モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎から選び方までをサポート! IT導入完全ガイド

モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!

2015/08/03

 スマートフォンは契約数で6500万台(2015年3月末・国内/MM総研)を大きく超え、タブレットも年間804万台が出荷(2014年・国内/IDC Japan)される今、モバイルアプリはO2Oプロモーションや販促キャンペーン推進の立役者となり、また顧客エンゲージメントの強化や顧客分析、あるいはアプリそのものまたはアプリを前提にした独自サービスのマネタイズなど、さまざまな目的で活用されるようになってきた。しかし「我が社も波に乗れ」とばかりにモバイルアプリ開発に踏み切った会社が直面するのが技術者不足、コスト超過、リリースタイミングのズレ…。品質を保ちながらオンスケジュールにコスト最適な開発を行うのには、従来からの社内システム開発とは違った苦労がある。そんな苦労の多くを削減してくれるのが、サーバーサイド開発をゼロにもできる「mBaaS」(mobile Backend as a Service)だ。今回はmBaaSの役割と利用メリットを中心に紹介していく。

BaaS

※「BaaS/モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BaaS/モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


1「mBaaS(mobile Backend as a Service)」って何だ?

1-1「mBaaS」の位置づけ

■アプリは端末側(フロントエンド)とサーバー側(バックエンド)プログラムで構成

 mBaaSはモバイルアプリのバックエンド領域だけに特化したクラウドサービスだ。バックエンド領域とは何かと言えば、サーバー側で稼働するプログラムとインフラのこと。ご存知のこととは思うが、モバイルアプリは端末側プログラム(フロントエンド領域)だけで完結するケースはごくわずか、ほとんどはネットワークを介してサーバー側プログラムと情報をやり取りすることでアプリ機能が成り立っている。機能面・性能面、端末への負荷軽減のためにサーバー側の機能を利用するのが好都合なこともあるが、マーケティングやO2O実現など、企業がターゲット顧客に何らかのアプローチをとるためには、サーバー側に企業が参照できる形で情報を取る必要がある。端末アプリを配布/販売しただけで終わりにせず、ユーザーとの関係性を強化するために利用してこそ、モバイルアプリ提供の価値があるはずだ。

■mBaaSはアプリのサーバーサイド開発を肩代わりするクラウドサービス

 開発企業にとって問題なのは、端末側開発に要求される技術と、サーバー側開発技術とのギャップだ。端末側でデバイスネイティブなアプリを開発するにはJava(Android用)やObjective-C(iOS用)、C#(Windows Phone用)などの言語とそれぞれのSDKが要る。これだけでも技術の修得は大変だが、加えてサーバー側開発用にサーバーサイドJava、PHP、Perl、Ruby、Pythonなどの言語と開発環境への習熟も必要だ。もちろんWebサーバーやDBMSなどのミドルウェアやインフラ系の技術も要り、物理的にサーバーを用意して運用管理もしなければならない。定常的に人材不足気味なIT部門内では荷が重い。
 負荷を軽減するにはコアの部分以外を外出しするのが通例。モバイルアプリのコア部分はフロントエンドにこそある、と考えるのがmBaaSだ。アプリマーケットに100万本超のアプリがひしめく中で独自の魅力を発揮するには、アイディア・企画の良さとともにユーザーエクスペリエンス(UX)の洗練が不可欠。その多くを担うのは、端末側=フロントエンドの設計・開発である。便利さ、楽しさ、驚きといった、「使って面白い」体験ができることが、大きな差別化要因になるからだ。それを重視する企業に向けて、限られた人的資源をできるだけコア部分に集中できるよう、サーバー側の開発の一部または全部を肩代わりしようというのがmBaaSの根本だ。

■PaaSとSaaSの両側面をもつのがmBaaS

 クラウドサービスといえばIaaS/PaaS/SaaSだが、mBaaSはモバイルアプリのバックエンドに機能を絞ったSaaSの一面と、インフラとミドルウェアを備えたプラットフォーム(PaaS)としての一面をもつ。図1のように、PaaSとSaaSの間に位置する、特殊なクラウドサービスと位置づけられよう。

図1 クラウドサービスの中でのmBaaSの位置づけ
図1 クラウドサービスの中でのmBaaSの位置づけ
資料提供:アピアリーズ

 基本的には端末側のフロントエンドシステムからサーバー側の機能をAPIで利用するイメージで使える。mBaaSはたいていRESTful APIで他のWebシステムと連携可能なので、もしmBaaSが持つ汎用的な機能で不足する機能、あるいはストアできないデータが必要な場合は、既存の業務システムや管理システムとの連携を作り込むこともできる。もちろん連携先のシステムはIaaSやPaaS上にあってもよい。さらにmBaaSベンダーによってはmBaaSそのものをライセンス提供する場合もあるため、自社のIaaS上にmBaaSを載せたプライベートクラウドを構成することも不可能ではない。

■mBaaSを利用するメリットは?

mBaaSを利用すればサーバー側開発を軽減、あるいはゼロにすることができる。そのことによる主なメリットは次のとおりだ。

限られた開発メンバーをコアとなる端末側開発に集中させられる。

サーバー側開発に必要とされる技術・ノウハウ、開発環境が場合によっては不要になる。

サーバー側開発やテストの工期を劇的に短縮できる。

サーバー側のインフラを自社所有する必要がない。物理的な運用管理も必要ない。

多種の端末側アプリごとにサーバー側プログラムを個別に開発する必要がなくなる。

無料の利用枠が設けられていることが多く、テスト目的や小規模利用を前提にした開発が低コスト。

定額制と従量制、あるいはその組み合わせを選んでITコストをオフバランス化できる。

アプリ利用が急増してもサーバー側がスケール可能になり、安定稼働できる。

 図2にmBaaS利用の場合の初期費用・ランニング費用の低減効果と工期の短縮効果の例を掲げる。特に注目したいのが工期短縮効果だ。ビジネス上の要求に迅速に答えてこそ、モバイルアプリの価値は高まる。工期は短ければ短いほどよいのは当然、しかも少なくとも基本的なサーバー側の処理の安定性やセキュリティはmBaaSベンダーがあらかじめ担保してくれていると考えてよい。

図2 mBaaSを利用した工期短縮、コスト削減の一例
図2 mBaaSを利用した工期短縮、コスト削減の一例
資料提供:アピアリーズ

 工期短縮・コスト削減はIT開発の長年の課題だが、コンシューマ向けモバイルアプリ開発では投資回収がどの時点で可能かを計るのが非常に困難、つまり出してみなければどれだけリターンがあるかわからない場合がたいへん多い。そこで投資を抑えられるだけ抑えることがより重要だ。また人気を呼ぶ新しいアイディアは、他社が同様のことを考えつく前に世に出すのが成功の秘訣。ホットなアイディアを熱いうちに具現化し、市場に投入することも大事だろう。さらにアプリを定期的にリリースするなど量産することが効果的なこともある。アプリ個別にサーバー側開発を行うより、mBaaSを利用したほうがずっと効率的で低コストになる。逆に規模縮小や撤退、企画の練り直しが必要になることもないとは言えない。その場合にもmBaaS利用なら無駄が少なくて済みそうだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

BaaS/モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

BaaS」関連の製品

脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』 【NCデザイン&コンサルティング】 Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。

BaaS」関連の特集


クラウドの一領域に加わった「BaaS」について紹介。SaaSともIaaSとも違うこのサービスはどんな…



様々な機器とスマートデバイスをWeb技術で繋ぐ「デバイスWebAPI」とは?オープンソース「GotA…



Windows Azureはもともと、Windowsとの親和性の高さを特長としてスタートした。現在で…


BaaS」関連のセミナー

アジャイルスクラムファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月3日(月),12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナルを対象にアジャイルスクラムの基礎知識を学習し、オランダEXINが配信している国際資格「アジャイルスクラムファンデーション認定資格…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BaaS/ モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BaaS/ モバイルアプリ短期開発の秘訣「mBaaS」に注目!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007883


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ