この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

国内携帯電話

2015/04/28


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、国内携帯電話のシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2014年通年の国内携帯電話(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)の出荷台数は、前年比7.7%減の3659万台となった。
 ベンダ別の市場占有率を見ると、1位のベンダは42.6%で首位は3年連続となった。2位は13.8%でスマートフォンと従来型携帯電話を安定供給し続けている。3位はスマートフォンに限定した戦略を続けており10.3%であった。4位は10.2%、5位は7.2%であった。
 2014年第4四半期(10〜12月)の国内携帯電話の出荷台数は前年同期比1.9%減の1241万台で、4四半期連続のマイナス成長となった。主要因として、Android搭載スマートフォンの販売不振により出荷台数の減少傾向が続いていることが挙げられている。
 ベンダ別の市場占有率を見ると、1位のベンダが46.2%で、9四半期連続首位の座を堅持、次いで通年で3位のベンダが13.7%を獲得し、同四半期では2位となった。3位は12.4%で、通年で2位のベンダが入った。4位は8.0%、5位は5.6%であった。
 今後の見通しに関しては、2015年第1四半期(1〜3月)は、Android搭載のスマートフォン販売の苦戦が続いており在庫過剰となっているため、同四半期においても厳しい市況が続くとみられる。

国内携帯電話シェア

国内携帯電話シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

携帯電話/「国内携帯電話」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「携帯電話」関連情報をランダムに表示しています。

携帯電話」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 緊急連絡・安否確認システム 【NEC】 Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】
コールセンター/CTI 安否確認システム グループウェア
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 ◎東日本大震災の被災経験を活かして開発。
◎災害発生時の非常事態を考慮し、シンプルな機能&簡単操作で安否確認を実現。
企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

携帯電話」関連の特集


亜鉛と大気中の酸素を反応させる金属空気電池。空気さえあればいつまでも稼動する、夢のようなパソコンが実…



直訳すると「押して話す」。携帯がトランシーバのように使えてしまうというユニークな技術が登場!既にアメ…



今やIP電話は一般的になり始めました。そこで必要なのがIP電話機。固定型だけでなく、ソフトフォン、無…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「携帯電話/ 「国内携帯電話」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007903


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ