ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN

2015/08/24

 多くの企業においてネットワークインフラとして利用されている無線LAN。すでに有線ケーブルのRJ45インターフェースを持たないノートPCやタブレットなど、無線LANを前提にしたデバイスも多く、もはや無線LANはITインフラとして欠かせない存在といっても過言ではない。今回は、そんな無線LANの最新動向について紹介していきながら、新たに登場した802.11ac Wave2の話題についても触れていきたい。

無線LAN

※「無線LAN/ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1無線LAN最新動向

1-1802.11ac Wave2の基本

■無線LAN規格おさらい

 IEEE802.11の規格が1997年に登場して以来様々な規格が登場してきたが、現在主流となってきているのがIEEE802.11acと呼ばれる規格だ。最近は汎用型の新たなチップが実装され始めており、以前に比べて購入しやすい価格帯となっている。これによって、ひとつ前の規格となるIEEE802.11nの時代は終焉し、企業が調達する無線LAN規格としてIEEE802.11acが要求仕様に明記されるケースが一般的だ。ただし、現状は802.11ac Wave1と呼ばれるものが一般的で、802.11ac Wave1では最大スループットが1.3Gbps、次世代規格の802.11ac Wave2では現状は最大1.7Gbpsとなっており、今後はハイエンド製品として最大3.5Gbpsのチップを積んだものがリリース予定となっている。
 なお、無線LANの国際業界団体「Wi-Fi Alliance」のWi-Fi認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED ac」に合格したものが第1世代「Wave1」と呼ばれており、IEEE802委員会によって標準化されたものとは仕様が異なる。それゆえ、これまでのWave1や2015年になって新たに登場している第2世代「Wave 2」を表現する場合は、IEEEという表記は行わない。

図1 スループットの進化
図1 スループットの進化
4SS:デスクトップ
3SS:デスクトップ/ラップトップ
2SS:ラップトップ/タブレット
1SS:タブレット/スマートフォン
*80 MHz チャネルが提供され、それに適している場合
**160 MHz チャネルが提供され、それに適している場合
資料提供:シスコシステムズ

■最新規格「802.11ac Wave2」の特長

 現行モデルの802.11ac Wave1と今年になって市場に投入され始めた802.11ac Wave2の違いは、主にチャネルボンディング可能な帯域幅の拡大とMU-MIMO(Multi User-Multi input Multi Output)への対応だろう。
 チャネルボンディングとは、周波数を複数束ねることで1度に大容量データが送信できる技術で、これまでは80MHzだったものが、802.11ac Wave2からは160MHzおよび80+80MHz幅に拡張されている。

 MU-MIMOは複数のユーザへ同時に送信する技術で、802.11ac Wave2で新たに実装された技術だ。以前のIEEE802.11nや802.11ac Wave1ではSU-MIMO(Single User-MIMO)であり、APと端末は1対1の関係だった。MU-MIMOになることで、端末のストリーム数によって最大4台と同時に通信が可能になっている。ただし、現状ではクライアント側で複数ストリームに対応している製品はそろっておらず、MU-MIMOを最大限活用できる状況にはない。ちなみに、IEEE802.11ac標準規格では、アンテナは最大8台まで拡張できるものの、同時接続は最大4台までとなっている。

図2 802.11ac Wave2対応アクセスポイント
図2 802.11ac Wave2対応アクセスポイント
資料提供:シスコシステムズ、ラッカスワイヤレスジャパン

■Wave2の未来についての議論

 802.11ac Wave2では、最大160MHz幅にボンディングすることが理論上可能だが、その場合使えるチャネルは2つしかなく、通信エリアとなるセルの設計が非常に難しい。干渉を防いでチャネル数を効果的に利用するためには、結果として20〜40MHz幅で運用せざるを得ないのが現状だ。
 そこで現在検討されているのが、割り当てられている5GHzの拡大だ。現状は5GHzのW52、W53、W56が利用可能となっているが、屋外利用が不可とされているW52とW53の制限の緩和や、W54とW58といった上位周波数の割当が検討されている。東京オリンピックを見据えた上で、より利便性の高い使い方ができるよう総務省でも検討が進められていくことだろう。

■Wave2が出揃うのはいつ?

 現状では、既存の802.11ac Wave1製品に比べて3〜5割程度アクセスポイントが高価な状況にあるが、2015年の年末から2016年はじめにかけてミドルレンジの汎用APが登場すると見られている。ただし、Wi-Fi Allianceの認定プログラムがはじまっていないことからも、現状本格導入に至る環境が整備されている状況にはない。認定プログラムは2016年のQ2ごろに予定されており、そのあたりから普及が進んでいくものと考えられる。
 ちなみに、クライアント側はドライバレベルの変更で802.11ac Wave2対応可能なものもあるようで、ソフトウェアアップグレードでMU-MIMOに対応できるようになるケースもある。

図3 802.11ac規格化の流れ
図3 802.11ac規格化の流れ
資料提供:シスコシステムズ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】 D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】
MDM 認証 アクセスポイント
モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。 無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

無線LAN」関連の特集


着実に企業に浸透するブログやSNS、Wikiといった「Web2.0的」な技術やツール。今回はそれらが…



前回のコラムで、無線LANにおいて高速通信を行うための条件として、次の2つを紹介しました。条件1:電…



 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非…


無線LAN」関連のセミナー

販売課金プラットフォーム『KaKing』セミナー 【GMOインターネット】  

開催日 7月20日(木),7月27日(木),8月3日(木),8月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

<セミナースケジュール>■7月20日(木)14:00〜15:30【入門編】「販売管理システムとは?〜ITツールの導入が企業にもたらすメリットを分かりやすく解説!…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ ついに「802.11ac Wave2」が登場!最新無線LAN」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007886


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ