マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/07/24
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #031

『個人情報が漏洩しても損害額を補填してくれるサービスがある』って本当?

巷の諸説は

1件あたりの損害賠償額が1億円を超すとも言われている個人情報漏洩事件。
万が一漏洩させてしまった場合、企業は信用を失うだけでなく、かなり多額の損失を受けることになるが、これを助けてくれる保険があるという噂が…。
これって本当!?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

初耳!
ありそうな気もするが、事業として成立させるのは難しいと思う。
(50代・男性)

初めて聞いたがあっても不思議ではないと思う。ただどこまでカバーしてくれるんでしょうかね?
(20代・男性)

下手すると保険金が天文学的数字になりそうだから、あったとしても約款をよく読めば期待するほどには補償されないものではないかという気がする。
(50代・男性)

保険が一般的になったら漏えいの危機感がなくなってしまうような気がします。
(30代・男性)

保険会社にしてみればリスクの読みがとても難しそう。ビジネスとして確立できればすごいでしょう。
(40代・男性)
本当。入りたいんだけど…。
上限が設定されているけど、あるはず。うちの会社も契約していたはず。それでも傷ついた信用はプライスレス。
(40代・男性)

最近、損保のホームページで発見しました。今盛んにある個人情報漏洩事件を受けてのことでしょう。しかし、保険料の設定は出たばかりなので妥当なのかどうか?
(60代・男性)

ラジオの番組で聞いた覚えがある。掛け金は……。
(40代・男性)

実際に個人情報漏洩保険に加入しています。確かに掛け金が高いのが難点ですが……。
(30代・男性)

人様の不幸にビジネスチャンスがあります。保険には、それが最も端的に表れる。
(50代・男性)
自分たちの力で守れって上が理解してくれない…
いろんな保険・保障があるのは確かでしょうが、まずは予防策・気づき対処・心がけが重要でしょう。
(50代・男性)

あるかも知れないが、会社のセキュリティの現状によっては補填金額が減額されるかも?うちの会社は経費節減が厳しいので入らないと思う。
(40代・男性)
ウソ。そんな上手い話はない!
国内ではそんな保険はないのでは? 日本で個人情報が問題になるほどずさんな管理をしてません。
(50代・男性)

訴訟社会の国ならありそうだが、日本では成り立たない気がします。
(50代・男性)

海外ならありそうな気もするが、日本だとどこまでを補償してくれるのかとか、実際に情報漏洩が起きた時の保険会社の審査がどうなるのかが疑問。
(40代・男性)
海外の話では?
損失額の算出方法で直接損失(賠償等)と間接損失(売上減)の金額が明確にならないから支払額が決まらないのでは。?金額が決まっても、今度は支払額の算出について訴訟が起きそう(笑)。
(50代・男性)

ものすごい金額になりそうだし、金額に出来ない情報もあるし、難しそう。
(60代・男性)

損害額の査定(受動、発動)が難しいのではないか。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

シングルサインオン・統合認証基盤 IceWall SSO 【日本ヒューレット・パッカード】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方 【日本ヒューレット・パッカード】
シングルサインオン ERP 垂直統合型システム
国内導入実績No.1※シングルサインオン製品
Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能
OATH準拠のOTPソリューション、モバイルSSOも提供
会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方

新着特集


無線LANの運用で気になるのがセキュリティ。後編では、導入済みの無線LANのセキュリティ対策と抱える…



Watson AIの本番展開を経て分かったのは、データと分析モデルを管理すること、辞書整備の重要性。…



一般に浸透してきた言葉、HRテック。しかし、「人事管理システムとは何が違うの?」「タレントマネジメン…


新着セミナー

第83回事例研究フォーラム 【ユーザックシステム/アイエルアイ総合研究所】  

開催日 6月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

米Datriumが提供、コンバージドシステム「Datrium DVX」とは 【主催 : マイナビ/共催:デイトリムジャパン/ノックス】  

開催日 6月5日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【米Datriumが日本法人設立】高性能なコンバージドインフラを提供する米Datriumは、2018年2月に日本法人デイトリウムジャパン合同会社(以下、デイトリ…

次世代Web Isolationでセキュアな世界を実現 【マクニカネットワークス】  

開催日 6月25日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

引き続き継続する標的型攻撃/ランサムウェアの被害。その中でも、Webを経由した攻撃は大きな脅威となっております。本背景より、現在経済産業省や総務省のガイドライン…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007831



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ