殺戮ロボット完成!自動探知とピンポイント攻撃で駆逐する生物は

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/09/24

殺戮ロボット完成! 自動探知とピンポイント攻撃で駆逐する生物は

オーストラリアのグレートバリアリーフに大量に発生するオニヒトデはサンゴを破壊する。海底のオニヒトデを自動的に探知して捕捉し、長い棒状の管で繁殖を抑制する薬品を注入する潜水艇が豪州で開発された。

***

 グレートバリアリーフはオーストラリア大陸の北東岸に2600km(約34万5千平方
km)にわたって広がる世界最大のサンゴ礁帯である。

 大量に発生するオニヒトデはサンゴを捕食する。これまでオニヒトデによってグレートバリアリーフを覆うサンゴの約40%が消滅したとされている。オニヒトデの駆除には自然環境に配慮して繁殖を抑制する方法がとられている。ダイバーが潜り、海底のオニヒトデをひとつずつ目で確認、接近すると長い棒の先からヒトデの体内に薬剤の胆汁酢酸を注入する。

 日本の面積に近いグレートバリアリーフ全体にヒトデの密集帯が拡散しているため、潜ってオニヒトデをひとつひとつ探す方法では時間がかかりすぎる。そこでオーストラリアのクィーンズ工科大学の未来環境研究所の研究者は、自動ナビゲーションシステムがついた小型潜水艇を開発した。
小型潜水艇がナビ画面を使って海底のオニヒトデに自動接近する動画
 小型潜水艇は魚雷のような形をして海底を映すモニター画像からオニヒトデを認識、そこへ自動的に接近するようプログラムされている。自動ナビゲーションは画像認識と機械学習を組み合わせ、さまざまな形状のサンゴの上にあるオニヒトデの形を学習、認識する。モニター画面に多数の黒い円が浮かんでは消え、浮遊しながら潜水艇が移動する。

 システムがオニヒトデを発見するとターゲットが赤くロックされ小型潜水艇が接近していく。そして小型潜水艇に取り付けられた長い棒状の管を伸ばしてオニヒトデに液体(胆汁酢酸)を注入する。液体を注入するのは小型潜水艇を操作する人間である。

 研究者たちはこのナビゲーション機能をもつ小型潜水艇をロボットの一種として、
COTSbot [crown-of-thorns starfish(オニヒトデ)用ロボット]と名付けている。

 コメントにはオニヒトデを駆除するのに機械を利用することへの賛否とヒトデを殺戮するロボットに対する恐怖感が混在している。

 肯定的なコメントの「うわー、ほんとう!? どのようにやるのだろう」(オランダ)に対して、「イヤです」(米国)と否定的なコメントがある。

 技術に関するコメントとしては、「発明に値しない!」(スコットランド)、「他に何の発展があるのかと思わせる」(米国)など低評価である。

 オニヒトデを駆除するロボットに対する恐怖については、「ヒトデ・ターミネータ!」(オーストラリア)、「スカイネット(映画「ターミネータ」で描かれる世界を支配しようとするコンピューターシステム)の第一歩にならない?」(スコットランド)、「殺戮ロボットはすぐに我々をターゲットにするだろう」(不明)などがある。

 殺戮ロボットとしての将来への恐怖がなぜこれほど多いのかが不思議である。現段階では小型潜水艇が完全に自動化してオニヒトデを駆除するところまでには至っていない。

 天然成分の薬剤の液体を人間の手で注入して繁殖を抑制するという自然への影響にも配慮しているところからは”Starfish-killing robot(ヒトデ殺戮ロボット)”とは離れた印象を受ける。
  • 「誤りがないことを望みましょう」(米国)
  • 「うわー、ほんとう!? どのようにやるのだろう」(オランダ)
  • 「実際の”シャーキーとジョージ”(海外アニメのタイトル)」(英国)
  • 「ヒトデ・ターミネータ!」(オーストラリア)
  • 「スカイネット(映画「ターミネータ」で描かれる世界を支配しようとするコンピューターシステム)の第一歩にならない?」(スコットランド)
  • 「イヤです」(米国)
  • 「発明に値しない!」(スコットランド)
  • 「良いニュースだけど…次は…?」(英国)
  • 「他に何の発展があるのかと思わせる」(米国)
  • 「殺戮ロボットはすぐに我々をターゲットにするだろう」(不明)

※上記枠内はすべて編集部訳

(執筆者:西山 昇)
おすすめ記事

バックナンバーをまとめて読むなら右のボタンから! 一覧へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「世界のRe:アクション」の記事は、インターネット上に配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、ニュース内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007825


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ
噂のIT都市伝説

キーマンズネットとは

ページトップへ