MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

MA導入で顧客と面談後の受注率が20%から50%以上に!

2015/07/13


 どんなに優れた製品やサービスを保有していても、それを顧客に認知してもらわなければ企業の存続は危うい。大企業に比べて知名度が劣る中堅・中小企業が成長していくためには、マーケティング力の強化が欠かせない。このマーケティング分野で今、“革命”が起こりつつある。CRM(顧客管理システム)に続き、更に進んだ米国発の「マーケティングオートメーション(MA)」がそれだ。
 今回登場の株式会社クレストから参考にしたいのは、単にツールとしてのMAではなく、それを運用する経営トップの考え方だ。

※「顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


導入企業プロフィール

株式会社クレスト
従業員数/95人
資本金/3000万円
事業内容/サイン事業、ガーデン事業、DTP事業など
企業サイトへ

導入製品・ソリューション

マーケティングオートメーション「Marketo」
株式会社マルケト
企業サイトへ


課題 導入システム 効果

電話やメールを使った顧客とのコンタクトの履歴を「Salesforce」に入力していたものの、営業活動が一方通行で、顧客がメールを開いたかどうかも不明だった。

マーケティングオートメーション「Marketo」Standard 版 (月額21万5400円〜)を導入。

2〜3%だった電話からのアポイントの成功率が80%に。顧客と面談した後の受注率が20%から50%以上に上昇など。


1

当時は営業マン5人に対しPC2台…そこからMAの導入に至ったワケ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

顧客管理/MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「顧客管理」関連情報をランダムに表示しています。

顧客管理」関連の製品

ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介 【株式会社ジャストシステム】 SNS統合型サイネージソリューション BILLBOARD 【テックリンク】 クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】
SFA 社内SNS CRM
Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由 SNSと連動したディスプレイ表示が行えるデジタルサイネージソリューション。ソーシャルメディアを通じた口コミ戦略やイベントの企画が容易に行える。 本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。

顧客管理」関連の特集


小学生向けのプログラミング教室を手がけるスタートアップ企業。3年間で生徒数が10倍にも増加したスピー…



営業力やマーケティング力を向上するためのマーケティング支援ツールの導入状況を調査。前編では「CRM」…



受注した新システムにはハードウェア・ミドルウェアに依存しない移植性の高さが求められ、Javaによる開…


顧客管理」関連のセミナー

− 実践 − SAP Business Oneセミナー 【ソフテス/ソフテスBSS/ソフテスGT】  

開催日 3月22日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

SAP Business Oneは、SAP社が提供する中堅・中小企業または大企業の子会社向けERP製品です。リアルタイムに業務を一元管理できるSAPのERP製品…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

顧客管理/ MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「顧客管理/ MA導入で面談後の受注率が20%から50%以上!」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30007867


IT・IT製品TOP > 中堅中小企業 > 情報システム > SFA > SFAのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ