「私を捨てないで…」リプレイス機器は機嫌を損ねる?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2015/05/01
ウソ?ホント?・・・みんなで投票!噂のIT都市伝説

噂の伝説ファイル #019

『IT製品のリプレイスを検討し始めた途端、既存製品の調子が悪くなる』ってよくあるコト!?

巷の諸説は

 サーバーやPCなどがリプレイス時期になったので新しい機材への入れ替えを検討し始めた。
 するとその途端、まるで機嫌を損ねたかのように、リプレイス対象機器の調子が悪くなってくる…。
 こんな経験、ある!?キーマンズネット会員の意見はどうだろうか。

キーマンズネット会員の回答は

キーマンズネット会員のコメント

あるある!
不思議なことだがよくある。愛着を感じているIT製品が心を読んでいると思いたいが、実は人間の直感がリプレイス時を感じていると思う。
(50代・男性)

心理状況がキーボードやマウスの操作に微妙な影響を及ぼし、それがOSによって検知され……るわけではないでしょうけど、リプレイスを検討する時期は壊れそうな時期でもありますよね。
(40代・男性)

「リプレイスまであと1カ月!」というタイミングで壊れること数回。リプレイスの打合せを、LAN越しに(サーバ本人に)盗聴されてるんじゃないか? と思うほど。
(40代・女性)

理系の頭では「そもそも寿命が近づいているから更新を考えていた」と分かってはいるのだが、感覚的にどうしてもマシンが拗ねたとしか思えないです。
(60代・男性)

ご主人様の心変わりを敏感に感じ取るんですよ。微細な電子部品の塊ですから。
(50代・男性)

老朽取り替えの検討を始めた場合は早めに摩耗故障期に到達したと考えられますが、そうでない場合もよくあります。「装置に聞こえているんじゃないか」なんて話しています。また、特定の担当者が休暇を取った場合に特定の装置に障害が発生することもよくあり、「○○さんが休むと装置が寂しがるのかな」なんて話が良く出ます。
(50代・男性)
理屈では無いと分かっていても、そんな気がする
経年劣化を考慮してのリプレイスなら、そもそも因果関係はあるはず。車やバイクとかもそうだけど、機械も愛情を持って接していれば頑張ってくれる気がする。
(40代・男性)

タイミングが重なると、どうしても結び付けて考えてしまう。
(50代・男性)

IT製品でなくても、電化製品などなど同じような経験あります。思わず手に取って私が悪かったから! ってなだめすかした事も。
(20代・女性)

入れ替えが決まると、普段使用している機器に対して扱いが粗雑になるためだと思う。
(40代・男性)

だってうちのサーバ、近々リプレイスの予定だけど最近調子悪いんです。
(40代・女性)
ないに決まってる!
普段のメンテができていないから。
(40代・男性)

リプレイスの検討を始める=調子がいつ悪くなってもおかしくないほど長く使用している、だけでしょう。
(60代・男性)

ないですよ! うちの子たちには分け隔てなく愛情を注いでいるので…。多少調子が悪くなってもパーツ交換で延命〜。簡単には引退させません。
(40代・男性)
逆に持ちこたえようと頑張ってくれる気がする
リプレイスに向けて提案書類を作って稟議にかけようとするのですが、そんなときに限って、なかなか故障してくれないことがありましたね。故障してくれたら、役員も即決してもらえたのに……。
(50代・男性)

リプレイスの予算がなくて、そのまま使うことがあるけれど、結構故障せずに使えている。
(50代・男性)

逆にリプレイスした機材で初期不良多発したことの方が多かった気がする。
(40代・男性)

むしろ、入れ替えを検討すると既存製品の調子がよくなることが多い。システムでもパソコンでも似たようなことを聞きますから、お払い箱になる恐怖感が彼らを復活させるのか、システムやマシンにも感情があるのかと思ってしまいます。
(50代・男性)
日頃の行いによる
日頃かまってあげてないモノに限って検討段階で調子悪くなり、入替え直前で元気になる。
(30代・男性)

リプレイスする予定なら多少手荒に扱ってもいいか、と考える人によって使われた結果、製品が不調に陥るという流れに見えますが。
(40代・男性)

導入してから数年で故障を頻発するようなハズレに出会うこともあるし、全く故障知らずで逆に製造メーカーから「保守打ち切り」で仕方無くリプレイスする場合もあった。結局、「当たりを引くかハズレを引くか」かも。
(50代・男性)

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿

新着特集


2016年度は725億円の市場規模だと見込まれた同市場。EC利用が広がり当該サービス利用も拡大する中…



社内SNSを導入することで具体的に利用できる機能8つとその効果を1つずつ列挙しました!社内SNS導入…



導入が容易で、万一の場合も対処するまでの猶予時間の確保が期待できるクラウドWAFだが、万能薬ではない…


新着セミナー

巧妙化するサイバー攻撃!情報流出を防ぐための対策とは? 【エムオーテックス/ディーアールエス】  

開催日 1月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大手旅行会社で793万件もの個人情報流出がニュースを賑わしました。その手口は標的型メールと言われており、昨年発生した日本年金機構と同様のものになります。標的型攻…

【東京開催】ISO14001:2015内部監査員養成講座 【ハピネックス】  

開催日 1月18日(水)〜1月19日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 2万1600円(税込)

内部環境監査員は、認証取得後も定期的にマネジメントシステムを監査することで継続的改善に結びつけていくという重要な役割を担っております。 ■ 講師の分かりやすい解…

【東京開催】ISO9001:2015内部監査員養成講座 【ハピネックス】  

開催日 1月26日(木)〜1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 2万1600円(税込)

ISO9001取得の目的である、品質不良率の低減・顧客満足向上等を実現するためには、QMS(品質マネジメントシステム)を企業自らが改善して行くことが必要不可欠で…

このページの先頭へ

噂のIT都市伝説/ 「私を捨てないで…」リプレイス機器は機嫌を損ねる?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「噂のIT都市伝説/ 「私を捨てないで…」リプレイス機器は機嫌を損ねる?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「噂のIT都市伝説」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30007798



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ