この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/07/31
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #032

『乾電池の残量がゼロになると、落とした時にバウンドする』この噂、本当?

巷の諸説は

乾電池の残量確認に、わざわざテスターやチェッカーなどの測定機を用いて確認する人は多くはないだろう。
しかし、いとも簡単に残量があるかないかを調べる方法が…。ある高さから落としてみるとのことだ。
電池がバウンドすると残量がゼロと言えるらしいが…この噂、本当だろうか?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

本当だと思う!
密度がスカスカになってはねやすくなるとか?
(40代・男性)

残量がゼロということではないが、バウンドはたしかな理由があるようだ。
(50代・男性)

残量が無くなると電池な内部密度が薄くなり、軽量になるのでバウンドする。
(60代・男性)

バウンドが変わるということは、電池と床の間の反発係数が変化するということ。電池は内部で化学変化を起こしているので、電池残量がゼロになると満充電の時に比べて内部状態が変わるので、バウンド量が変わってもおかしくはない。
(40代・男性)
聞いたことはあるが、信じられない。
最近は単1〜4電池としてニッケル水素電池を使っているので、乾電池事情はよくわかりませんが、バウンドする仕組みが謎です。
(40代・男性)

電池の反応が進むと、電池内の物質の物性が変わるのは当然かと思います。が、バウンドするか否かは床などの条件も決めないと…。
(40代・男性)
嘘でしょう〜!
バウンドする理由が思い当たらない。
(50代・男性)

化学反応で電気を発生しているし密閉しているので電池の重量は変化しないと思います。残量ゼロでバウンドするなら満タンでもバウンドすると思います。
(40代・男性)

あまりに古くなると膨らんでくるのは知ってるけど……弾まないでしょ?
(50代・男性)

初耳です。むしろどういう理屈でそうなると言っているのか興味津々です。
(50代・男性)

測った事があるが残量と質量には関係がない(減らない)。また、バウンドも試したが残量があってもバウンドします。なお、新品はバウンドしないのは確かです。
(50代・男性)

バウンドする力が残ってるなら、もっとがんばってその力を携帯に注いでほしいです。
(40代・男性)

嘘だと思う。電池の内部で化学変化が起きても、総重量は変わらないはず。さらに外装が変化する訳ではないので、バウンドに影響するとは思えません。
(50代・男性)
テレビのリモコンに入れてみて確認しているよ。
テレビのリモコンは赤外線を使用しているので、携帯のカメラをリモコンに向けて光るか確認してます。光らなければ残量はゼロってことがわかります。
(20代・男性)

低消費機器で確認して、動かなければゴミ箱直行。
(40代・男性)
残量がなくなると軽くなるのでは?
そうなの?! バウンドするの? でも床の上でやると傷付きそうだし、絨毯の上だと衝撃吸収されそう…。
(30代・女性)

確かマイナス面を下にして普通なら立つような高さから落とす。新品は立って、古いものは倒れる。なお、この方法はアルカリだけ。アルカリ電池は使用すると膨張してマイナス面がゆがむからです。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】
統合ログ管理 アンチウイルス 文書管理
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどのさまざまな変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤

新着特集


人事管理システムのリプレース意向が増加傾向。背景には働き方改革やクラウド移行の思惑が見えてきた。



業務の煩雑さを解消して業務を効率よくまわしたいだけなのに、なぜか多くの企業が失敗を経験するのがERP…



仮想通貨NEM流出事件で注目の「ダークウェブ」。犯罪行為の温床になっているその仕組みの実態から、本来…


新着セミナー

【AI meet-up】 自然言語理解を活用した顧客インサイトの分析 【ベイシス・テクノロジー】 締切間近 

開催日 6月27日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

MITメディアラボで構築されたコモンセンス知識データベース「ConceptNet」。この巨大なセマンティック ネットワークを商用化した『Luminoso』を活用…

「モバイル点検・資産棚卸しでスマートな業務遂行」セミナー 【パナソニック ソリューションテクノロジー】  

開催日 7月19日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、以下のような悩みをお持ちのお客様にNFCやQRコードを活用した課題解決のヒントをご提案いたします。点検シートで使っているExcelを有効活用した…

今からでも間に合う!Windows 10導入・運用セミナー 【新日鉄住金ソリューションズ/日本ビジネスシステムズ】  

開催日 7月10日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Windows 10では半年に1度、大型のアップデートが予定されており、その都度の動作検証、数GBにもなるUpdateファイルの配信、続々と追加される新機能の検…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 落とせば分かる?電池の残量」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 落とせば分かる?電池の残量」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007832



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ