この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内サーバ

2015/05/26


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内サーバのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2014年の国内サーバの市場規模は前年比1.7%増の4697億円であった。x86サーバは、円安による部材コストの上昇に加え、サーバー集約による1台当たりのメモリなどの増加を背景に、平均単価が上昇している。また、スーパーコンピュータの出荷額は前年比で大幅に増加したが、RISC&IA64サーバ(UNIXサーバ)/ビジネスサーバ/メインフレームはいずれもマイナス成長であった。
 ベンダ別の市場占有率(出荷額ベース)を見ると、1位のベンダは、スーパーコンピュータとx86サーバが寄与し23.1%であった。2位はx86サーバとメインフレームが2桁のプラス成長で22.8%。3位は14.4%で順位を1つ上げた。
 同年第4四半期(10〜12月)の市場規模は前年同期比15.7%増の1338億円で、ベンダ別市場占有率(出荷額ベース)は、1位が25.9%で前年同期から順位を1つ上げ、2位はx86サーバが堅調だったものの24.7%で順位を下げた。
 2014年の出荷額はスーパーコンピュータを除き前年比マイナス成長で、出荷台数もODM(Original Design Manufacturer)からユーザ企業が直接サーバーを調達する“ODM Direct”を除くとマイナス成長となる。従来ベンダがリーチしている企業向け市場は引き続き縮小していて、今後、ODMやODM Directを採用するグローバルなクラウドサービスプロバイダと協業を進めるか、対抗し得る勢力になって競合するか、判断を迫られることになると予想されている。

国内サーバシェア

国内サーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

国内サーバ/「国内サーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「国内サーバ」関連情報をランダムに表示しています。

国内サーバ」関連の特集


2016年第1四半期は前年同期比15%減だったサーバ市場。全ての製品分野で出荷金額が減少する中、占有…



IDC Japanによると、2007年上半期の出荷台数は前期比38.6%の成長率を記録しているブレー…



クラウドサービスを行うデータセンタに最適なサーバとはどのようなものか。またその市場の特徴は?アナリス…


「PCサーバ」関連の製品

統合的なサーバ管理を提供する「Dell EMC PowerEdge iDRAC」 【デル】 Hadoopは限界、4億ブラウザの行動データを分析する高信頼システム構築の要点 【レノボ・ジャパン株式会社】 ITシステムを効率よく一元管理「OpenManage Essentials」 【デル】
PCサーバ PCサーバ PCサーバ
最新ツールでIT担当者はサーバ管理業務から開放されるのか? Hadoopは限界、4億ブラウザの行動データを分析する高信頼システム構築の要点 システム管理が無償でここまで! OpenManage Essentialsって何?

「PCサーバ」関連の特集


前年同期比3.1%増の1242億円規模となった、2014年第1四半期の国内サーバ市場。市場占有率26…



2012年度上半期、比較的低調だったPCサーバ市場。今後はスマホ関連の市場などが新たな起爆剤になると…



ラーメン、丼、和食に中華、エスニック…13ものキッチンが並ぶ“夢のオフィス”が!内山信二が匂いを嗅ぎ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「国内サーバ/ 「国内サーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007909


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ