MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

MA導入で顧客と面談後の受注率が20%から50%以上に!

2015/07/13


 どんなに優れた製品やサービスを保有していても、それを顧客に認知してもらわなければ企業の存続は危うい。大企業に比べて知名度が劣る中堅・中小企業が成長していくためには、マーケティング力の強化が欠かせない。このマーケティング分野で今、“革命”が起こりつつある。CRM(顧客管理システム)に続き、更に進んだ米国発の「マーケティングオートメーション(MA)」がそれだ。
 今回登場の株式会社クレストから参考にしたいのは、単にツールとしてのMAではなく、それを運用する経営トップの考え方だ。

※「顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社クレスト
従業員数/95人
資本金/3000万円
事業内容/サイン事業、ガーデン事業、DTP事業など
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

マーケティングオートメーション「Marketo」
株式会社マルケト
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

電話やメールを使った顧客とのコンタクトの履歴を「Salesforce」に入力していたものの、営業活動が一方通行で、顧客がメールを開いたかどうかも不明だった。

マーケティングオートメーション「Marketo」Standard 版 (月額21万5400円〜)を導入。

2〜3%だった電話からのアポイントの成功率が80%に。顧客と面談した後の受注率が20%から50%以上に上昇など。


1

当時は営業マン5人に対しPC2台…そこからMAの導入に至ったワケ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「顧客管理」関連情報をランダムに表示しています。

顧客管理」関連の製品

営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA 【ジャストシステム】 営業部門の「脱Excel」を主導して「デキる情シス」へステップアップ_JUST.SFA 【ジャストシステム】 Salesforce活用事例:人材派遣のVSNが名刺情報の価値を高めた管理術 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA
営業の働き方改革を加速させるために、IT部門ができることとは?どのようなITツールを活用すれば、営業の働き方改革が前へ進むのか、詳しく解説。 Excel日報の無駄、Excel顧客管理の限界など、営業部門が抱えたExcel作業の課題をあぶり出し、営業部門における、脱Excelの具体的な進め方を解説。 Salesforce活用事例:人材派遣のVSNが名刺情報の価値を高めた管理術

顧客管理」関連の特集


 前回の記事ではアプリを商品の認知拡大や購買の動機付けに活用するには何をゴールにし、どういった指標を…



今回は、XPのサポート終了を機に、社内サーバ上で動かしていた業務システムをクラウドに移管した事例を紹…



企業の営業部門はどのような課題に悩んでいるのだろうか。ITツールの活用状況や予算の有無などリアルな実…


「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

顧客管理/ MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「顧客管理/ MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007867


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ