手書き、青ペン、タイピング…記憶の上手な残し方、科学的な見解は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/09/11
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #038

『PCでメモを取ると、手書きよりも頭の記憶に残りやすい』ってホント?

巷の諸説は

 会議や打ち合わせのメモ。資料を見ながらPCで入力するスタイルが普通になりつつある。
 PC入力だと効率も良くなる上、記憶にも残りやすいという説が…。
 それって本当?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

ホント
経験的に間違いありません。ポイントの単語だけをキーインするので、手書きよりもかなり速いからではないでしょうか。
(50代・男性)

入力精度がそこそこあれば、メモよりも速いし、ビジュアルで記憶できます。手書きだと、漢字を思いだすだけでも注意力が散漫になり、覚えにくいかも。
(50代・男性)

PCだと文字や段落をスピーディに修正・移動・コピペできるので、因果関係とか考える手順とかを改善しながら論理的なメモがとれる。
(50代・女性)

PCで入力してメモを取るという行為は、そのまま紙に文字を書くのに比べて、指先の動きが複雑になる。一度、ローマ字に変換した上でキーボードを打ち、かな・カナ・漢字変換をして決定する。結果的に、より複雑な作業なので、記憶に残りやすいはず。
(40代・男性)

入力する時に頭で反芻しながら入力しますしね。
(20代・男性)
ウソ
記憶するには、目で見る、耳で聞く、声に出す、手で書くなど、五感を使った方が良いと聞いたことがあるような…??
(40代・男性)

昔の試験勉強と同じです。書いて手と形で覚えるのが小学校から続いていると思います。PCでメモを取ると便利なのは、後で情報共有のためメールとか議事録をおこす時に便利だからです。
(50代・男性)

PCでメモを取る時には、考えずに手が動いていることのほうが多いから。議事録をとるのには重宝しますがね。
(40代・男性)

キーボードで打った方が速いし効率は良いのですが、すぐ打ったことを忘れてしまいます。手書きで残したほうが断然記憶しています。字の上手い下手は別として……。
(60代・男性)

指先だけではなく手の全体を動かすほうが脳に残ると思います。あと、漢字練習帳とかの代わりにもなりそう。
(30代・男性)

手書きのほうが覚えそう。PC使い始めて記憶が悪くなったような…。ただ年を取っただけか?
(40代・男性)

キーボードに視線が集中してしまい、周りの雰囲気や相手の表情などが分からないので、メモは残っても参画した記憶は残らないと思います。
(50代・男性)
PCでメモしたほうが集中できる
あくまでも道具。記録に残る意味では発言者の挙動での印象という意味で、目が紙に向かない分、有力かもね。
(60代・男性)

キーボードで入力する時に、自分自身の文体や前後文脈に変換するため記憶に残ると考える。
(50代・男性)

タイプのし過ぎで漢字が書けない。なので手書きはしない。手書きで書く時は英語。
(50代・男性)
手書きだと疲れるしね…
手で書くよりも早くメモはできる。でもどこに保存したのかわからなくなるし、紙じゃないから、目立つところに貼っておけない。
(40代・男性)

手書きの方が記憶には残る気がしますが、後々の流用性を考えてもPCになっちゃいますね。
(30代・女性)

字が残念なくらい汚くて見返した時に解読ができなかったり……。
(40代・男性)

PCだと、無意識に文字入力してしまうが、手書きだと意識しないとあとで読めない文字になってしまう。
(50代・男性)
メモはしない。記憶のみ!
自分で覚えられないなら、大した用件ではない……(ハズ)。
(30代・男性)

文字を書いたり打ったりしている時間は集中が途切れる。自分の意見をいいたければメモはいらない。
(40代・男性)

会議中のメモですら、集中が途切れる。集中して会議に臨めばメモは不要。PC持ち込みなどもってのほか、メールを見たりと会議の席にいるだけで、参加しているかどうか怪しい。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】
勤怠管理システム ワークフロー サーバー管理
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。

新着特集


データ利活用の実態を定点観測してみたら……?人材の課題は解消傾向にあるものの、増えるデータに対処でき…



「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業…



あのKDDIが会計システムを“モバイルで活用できない“課題に悩まされていた……? ユーザーの通信環境…


新着セミナー

仮想環境を最適にリソース管理 監視からキャパシティ計画まで 【クライム】  

開催日 1月11日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

データベースの課題に頭を抱えていませんか?DBMotoは、異種データベース間のリアルタイムなデータレプリケーションを可能とします。このレプリケーションを活用する…

元検事・弁護士による情報漏えい対策セミナー 【大塚商会】  

開催日 1月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは元検事・弁護士の西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士の梅林啓先生をお迎えし、企業における典型的な情報流出事例から情報漏えいの現状、企業のリスクと…

最新事例から学ぶ IoT活用!<名古屋> 【主催:日本ユニシス/協賛:日本マイクロソフト】  

開催日 1月17日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

IoT活用によるビジネス革新が叫ばれている昨今。数多くの企業でIoTを活用した様々な取り組みが進んでいる一方で、どのように活用すればよいのか分からないとの声が挙…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 手書き、青ペン、タイピング…記憶の上手な残し方、科学的な見解は?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 手書き、青ペン、タイピング…記憶の上手な残し方、科学的な見解は?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007838



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ