マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/07/24
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #031

『個人情報が漏洩しても損害額を補填してくれるサービスがある』って本当?

巷の諸説は

1件あたりの損害賠償額が1億円を超すとも言われている個人情報漏洩事件。
万が一漏洩させてしまった場合、企業は信用を失うだけでなく、かなり多額の損失を受けることになるが、これを助けてくれる保険があるという噂が…。
これって本当!?

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

初耳!
ありそうな気もするが、事業として成立させるのは難しいと思う。
(50代・男性)

初めて聞いたがあっても不思議ではないと思う。ただどこまでカバーしてくれるんでしょうかね?
(20代・男性)

下手すると保険金が天文学的数字になりそうだから、あったとしても約款をよく読めば期待するほどには補償されないものではないかという気がする。
(50代・男性)

保険が一般的になったら漏えいの危機感がなくなってしまうような気がします。
(30代・男性)

保険会社にしてみればリスクの読みがとても難しそう。ビジネスとして確立できればすごいでしょう。
(40代・男性)
本当。入りたいんだけど…。
上限が設定されているけど、あるはず。うちの会社も契約していたはず。それでも傷ついた信用はプライスレス。
(40代・男性)

最近、損保のホームページで発見しました。今盛んにある個人情報漏洩事件を受けてのことでしょう。しかし、保険料の設定は出たばかりなので妥当なのかどうか?
(60代・男性)

ラジオの番組で聞いた覚えがある。掛け金は……。
(40代・男性)

実際に個人情報漏洩保険に加入しています。確かに掛け金が高いのが難点ですが……。
(30代・男性)

人様の不幸にビジネスチャンスがあります。保険には、それが最も端的に表れる。
(50代・男性)
自分たちの力で守れって上が理解してくれない…
いろんな保険・保障があるのは確かでしょうが、まずは予防策・気づき対処・心がけが重要でしょう。
(50代・男性)

あるかも知れないが、会社のセキュリティの現状によっては補填金額が減額されるかも?うちの会社は経費節減が厳しいので入らないと思う。
(40代・男性)
ウソ。そんな上手い話はない!
国内ではそんな保険はないのでは? 日本で個人情報が問題になるほどずさんな管理をしてません。
(50代・男性)

訴訟社会の国ならありそうだが、日本では成り立たない気がします。
(50代・男性)

海外ならありそうな気もするが、日本だとどこまでを補償してくれるのかとか、実際に情報漏洩が起きた時の保険会社の審査がどうなるのかが疑問。
(40代・男性)
海外の話では?
損失額の算出方法で直接損失(賠償等)と間接損失(売上減)の金額が明確にならないから支払額が決まらないのでは。?金額が決まっても、今度は支払額の算出について訴訟が起きそう(笑)。
(50代・男性)

ものすごい金額になりそうだし、金額に出来ない情報もあるし、難しそう。
(60代・男性)

損害額の査定(受動、発動)が難しいのではないか。
(60代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】
サーバー管理 BI データベースソフト
ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。

新着特集


データ利活用の実態を定点観測してみたら……?人材の課題は解消傾向にあるものの、増えるデータに対処でき…



「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業…



あのKDDIが会計システムを“モバイルで活用できない“課題に悩まされていた……? ユーザーの通信環境…


新着セミナー

ビッグデータ時代の予測分析ワークショップ 【日立ソリューションズ東日本】 締切間近 

開催日 12月20日(水)   開催地 神奈川県   参加費 無料

機械学習による予兆保守から、作業日誌のテキストマイニングによる熟練技術者の技術伝承まで、データ分析の活用術をご紹介します。実際の分析ツールもご体験いただきます。…

クラウドセキュリティと情報リスクを踏まえたCASB検討の必要性 【マクニカネットワークス】  

開催日 1月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネス基盤としてのクラウドサービス利用が近年急激に増加しております。それに伴いクラウドサービスをいかに安全に使うか、安全でないクラウドサービスをいかに使わせな…

SOCの無人化を見据えたインシデントレスポンスのあるべき姿 【マクニカネットワークス】  

開催日 1月12日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃は年々高度化しており、企業は様々なサイバー攻撃に備え対策をしています。同時にサイバーセキュリティ対策が進めば進むほど運用者への負担が大きな課題となっ…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ マイナンバー漏洩も怖くない?!損害賠償用の保険があるって本当?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007831



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ