この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

DLP

2015/04/14


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、DLPのシェア情報をご紹介しよう。

 富士キメラ総研の調べによれば、2014年度の国内DLP(Data Loss Prevention)市場は、12億円と見込まれる。当該製品は、機密情報の保護や情報漏洩による企業リスクの低減を目的として利用が進んだ。近年は標的型攻撃の“出口対策”としての利用に注目が集まり、市場を拡大していくものとみられる。
 当該製品の導入効果を発揮するためには詳細なポリシー設定や導入後の運用に多くの時間を割く必要があることから、利用する企業は一部の超大手企業/大手企業に限定され、今後もこの傾向は変わらないとみられる。また、当該製品の主流がクライアント型からゲートウェイ型になりつつあるほか、ストレージ型も企業のビッグデータ活用やクラウドサービスの普及もあり、徐々に伸長率が高まっている。
 ベンダ別の市場占有率(金額ベース/見込)を見ると、クライアント型/ゲートウェイ型/ストレージ型の3製品を販売するベンダが69.2%とトップシェア。2位は12.5%で、クライアント型に加えて2014年度からゲートウェイ型も発売しており、更なる売上拡大が見込まれる。
 現状オンプレミスで利用しているユーザがほとんどであるが、市場の拡大とともに徐々にパブリッククラウド上で稼働するケースが増える可能性がある。スマートデバイスの情報漏洩対策も求められている状況だが、スマートデバイス専用の製品が多く普及しており当該製品の導入は限定的であるとみられる。

DLPシェア

DLPシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

DLP/「DLP」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

DLP」関連の製品

Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】
DLP メールセキュリティ DLP
共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

DLP」関連の特集


 前回は、企業で起こる情報漏洩対策の実態と、対策のための代表的なソリューションについて紹介してきた。…



 前回は、情報漏洩対策の本質として ●機密情報の存在場所の特定・検出 ●機密情報の利用状況の把握 ●…



ソーシャルやモバイルと連携しながら「コンテンツ管理」は進化を続けています。競争力強化に役立つコンテン…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

DLP/ 「DLP」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「DLP/ 「DLP」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007901


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ