レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」

2015/07/01


 最新IT事情がスラスラ読み解けるようになる「5分でわかる最新キーワード解説」。今回のテーマは長年の開発保守の繰り返しで肥大化・複雑化したレガシーソフトウェアを見直したいけれど、もうどこから手をつければよいのかわからなくなっているような企業の道標になる「ソフトウェア地図」。機能コンポーネント判別やプログラム間とデータ間の依存関係などの可視化にとどまらず、業務ロジックの複雑度も見える化できる技術がこのほど登場しました。

ソフトウェア地図

※「ソフトウェア地図/レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ソフトウェア地図/レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

「ソフトウェア地図」って何?

 膨大なアプリケーションのコードを自動解析し、機能コンポーネント別に分類、処理やデータの依存関係などをもとに全体像を俯瞰できるよう「市街地図」風に可視化する技術。富士通が2012年に発表したこの技術は、アプリケーション再構築などに必要な初期分析の対象範囲絞り込みなどを省力化して工数を半減させたが、これに加え同社は業務ロジックの複雑度の可視化技術を開発してこの5月に発表、ソフトウェア地図に反映可能にした。

図1 「ソフトウェア地図」の一例
図1 「ソフトウェア地図」の一例
上:アプリケーション構造の可視化例
下:業務ロジックの複雑度を加味した可視化例
資料提供:富士通
1-1

「ソフトウェア地図」が必要になる背景

 「ちょっとここ、もう少し改善できないかな」と業務システムへの急な改善要求。簡単そうだと思って取り掛かったら、影響が別システムに波及、それを直したら今度はまた別の業務に支障が出る……。長年使い続けたレガシーアプリケーションは、数千から数万のプログラムの集合体になっており、増改築を繰り返してどこがどうつながっているかわからない迷宮のようなものになっていることが多い。全体像が把握できないままの改修や追加は思わぬトラブルの原因になりがちだ。
 またスピードアップするビジネスに追随するには、次々に登場する新技術やデバイスへの対応も欠かせない。今後の保守コストアップや陳腐化の進行を考えると、機能の一部や全部を再構築するほうが得策と考える企業も多い。従来からのレガシーマイグレーションはインフラのオープンシステム移行を中心にしていたが、現在ではアプリケーションの最適化も視野に入れ、モバイルデバイス対応やクラウド、最新フレームワークの利用、ビッグデータ解析への対応といった現代的課題に答えるための手法を加えた「ITモダナイゼーション」(「関連するキーワード」の項参照)手法が注目されるようになってきた。
 ITモダナイゼーション手法の選択、工数見積り、スケジューリング、リソース配分を見誤らないために、アプリケーションの正確な姿を知ることは必須条件。しかし、古いシステムの開発時の担当者がすでに退職しており、開発ドキュメントや改修履歴も完全に保管されていないことがしばしばあり、開発を外注していた会社がなくなっていることさえある。そこで、主にソースコードから構造を解析する必要に迫られるが、肥大化・複雑化したシステムではそのための工数は半年程度ではなかなか収まらない。そこで役に立つのが「ソフトウェア地図」だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/12/31まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2  
●A賞:抽選で1名様
 アイロボット ロボット掃除機 ルンバ875A 
●C賞:抽選で1名様
 ケルヒャー高圧洗浄機 K 2 クラシック プラス 
●D賞:抽選で1名様
 選べる宿泊ギフト(とっておきの宿)30500円コースで選べる魅力的な温泉宿 
●E賞:抽選で5名様
 Amazon 使える商品は1億種以上「Amazonギフト券 5000円分」 

このページの先頭へ
関連キーワード

ソフトウェア地図/レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ソフトウェア地図」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の特集


スマートフォンとBLE対応IoTデバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームが登場!日常生活に…



欧米やアジア諸国との激しい競争の真っただ中にいる日本のロボット産業。新たな規格「ISO13482」が…



インターネットバブル時代に活況を呈したEAI(Enterprise Application Inte…


「その他開発関連」関連のセミナー

IT人材不足の中デジタルトランスフォーメーションを実現するには 【コウェル】 注目 

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT人材不足の中デジタル・トランスフォーメーションを実現するには?〜 インソーシング志向アウトソーシングのオフショアリング活用〜■本セミナーに参加するメリット …

上司から突然「アジャイルで」と言われた担当者のための導入講座 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】 締切間近 

開催日 12月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

急速に新しい技術や市場が展開し、アジャイル開発への期待値が高まる中、トップダウンでアジャイル導入を施策に掲げる組織が増えています。しかし、「とはいってもそもそも…

アジャイル手法を使った要件の引き出しと開発 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 2月20日(火)〜2月21日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 12万9600円(定価)/税込

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ソフトウェア地図/ レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ソフトウェア地図/ レガシー迷宮を攻略する「ソフトウェア地図」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30007807


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ