策に注目が集まっていますが、効果的な対策として示される“多層防御”にも複数社の製品を二重三重に導入する…

Email Security Conference 2017 大阪 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 9月26日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

    既知・未知の脅威に対抗するための、最新セキュリティ対策とは?           〜事例とデモから紐解く、今すぐできる対策に迫る〜       ■□ 基…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「/ 【第2回】メール経由のウイルス感染とブロック方法」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007919


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ