【第4回】どのように、RFPを作成するべきなのか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/11

海外拠点のあるべき姿とは

自己紹介
太陽グラントソントン株式会社 今井 武
主な経歴
上場一部SIベンダーにて日本国内を中心に基幹業務システムのマーケティング・販売に従事。その後、太陽グラントソントンにて海外進出企業、外資系企業を中心にグローバル対応の基幹業務システムの企画・立案・実行…

【第4回】どのように、RFPを作成するべきなのか

<視点3>どのようにRFPを作成するべきなのか?

前回のコラムでは、「 RFPの作成〜3つの視点」として

<視点1>
なぜ、RFPを作成するべきなのか?
<視点2>
誰が、RFPを作成するべきなのか?

という視点から、RFPの作成の際における疑問について説明いたしました。
前回のコラムで示した調査結果でも明らかな通り、自社でRFPを作成することが望ましいということはご理解いただけたと思いますが、では、実際どのようにRFPを作成していけば良いでしょうか?

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

RFP システム構築/【第4回】どのように、RFPを作成するべきなのか」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「RFP システム構築」関連情報をランダムに表示しています。

RFP システム構築」関連の特集


前回までのコラムでは、「要件定義前の準備」として考慮が欠かせない要素を、以下のように整理しました。1…



日本企業の海外シフトが進む中、基幹システムとなるERPも海外展開を意識した選択が必要に。そこで注意し…



生産管理などを長年にわたりオフコンベースで行ってきた食品工場が、作業の標準化・効率化を図りつつ、食品…


「その他基幹系システム関連」関連の製品

HULFT運用管理の最適化・自動化ツール「HULFT-HUB」 【セゾン情報システムズ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 固定資産管理ソリューション ProPlus Fixed Assets Suite 【プロシップ】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
複数の拠点で利用されるHULFTのデータ連携網を「見える化」し、その正確な管理と運用の最適化を実現する。1:1のファイル転送だけでなく、n:nの連携を可能にする。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 4100社超の導入実績を誇り、進化し続ける固定資産管理ソリューション。IFRS対応はもちろんキメ細かな固定資産管理を実現。多言語・多通貨にも対応。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


現在では特定エリアでのRFIDの導入事例が増えていますが、今回は技術動向と今後の展望についてご紹介し…



ユビキタス社会を実現する技術として、注目されている「RFID」。“バーコードとの違いは何?!”と思っ…



前回連載分もご覧いただくとより理解が深まります。※第1回「日本本社と、海外拠点の想い」※第2回「情報…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFP システム構築/ 【第4回】どのように、RFPを作成するべきなのか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFP システム構築/ 【第4回】どのように、RFPを作成するべきなのか」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007918


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ